父と母は全ての総称

明日、開催予定の「男女の神様の物語」についての佐藤康行からのメッセージはご覧頂きましたでしょうか?
まだの方はコチラをクリックして下さい。(←クリック)
いよいよ明日の開催です!!

 

佐藤康行がなぜ、これほどまでに「男と女」に力を入れているのか?

 

先日の「生命のプログラム」セミナーでも、当日の朝、佐藤康行から出てきた新しい図の説明でこのように語っています。

地球全体から見た時に、皆さんの仕組みは、お父さんとお母さん、男と女。
男と女というのは、横に分けることができるんです。

そして、お父さん、お母さんをこうやって縦に分けることもできるんです。
お父さんに、またお父さんとお母さん。お母さんに、またお父さんとお母さん

だから、その総称です
だから、先祖代々の父母も、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんも、お父さん、お母さんと言っていいわけです。
総称ですから。

 

この地球上にある全ての生命(いのち)は
男と女
雄と雌
おしべとめしべ
この二つから、新しい生命が誕生しています。

この不思議な仕組みを創られたのは神です。

なぜこのような仕組みがつくられたのか?
過去、だれもが解明しきれていません。

科学も物理も心理も宗教も
この元となる元は誰もが解明できないでいます。

なぜなら、これこそ、神の領域だからです。

それを明日、佐藤康行が切り込んでいくという、たまらなく楽しみな講座です。
もし、受講を迷っている方がいらっしゃったら、是非、ご一緒に受講しませんか?

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「自分の器を壊すには?」

器が邪魔をしている。
それは過去のトラウマだったり、過去のいろんな経験だったり。
成功体験もそうです。
成功体験も入れ物になっちゃう。
失敗体験もうつわになるのです

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話