佐藤康行による『真我テレパシー能力集中開発講座』

昨日は「真我テレパシー能力集中開発」講座でした。

冒頭に、一般的に言う「テレパシー」と
佐藤康行が言う「真我テレパシー」との違い。

それを一目でわかる図にして、私たちに見せてくれました。
「そうか、、、!」と、本当に納得できたのです。

 

そして、佐藤康行は「真我」を科学の世界の量子力学から語り
また、最近、佐藤康行が頻繁に言う「黄金の谷の法則」からも語りました。

この目に見えない、人間がいまだかつて経験をしたことのない「真我」というものを、佐藤康行は科学的に証明するために
①理論
②事実実証
この二つのアプローチをしてきたと言いました。

まさに、佐藤康行の30年間は、その証明のための人生でもありました。
そして、証明のためにとうとうクリニックまで作ったのでした。

 

昨日のセミナーは、1DAYという短い時間の中で、佐藤康行に直接真我を引き出してもらい、その後、たくさんのワークをやり、 さらにはペアワークをやり、質疑応答も充分出来ました。

信じられません!
信じられナほどの、とてつもない深さと量と内容でした。
そして、我々は信じられない高さ深さまで行き着くことが出来ました。

それでは、その佐藤康行の昨日の「真我テレパシー集中開発セミナー」の講話の一部をご紹介いたします。

==========
「~真我テレパシー能力集中開発講座」佐藤康行講話より~

ほっとくと、みんなほとんど山の法則に戻っちゃいます。
行ったり来たりしてる。
あっち行ったり、こっち行ったりして。

ほっといたら、まず山になると思って間違いない。
私の話をこれだけ十分に聞いた後でも。

ここで皆さんが、この心で今日1日やるには、この次の私の何らかのせミナーなり、例えば、私とまた1か月後、2か月後にお会いしましょうと約束する。
私は徹底的にこれしかやらないから、皆さんは意識せざるを得なくなります。
向こうに戻れなくなります。

ほっとくと、ほとんどの人は向こうですから。
向こうの山の法則が世の中の人が圧倒的に多いと、すごくやりやすいんです。

それをかなえてあげればいいんだから。かなえてあげたら自由自在。
あっという間に大人気者になります。

これは無限にできるということです。
無限に日本中、世界中の人から感謝されるようになれるということです。

それが真我のテレパシー。
向こうの満月しか見てない、相手が何を考えてようが。

 

もし、相手が悪意を持ってたら、その悪意がテレパシーで来たら、「こちらがやられる前にやってやろう」となっちゃいます。
向こうもますますそうなります。
危ない状態になってきます。

でも、相手の満月だけを捉えていってごらん。
そう見て、そのような思念で思いを送って、そのような言葉を出して、そのような行為をすれば、間違いなくその人は変わってきますから。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180218:真我テレパシー能力集中開発講座①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話