昨日の続きとなります。
ある女性の壮絶な体験談になります。

今日はその最終章をご紹介いたします

===============

受講後1年半を過ぎます。

朝、起きて主人のためにご飯を作れること。
お弁当を作れることが楽しいし、掃除も出きるうようにもなってきました。

人に声をかけることも、義母とも楽しく自然に話ができます。

 

苦手だった方は、私に力をつけてくれる応援者です。
そう思ったら
「17歳の時、私を強姦したあの人たちが、私の一番の応援者ではないか。佐藤先生と同じくらい私を応援してくれた魂なんだ!!」

そう気づいたとき、腰が抜けて立てなくなりました。

私の中に、一本しっかりした「つっかえ棒」が出来たようです。

 

佐藤先生をはじめ、皆様、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

=========

今まで4回に分けて、壮絶な体験をされた女性の体験談をご紹介してきました。

「17歳の時、私を強姦したあの人たちが、私の一番の応援者ではないか。佐藤先生と同じくらい私を応援してくれた魂なんだ!!」
ここまでの深いきづきをされ、そして、彼女の苦しかったトラウマは消えたのでした。

 

もし、彼女が「真我開発講座」を知ることもなく、佐藤康行と縁を持つことがなかったとしたら、、、、、
今頃どうしていたのでしょうか
生きていられたのだろうか?

また生きていたとしても、どんな人生だったのだろうか?

それを考えると、本当の自分に出会うことがいかに人間にとって大切なことなのか。
彼女を通して改めて深く感ぜずにはいられません。

体験談を提供して下さった彼女には心から感謝いたします。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「尊厳死については、どのようにお考えですか?」

尊厳死について、いいのか悪いのか。
佐藤先生は尊厳死をどのように捉えていらっしゃるのでしょうか?

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話