真我を資本主義の中でやる

今週、金曜日に「真我の神技経営」というセミナーがYSコンサルタント主催で開催されます。
本当に楽しみです。

 

佐藤康行の特徴は、空理空論ではなく事実実証というところです。

一般的に宗教は、お金と男女という、一番生臭い部分から距離をおくことが多いと研究員は感じています。
そこが欲の元であったり、業の元であったりするからです。

しかし、佐藤康行はそこのど真ん中をテーマにしてやっています。
そして、驚くほどの事が次々と起きています。

かく言う研究員も、実際に驚く出来事を体験しているひとりなのですが、、、、。

 

今日のナスペック「最新講話」の中で、佐藤康行はこのように言っています。

『資本主義の中にスッポリ入りながらやってるの。それが逆に力を見せ時なんですよ。

皆さんも決められた代価を払って、自分のために来たんでしょう?
それでいいんだよと。

世のため、人のためじゃなくていいんだよ。
あなたは自分を救いに来たんだよ

 

お金は一番価値あるものに払うことでしょう?
だから、それぐらい自分のために払いなさいよ。

私ももらった以上は、受け取った以上はプロとして、それだけのことをやりますよ。
そういう真剣勝負なの。
そう思ってやってきた。

 

だから、あえて資本主義の中に入ってやろうと。
この真我という究極のことを、、、、!』

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「神が佐藤康行を選ばれたのか?」

NASPCのバナーからご覧下さい

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「佐藤康行の研究⑤」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話