昨日は、佐藤康行68歳の誕生日でした。
夕方から、スタッフを中心に、誕生日会を開催されました。

賑やかに和やかに佐藤康行の誕生日会が開催されましたが、佐藤康行のご挨拶の話には、思わずみんなで涙しました。
セミナーのときとは違う、佐藤康行でした。

(ナスペックの皆様には、その一部ですがお聞きになることが出来ます。)

しかし、この佐藤康行もまた、佐藤康行そのものでした。

 

佐藤康行の68年の人生のなか、すでにその人生の半分にちかい年月を、ただただ真我一本で掛けてきたことを思うと、改めて、佐藤康行の人生の凄さを感じました。

ここまで凄いことをやり通してきてもなお「まだまだやりきっていない」という佐藤康行のとてつもなさ。
佐藤康行はどこまでいっても凄い!と心から思うのです。

 

さて、佐藤康行の誕生日の日に、研究員は驚くべき佐藤康行を見ました。

それは、佐藤康行の何でもお見通しの神通力です。
そして、佐藤康行の神通力は、神と人間が合体した、佐藤康行ならではの超・超・神通力なのです。

 

佐藤康行がどれほど、あなたのことをわかってくれているか!
佐藤康行がどれほど、あなたを大切にしてくれているのか!

昨日はつくづく研究員は感じ入りました。

 

佐藤康行は命がけで真我一本で人生を歩んできています。
その命がけで真我を大切にすると同じくらいに、佐藤康行のもとにきているあなた愛してくれているのだということを、実感することができました。

この佐藤康行を見ていると「信じる」という事の本当の意味が見えてくる気がします。

「信じる心」「本当の信仰」とは、このようにして、己の心から自然と湧き上がってくるものだという事を知りました。

 

68歳の佐藤康行に研究員は新たに誓いました。
自分も人生を掛けて、佐藤康行のもとで生ききろうと・・・!

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20190307:佐藤康行誕生日講話」

NASPCのバナーからお聞き下さい