わかります!その気持ち。

昨日のブログ『人の幸せを自分のものにする』(⇒クリック)を見て、「正直、辛くなりました」というメールを頂きました。

「人の成功を妬んでしまう自分」
「負けたくないと人と比べる自分」
「人の成功が素直に喜べない自分」
そんな自分が、正直辛いとそう書いてありました。

人の成功を一緒に喜びたい
人と比べなくてもいいのだ
その大切さは、よーーーくわかっている。

でも、気がつくと、自分の心の中から勝手に「人の事が喜べない」「なんか悔しい」そんな思いが出てきてしまっている。
そんな自分に気付くと、さらに、自分が嫌になるし、思わず自分を責めたくもなってしまう、、、、。

 

わかります!
その気持ち。

研究員は、その文字の行間からにじみ出る、その方の
その正直さに!
その誠意に!
心洗われました。

その辛いと思う気持ちこそが、どれだけあなたが「自分自身の素晴らしさを表現したいんだ!」と思っていらっしゃるのか!
そして、実際、あなたは本当に素晴らしい方に違いない!

 

その素晴らしいあなたが、あなたの中に潜んでいます。
だからこそ、そのあなたをおびき寄せるために、とっておきのいいことがあります!

研究員もどれだけこれで救われてきたか、、、、!
どれだけこの力に救われてきたか、、、、、!
この佐藤康行の愛のパワーに根こそぎ救われてきたんです。

それは、、、、、
「美点発見」を相手にも自分にもしてみる
「これで良かった!」というワーク。
「満月吉報」ワーク。

やったらやっただけ得です。

 

何度やってもやっぱりその気持ちが出てくる。
だったら、またワーク。

ただただワークをやり続ける。
ひたすら愚直にやり続ける。

何度も何度もやり続けている自分、、、、。

そんなあなたが目に浮かびます。
そんなあなただったら、どうですか?
自分を大好きになったりしませんか?

少なくとも、研究員は尊敬しますし、頭が下がりますし、そんなあなたには、どんなマイナスと思われる出来事も、あなたを巻き込む事は不可能だとそんな風に思います。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「絶対と相対についての質問です」

人間は自分と相手という相対の中で生きてるから、そこら逃れられないとみんな思ってるわけです。
三日月は小さい三日月とか半月の三日月とかと相対になるのです。
でも、満月は絶対変わらないわけ

この宇宙には相対ないわけです。
この大宇宙の中に地球があり日本があり、日本の中にいろんな会社がありそれぞれの生命体がある。
それは全部宇宙なのです。
それが絶対の世界です。

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話