今日から、ナスペックの最新音声で、今から約18年ほど前のカナダバンクーバーの講演会の音声をシリーズでお送りします。

この音声からは、なみなみならぬ、佐藤康行の思いが伝わってきます。

先日のニューヨークでもそうでしたが、海外での講演会で話すときの佐藤康行は、まさに一期一会。
ひとつでも多くのことを地元のかたに!
ひとつでも役に立つ言葉を、今日来てくださったかたに!

そんな気持ちがにじみ出ている、佐藤康行渾身の講演会の内容です。

 

音声を聞いているだけでも、その姿が浮かんでくるような、魂を揺るがす講演会の内容です。
今聞いても、今のとてつもない佐藤康行そのもののエネルギーです。

思えば、9月のニューヨークのときもそうでした。
「皆さんになにか残していけるものを・・・!」そう言いながら、瞑想、ワークなど、
佐藤康行が残せるものは何でも残していこうとする。
その天命へのいのちがけの姿に感動しました。

そのときと同じような感動を覚える音声です。

 

この佐藤康行の命がけの講演会を聞き、翌日開催される「真我開発講座」に多くのカが受講されたとお聞きしています。
それもなるほど!と思える内容です。

佐藤康行が海外に出かけるたびに起きた信じられない出来事の数々。
このブログでも数々ご紹介して参りましたが、それもなるほど!と思えるエネルギーの講話です。

音声は途中、悟りについて質問されている箇所での、佐藤康行の答えの部分で、何度も音声がショートし、ジャー!という音で途切れている箇所が出てきます。

この瞬間を、カメラで捉えたら、きっと、発光していた佐藤康行だっただろうと、ひとり想像して感動しています。

 

本当に「なるほど」と感じる、そんな2時間に及ぶ、講演会の内容をお送りしています。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20010500:カナダバンクーバー講演会①」

NASPCのバナーからお聞き下さい





【緊急動画】



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】