佐藤康行の6日セミナーに引き続き、大阪での佐藤康行の話です。

昨日はとてつもないことが起きました!!
昨日の佐藤康行のセミナーにいらっしゃった方に、とてつもない奇跡が起きたのです!

本当に信じられない!
こんなことが起きるなんて!!

あらためて、あらためて・・・!
佐藤康行の偉大さに、その凄さに感動です。

 

この出来事が起きたのは、特別基礎編が終わり、皆さんが佐藤康行の前にズラーーーと並んでご挨拶をされているときでした。

いきなり、佐藤康行の前で、初めて佐藤康行に会った若い女の子が「わぁーー!!」と大号泣していました。
佐藤康行はその女の子を抱かえるようにして、じっとしています。

そうなんです。
佐藤康行の前に座って数秒で、真我が開いてしまっているようなのです。

 

事の始まりは、一昨日の「傾聴セミナー」でした。
セミナーに、ある女性が、娘の深刻な悩みで参加されていたのです。

質疑応答の際、手を挙げ、佐藤康行に泣きながら、今のご自身と娘さんの状況を話されました。
佐藤康行はその女性に「娘さんを連れてこれませんか?」といいました。
そのときはお母さんは「難しい」というようなことをおっしゃっていたのです。

ところが、なんと!!!
お母さんが自宅に帰ったら、すでに娘さんは大変化されていたのです。

その勢いで、娘さんを翌日の(昨日の)特別基礎編につれていらしたのでした。
そして、セミナー終了後、お母さんは娘さんと一緒に、佐藤康行の前に並ばれ、佐藤康行に引き合わせられたのでした。

娘さんは、もう、全てを感じていらっしゃるがごとく、佐藤康行に対面するや否や、数秒で、大号泣・・・!!!

この世でこんなことが起きるのか・・!?
にわかには信じられないほどのスピードで起きた出来事でした。

 

ひとつの大切な大切ないのちが、蘇りました。
本来の素晴らしいそのいのちが、一瞬で輝きました。

その光景は、あまりに尊くて、荘厳で、素晴らしくて、その場にいた皆さんは涙が止まりませんでした。

 

佐藤康行がやっていること。
佐藤康行が自身のいのちより大切にしていること。

それが目の前で、神の愛として繰り広げられているその場面を見て、その神の領域の佐藤康行の仕事に、その場で目撃することができた私たちは、魂を震わせ、ただただその感動に泣くしかありませんでした。

 

いよいよ、まさに、佐藤康行の時代がやってきました。
まさにその真っ只中に私たちも一緒にいるんだ!
そう思うと、これからが、さらに楽しみです。

その感動を、これから皆様とご一緒できると思うと、本当に本当に研究員は嬉しい限りなのです。

 

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20190407:特別基礎編(体道)①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話