佐藤康行が「切っ先鋭く」

佐藤康行が「真我」というタイトルで、100巻の書籍を出す計画だ。
2000年先に遺る本になっていく。

考えてみれば、佐藤康行が「真我」という真正面からのタイトルで本を出したいのは初めてだ。

30年ただひたすら「真我」というたった一つの事だけを、佐藤康行の生命の時間24時間の全てを使って、ただただ事実実証を見せながら、しかし、 その目に見えないものゆえに、なかなか理解されず、あの手この手での150冊の書籍を出してきた。

誤解されないよう、正確に伝えるために「真我」という題名をあえてつけないでここまで来た。

みんなが喜ぶぬいぐるみを着て、旗をもって「こっちだよ」と、 素晴らしい自分に出会ってもらうために、ひたすら道案内をして、「ほっらぁーー!」と、本当の自分に出会って喜ぶ私たちの喜びを私たち以上に喜んでくれてきた。

 

でも、ここに来て、佐藤康行はもう遠慮しないと言う。
誰もわかってもらえなくてもいい
真正面から「真我」で行くと・・・・!!

 

研究員は嬉しかった!

 

佐藤康行はさらに切っ先鋭く、ただ一点を突いていくと、そう言った。
さらにさらに切っ先鋭く!!

 

本当に毎回、佐藤康行の進化は凄まじい。
「切っ先鋭く」とは、こんなに凄いんだ!!!

ここから、さらなる佐藤康行の真価が発揮される。
どうなっていくのか!?
世の中も自分もどこまでいけるのか!?

本当にここからだ!
研究員はもう一度、腹をくくり直している。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「918:一番強い人」

世界中の人を味方にしたら
一番強い人なのだ
みんな友人、知人にしてしまえばいい
みんなが自然と応援したくなるような自分になる

まさに
魂磨きだとして捉えるのだ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話