昨夜、ある受講生の方から、奇跡の体験のお電話をいただきました。
お話をお聞きしていると、あまりの変化に驚くと同時に、その感動的な話に涙が出ました。

ご本人も、電話口で号泣されながら「学長のおかげで、学長のおかげで・・・」と、感謝の言葉を何度も繰り返していらしゃいました。

その詳しい内容は、近々にご本人のご了解を得た後、このブログでも皆様にご紹介したいと思っています。

 

久しぶりに聞く彼女の声は、とても落ち着いて、彼女の心境の変化がうかがい知る事ができます。
何より驚いたのは、彼女の捉え方が、ガラリと変わっていたことです。

以前は、自分の回りに次々と起きる出来事を、被害者的に捉えていらしたのですが、今は全く真逆に捉えていらっしゃった事です。
自分を協力してくれている出来事だと、そんな風に捉えら絵ていらしゃいます。

結果、彼女のお子さんや、まわりもとてつもなく変化しています。

 

なぜ彼女がこんなに変化したのか?

彼女がやり続けたこと。
それは朝晩の「神成瞑想」と、日中の「真我の実践」を唱える事です。

 

瞑想の効果は、勿論今までもいろんなところでお聞きしていましたが、ここまで凄いとは!!!

 

思い出してみると、佐藤康行は以前、末期のガンでベッドから一歩も動けない方のベッドの上に乗って、瞑想を伝授されたという話がありました。
死を前の目にした方に、瞑想の伝授をされた・・・・。

そのことを思い出してみると、やはり、瞑想の効果は凄い事なのだろうと思いました。

 

朝晩、佐藤康行の音声を聞く。
朝晩、瞑想をする。
日中は「真我の実践」と唱える。

研究員もさらに実践してみたいと思いました。

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1101:神シーズ」
人間は
自分の命を生かそうとしている
その命の一番のもとのもと
それを「神シーズ」と言う

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい