皆様、昨夜のクリスマスイブはどんな風にお過ごしだったでしょうか。

昨日はテレビで天皇陛下の涙ながらのご挨拶が、何度もテレビで流されていましたが、いよいよ新しい時代の足音がすぐ近くに聞こえます。

その足音は、「いよいよ、佐藤康行の年だ」と、そんな風に聞こえて仕方がないのは、研究員だけでしょうか。

そんな中、研究員には昨日深く、魂が強く揺り動かされたことがありました。
それは、皆さんの佐藤康行に対する深い深い敬愛の気持ちです。

 

昨日も何名かの受講生の方とお話やら、メールやらをする機会がありました。

そのやり取りのなかで、皆さんがどれほど佐藤康行に感謝や尊敬や信頼や・・・・
そんな言葉では言い尽くせないほどの、佐藤康行への思いをお持ちなのかが、ひしひしと伝わってまいります。

佐藤康行に会えなったら、どんな人生になっていたのか・・・・。
佐藤康行のあの言葉がなかったら、今頃自分の家族はどうなっていたのか・・・・。
自分はどんな人生を歩んでいただろうか・・・。

「佐藤学長だけがわかってくれた。」
「佐藤学長ならわかってくれる。」
「佐藤学長のセミナーを受講したい」

次々と、皆さんの口をついて出てくる言葉・・・。
皆さんのそんな切なる言葉に、研究員の真我は何度も開きます。

 

佐藤康行という鏡に写されて、光り輝く受講生の皆さんの素晴らしさ!

セミナーの後の余韻の中、昨日はそんな皆さんの魂に接することが出来て、ただただ感謝でした。

 

私たちを抱きしめて、一緒に神へ飛んでくれる佐藤康行。

その佐藤康行との体験は、その喜びは、私たちのとっての最高の人生の最高のプレゼントです。

今年もあとわずかです。
今年も最高の年にしたいものです。





【緊急動画】



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】