瞑想のとき、心の中に浮かぶ言葉は真我か?エゴか?

以前、こんな質問がありました。

「瞑想をしているとき、インスピレーションが降りてきます。
これは真我の言葉でしょうか?エゴの言葉でしょうか?」

佐藤康行は即在に答えました。
「来るものに対して、これが真我かな?カルマかな?なんて思う必要はありません。
これが結論だと思っても、さらにそこから、真我でやっていけばいいのです。」

「どこまでいっても、一過程」

 

どこまでいっても、真我の無限の世界は果てしない。
だからこそ、とてつもない魅力であり、喜びでもあります。

佐藤康行においても、無限です。

毎日、毎日、書いても書いても、足元にも及ばず、
ある意味、書けば書くほど、佐藤康行のことをわかっていない自分に気づかされます。

しかし、こんな楽しくてワクワクすることはありません。
どんなことをやっているより、楽しいことでもあります。

 

さて、今日の基礎編は「世界初瞑想講座」です。
佐藤康行が編み出した、世界にどこにもない瞑想が伝授されるのでしょうか?

今日も多くの方が、このとてつもない瞑想を伝授されることにより、感動の体験をされると思うと、ワクワクします。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1126:深い闇であればあるほど、光を求める気持ちは強い」
深い闇であればあるほど
光を求める気持ちが強い
そして
近寄ったら光に変わる

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話