奇跡が日常になる

佐藤康行が意識を向けると、意識を向けたところが凄いスピードで変化します。
意識を向けるだけで、バァーーーツ!!と、変化していきます。

今、テレビで話題になっていること。
最近、急に流行はじめたこと。
みんなが急に興味を持ち出した事。
その他もろもろ、、、、。

そういった事を、よーーく見ていると、すべてが佐藤康行が意識を向けた事が形になって出てきています。

そのスピードが速くなってきている。
そして、そのスケールも大きくなってきている。
だから、はっきり見えるようにもなってきています。

誤解を恐れずに言うなら
「佐藤康行の手のひらの上で、世の中の全ての出来事が起きている」
そうとさえ、感じます。

 

縦の法則で横の法則が変化する。
この事を、因果が見えないので人間は「奇跡」と言ってきましたが、
そういう意味では、佐藤康行の日常は奇跡そのものです。

「皆さんが言う奇跡は、縦の法則から言えば当たり前の事。
むしろ、奇跡じゃないことが奇跡です」
そう、佐藤康行がいったことがありましたが、まさに佐藤康行を見ていると、その言葉の通りなのです。

 

佐藤康行が一貫して言い続けいている事。
それを現実に顕していく方法として「黄金の谷の法則」「満月を大前提にする」ということがあります。

そして、すでに多くの方が、その一見奇跡とも思える体験を日々されています。

奇跡が日常になる。
いよいよそんな時代になってたということを、強く感じる研究員なのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「三日月に見える人を満月にするのはお世辞に思えますが、、、?」

(質問)
満月を前提にするとは、「目の前の方々が三日月に思えても、満月として扱う」ということなのでしょうが、心にも思っていないことを言うのは、お世辞になりかねないのではないかと感じています。

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「863:好転は全部よくなる」

景色が変わるのも好転反応
決していいとか悪いというものではない
好転反応で幸せになったと見えることもあるし
逆に一見不幸に見えるのもある

しかし
「好転」なのだから、最終的には良くなっていくのだ

続きはNASPCのバナーからご覧下さい

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180311:幸運・神運を引き寄せる真我達人(質疑応答)」

(Q)暗闇の中から学長の白い光のようなものが一斉にウワーッと上がっていく姿が見えてびっくりしました。それから慟哭のようなものが止まらなかったんですが、、、、?

3.11の瞑想についての佐藤康行の言葉をNASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話