偶然の出会いで、ある方から佐藤康行の教育教材の販売の音声を提供頂きました。
この音声は、教育教材の講演会のときの佐藤康行の音声です。

たぶん、教育教材関係の方がこの音声を録音し、関係者の方に配られたのではないかと思われます。

研究員にこの音声を提供してくださった方は、現在、真我を熱心に追及されている方なのですが、真我開発講座に出会う前、そのかなり昔にこの音声を手に入れ、何度も何度も聞いていたという事です。

そしてその後、偶然のように真我開発講座に出会い、そして「あの佐藤先生の講座だったのだ」という事で、その出会いと縁に不思議なものを感じていらっしゃったようでした。

 

研究員もかなりの音声を聞いていますが、この音声は初めて聞いた音声です。
この提供いただいた音声を聞いていると

「ステーキハウスが36店舗になった」

「夢は心の学校を作ること」

「100名の経営者をつくること」

そんな風に佐藤康行は言っているので、推測するに、たぶん30歳代前半の頃なのではなかと思われます。
今から、30年以上前の音声だと思われます。

 

今、聞いてみるも、声はかなり若く、話し方のスピードは速いのですが、話の内容はまさに佐藤康行そのものです。

 

やはり!
やはり佐藤康行は、ずっと前から、佐藤康行そのものだった!

佐藤康行として誕生し、佐藤康行となるべくして生きてきた。
人生のどの部分をカットして見てみても、佐藤康行以外のものは無い。

やはりそうだったのだ!

研究員の確信になりました。

 

この貴重な音声。
機会がありましたら、是非、皆様にもご紹介できたらと思っています。
その時を是非楽しみにしていてください。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1111:佐藤康行がやっているのは、たった一つのこと」

私は
一つのことしか言っていない
たった一つのことで
私は本を150冊出している
たった一つのことで
病院、クリニックもやっている

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい