昨日は心の学校グループ全体の忘年会

昨夜は、「心の学校グループ」全体の忘年会でした。
関西支部、名古屋支部の皆さんも勢ぞろいです。

毎日、忙しいスタッフが、全員で集まれるのは一年に一回。
この忘年会のときです。

 

一次会では、恒例の、ひとり一言づつがあります。
一年の自分の思いを、皆さんの前でお話しするのですが、佐藤康行はとても熱心に聞いてくれます。

それぞれが、個性溢れる言葉を語ります。

そして、二次会はカラオケです。
みんな盛り上がって、歌い踊り騒ぎ・・・!
とても楽しく過ごしました。

勿論、佐藤康行もマイクを握り、楽しそうに歌います。
スタッフも、受講生の皆様と同じように、佐藤康行と一緒にいると、本当に嬉しくなってしまいます。

佐藤康行と一緒に食事をし、カラオケが出来る。
これだけで、本当に心からの幸せを感じられる、一年に一回の出来事です。

 

昨年は、いきなり佐藤康行に「ひとり一芸」といわれ、全員がそれぞれ芸を披露し、大爆笑だったのですが、今年は「ひとり一芸」はありませんでした。
しかし、ひとり一言でも、カラオケでも、何度も大爆笑に次ぐ大爆笑でした。
本当に、天国とはこんな風なのかな・・・と思える、幸せなひと時です。

 

さて、研究員においても、毎年、毎年、一年を振り返りますが、まさに真我は無限。
一年一年、自分の進化を感じることができます。

それが何より嬉しいことです。

 

みなさまにとっても、この一年はどんな年だったでしょうか?
きっと、真我を追究されて、さらなる進化を遂げられた一年だったことと思います。

ともに、紙面上ではありますが、喜び合いたいと思っています。
そして、あと、数日の今年を、最高に過ごしていきたいと思っています!