数年前の佐藤康行の言葉をご紹介いたします。

あなたというものを例にとって、「縦の法則」と「横の法則」について、とてもわかりやすく説明してくれています。

=========

皆さんには「三つの自分」が自分の中に存在してるわけ。

一つは、自分を責める自分がいるじゃないですか。
「私は何でこうなの?」って。

でも、責めて苦しんだりして、うつ病になったりすることもある。
でも、その責めている自分は、何か自分なりの正しいというものを持ってるから責めてるんじゃないですか?

 

二つめは、責められてる自分がいるわけです。
毎日どう考えても、その責めている自分が正しいと、そう思い、そう責められている自分がいる。

これだとね、根本解決にならないんです、この二つの自分だと。

で、そのさらに奥に、それはない世界があるんです。
黄金しかない世界。
それを真我と言ってるんです。

責めている自分と責められている自分
その対話そのものが全部変わっちゃうんです。

それが三つめの自分なんです。

 

三つの自分。

この最後の全てを変える力の自分が、これが縦の法則です。

で、この二つの責めてる自分、責められてる自分ってのは、横の真理です。
これを全部書き換えることができるんです。

============

責める自分も、責められる自分も、佐藤康行という黄金の世界のエネルギーで消えていく。
そして、全てが変わっていく。

その世界を無限に体験できる。

何と有難いことなんだろう・・・!!!!