体験談 「夫婦最大の危機を乗り越える」 ~夫からの手紙②~

ある夫婦の体験談(←クリック)をご紹介しています。
今日はその第2回目です

前回は、夫の愛人問題で離婚を決意した時、長女の自殺未遂により
親子三人で真我開発講座の受講をしたところまでの話でした。

今日はその続きです。
どうぞ。

===========

~夫からの手紙②~

久しぶりにお会いする佐藤先生は、私に暖かく力強くお話をしてくださいました。

「私も長いこと真我のことをやっていますが、あなたの奥さんほど芯が強い女性は見たことがありません。大事にしなさい」
と妻を絶賛してくれました。

そして、愛人と脳腫瘍の息子さんのことを相談すると
「今夜、愛人と二人で私のところに来なさい」とそうおっしゃってくださいました。

 

渋る愛人を何とか説得し、佐藤先生のところに愛人を連れて行きました。
先生は真剣に話を聞いていただけ本当に感謝で一杯になりました。

しかし、結局、愛人は佐藤先生や私の言葉を受け付けてくれませんでした。
それを機に、私と彼女との気持ちはずれていき、終止符を打つこととなりました。

 

それからの我が家と回りは、驚くほど良くなっていきました。
何より驚いたのは、引きこもっていた娘が突然「やりたい仕事が見つかった」と、ひとりで東京へ行ってしまったことでした。

 

そんな時、再び、愛人から連絡がありました。
「息子はもう治療することが無いと病院から言われ、今は自宅で過ごさせることにした。
いろいろと世話になったので、それだけはれんらくしておきたい」とのことでした。

こんなに幸せになった私と妻は、彼女の息子さんに申し分けない気がして、佐藤先生に再び相談することにしました。

========
佐藤康行は夫婦にどういったのか?
どのように佐藤康行からは見えているのか?

この続きは明日になります。
明日の朝、8時にお目にかかりましょう

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「763:絶対動かないもの」

動かないものから動くものを見たときに
変化するものがわかるのだ
動くものから見たら
動いていることがわからない

例えば、電車に乗って、その中にいたら
自分が動いているのがわからない
しかし
動かない大地から見たら
電車が動いているのがわかる

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話