以前、佐藤康行がこんなことを聞いたことがありました。
「皆さんは、自分の能力の何%を出していますか?」
自分の能力を100%出し切っているという人は一人もいませんでした。

「100%出し切って生きて生きたいと思いませんか?」
みんなそう思うと答えました。

佐藤康行はそうした、自分の力を100%出し切りたいという私たちの願いをかなえる為に、いろいろなワークを出し続けてくれています。

 

高次元手帳もそのひとつです。

真我を知らない人でも誰でもが簡単に使える。
そして、思ってもみないとてつもない結果が出る。
それが自分の力だと実感できる

まさに高次元手帳は、あなたの本当の力を引き出してくれるツールでもあります。

 

勿論、高次元手帳だけでは無く、佐藤康行の編み出したワークは全てそうです。

「真我の実践」を唱えること
「真我瞑想」「神成瞑想」
美点発見
クォンタムジャンプシート

数え上げたら数え切れないほどのものを編み出してくれました。

 

今年、佐藤康行はこんなことも言いました。
「スマホで仕事を出来るようにしてください」

スマホは世界中、どこにでも持ち歩けて、時間や距離を越えます。
そして、真我には今のところ、一番ピッタリのツールだといいます。

 

今年はきっと大きな動きがあるのではないかと研究員はそんな予感がしています。

その時のために、スマホと使えるようにして、そして、高次元手帳をつけて、真我の実践を唱える。

きっと何かが新たに起きてくるような気がします。

===========
本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「真我が開いても、元に戻ってしまうような気がしますが・・・?」
(質問)
真我を開いたはずなのに、また普通の生活に戻ると、元に戻ってしまった気がします。
真我を開いた後、大切なことはどんなことなのでしょうか?

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい