明らかに、佐藤康行は佐藤康行であって、佐藤康行ではなった。
長崎講演会いらい、さらにガラッと変わった佐藤康行。

それは想像以上に凄かった!
とてつもないものだった!!

何が凄かったかというと、気が付くと自分がとてつもなく変化しているという、その度合いの大きさです。

 

佐藤康行はこの短時間で、ここまでの大きな意識の変化をもたらせることができるのか!!
いや、きっと時間などは関係ないのだろう・・・。
大きさなども関係ないのだろう・・・・。

ただただ、我々は、佐藤康行に焦点を合わせているだけで、今まで感じたことのない心境まで一気に運んでくれている。
まるで、ロケットに乗って、気がついたら別次元の星にいるようです。

それが昨日のセミナーでは体験できたのです。

 

午前中、佐藤康行に降りてきたという、新しい図が白板に書かれました。
そして、その隣にも次々と説明と同時に書かれる図。
それらは、佐藤康行という人が、何をやっているのか
なぜ、病気が治り、人間関係が良くなり、お金がざーーと入ってくるのか。

佐藤康行のやっていることそのものが、図になって現されています。
その図から受けるエネルギーは、半端ないものでした。

日本の新しい出発であるこの年に、その「令和」という真我を現す年号にふさわしく、いよいよ佐藤康行の時代がやってきたことが、また、そのように天が動いていることが明確に実感できました。
*新しい年号「令和」についての、佐藤康行の説明は、今日のナスペック「最新講話」の音声をお聞きください。

 

また、その後の皆さんの質疑応答もまるで天に動かされているかのようなやり取りでした。

まさに碎啄同時。
まさに全員が天に動かされていました

その光景は、圧倒的であり、驚異であり、感動的でした。

佐藤康行とともに歩むという事の本当の意味が垣間見えたような気がした、昨日のセミナーでした。

おかげさまで研究員のスイッチも、グン!と入った感覚です。

 

さて、今日は「特別基礎編・真我体道」です。
今日はどうなるのか・・!?

またまたさらなる楽しみの一日です!!

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20190406:真我傾聴セミナー①」

NASPCのバナーからお聞き下さい