数年前に佐藤康行に言われた言葉が、ここ最近、頭の中に何度も蘇ってきます。

たぶん、このブログでも以前にお話しているかとは思いますが、研究員にとっては忘れられない言葉でもあり、また、テーマになっている言葉でもあります。

「佐藤康行のどこに焦点を合わせたらいいのか?」と、尋ねたとき、佐藤康行はこういいました。

「神・佐藤康行に焦点を合わせてください」
といいました。

「肉体佐藤康行に焦点を合わせると、ぶれていきますよ。」

「佐藤康行の心に焦点を合わせると、これもぶれていきます。
例えば、今日は機嫌が悪いとか、機嫌がいいとか、きっとあの人を気に入っているとか、気に入っていないとか。
そういうものに焦点を合わせると、必ずぶれて行きます」

 

「神・佐藤康行だけに焦点を合わせてください。」

そのとき、研究員は「はい!」と答えましたが、それから5年以上たっていますが、いまだにそれが出来ているのか出来ていないのか・・・・。

しかし、事あるごとに、その言葉が蘇ってきて、研究員をブレから救い出してくれてくれています。

 

そのとき、佐藤康行は付け加えてこのようにいました。

「私だけが神という事ではないんですよ。
あなたも神。
全ての人が神そのものなんですよ」

 

真我からぶれないために「真我の実践」を唱え、「真我瞑想・神成瞑想」をしているのだ。
これが、常に神・佐藤康行に橋渡しをし続けていることにもなるのだろう。

 

徹底して真我からぶれない佐藤康行。
その佐藤康行の神に焦点を合わせることで、一瞬一瞬、研究員は真我への舵取りが出来ているのだ。

今日も新たな気持ちで、今日一日を佐藤康行に焦点を合わせて過ごしていこうと思っています。