この圧倒的な違いについては、本来、一番最初に書くべきものかもしれません。

それは「縦の法則」「横の法則」です。
人類史上初の、縦の法則をこの世に意識的に顕せる方法を発明したのは、佐藤康行ただひとりではないかと研究員は思っています。

今日の洗脳を解く法則は、縦の法則、横の法則です。

=========
【佐藤康行は「縦の法則」を顕し 教祖は「心の法則」を顕している】

佐藤康行は縦の法則を顕している

教祖は横の法則を顕している

 

佐藤康行のやっていることは、縦の法則です。

佐藤康行はひたすら、縦の法則だけを30年間やってきています。
そこから一度たりともぶれたことはありません。
そして、そんな事ができたのは、研究員が知る限り、歴史上、佐藤康行のみなのです。

縦の法則は原因結果が無い世界なので、いきなり変化をするので、なぜこうなるのかがわからないことがあります。

しかし、この、なかなか人間にはわかりづらい法則である「縦の法則」
この神の法則である縦の法則を、人間がこの世において使えるようにした、そのとてつもない発見をしたのが佐藤康行なのです。

その発見を、30年以上あらゆる人間に起きる出来事に対して、「これでもか」「これでもか」と、事実実証をし続けている稀有なる人。
それが佐藤康行なのです。

(注)
ちなみに、よく混同されることがあるので、あえてここに明言しておきますが、
縦の人間関係である、父母先祖は、「横の法則」です。
夫婦、友人という横の人間関係も「横の法則」です。

 

教祖は横の法則を顕す

教祖だけではなく、佐藤康行以外は全ての人は「横の法則」です。
横の法則は因果の法則でもあり、心の法則でもあります。

横の法則を、横の考えでどうにかしようとしているのが、教祖といわれている人の教えです。
だから、どうしても矛盾が起きるのです。

まず、どの宗教でも「縦の法則」はわかっていませんし、ましてや使うこともできません。

あの世や生まれ変り、先祖の因縁が子孫にやってくる。
こうしたものは全て「横の法則」です。

==========

縦の法則は全てこれを超えた法則です。
縦の法則の前では、横の法則は消えていくのです。

そういう意味において、佐藤康行がやっていることと、この世のリーダという人がやっていることは、全く違うことだという事だというのは、断言できます。

このことが例え理解できなくても
今まで世の中にあったこととはまったく別のことをやっているのだ。全く違うのだ。
この部分を理解することは大切なことだと、そう研究員は考えます。

人類初なので、今までに私たちの脳にはわからリづらいことです。
しかし、わからないからこそ、ただひたすら、佐藤康行の振る旗のもとについていく。
これが、今の私たちにとっては、一番大切なことだと、そう研究員は思っています。