今こそ!「真我」。今こそ!「満月」

今、アメフトの件で、日本中大騒ぎだ。
昨夜も、日大の監督とコーチが会見をしたのを見ていて、ゾッとした。

なぜなら、今回の問題行動をした選手について、コーチは
「選手の事を思って、そのような指示をした」
「彼に強くなって欲しいかったのだ」
「彼にリーダーになって欲しかったので、彼を育てるためにやった」
そのような事を繰り返し言っていたけれど、これこそ、まさにかぶせだからだ。

 

パワハラとはある意味、かぶせなのだ。

そのかぶせが選手をあそこまでの行動の駆り立て、そして、彼の人生を大きく変えてしまった。
そして、けがをさせた被害者まで作ってしまった。

テレビで何度も何度も流される映像。
日本中が今この事で大騒ぎだ。

日本中が今、この事で考えさせられている。
しかし、個人的な意見を言う人はいても、本当に納得できる指針を示す人がいない。

 

だからこそ、佐藤康行なのだ
今こそ!真我だのだ
今こそ!満月なのだ。

 

この問題は「真我」でしか解決しない。

今こそ、日本中が「真我」を求めている声だとしか、研究員には聞こえない。
日本中が佐藤康行を求めているとしか見えない。

 

佐藤康行は教育とは「エディケーション」引き出すことだといっている。
佐藤康行は、ただただ、その人の中にある「本当の自分」を引き出すことだけをやっている。

これこそが、今、日本中が求めていることなのだと、研究員はそのようにしか聞こえない。

皆さんはいかがですか?

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「926:崩壊そのものはない」

正しく言うなら
崩壊そのものも
実はないのだ
夢を崩壊したという事はないのだ
認識そのものが
もともと夢なのだ

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話