昨日は、思いがけないことが次々と起きてくる話をしました。

今日はさらにそのスピードが増してきているのと、その内容があまりに凄いので、ただただ驚いている話をしたいと思います。

 

佐藤康行が「黄金の谷にザーーと入って来る。」という話をします。
そして、その様子を図に書いて、何度も講話してくれました。

しかし、もろにその体験をしてみると、その威力、そのスピード、黄金の谷に入ってくる内容。
黄金の谷に、引き寄せられるように勝手にむこうから入ってくるという、このすさまじさに、ただただ驚いて、感動しています!

 

現実に体験してみると、それはそれはとてつもないものです。
まさに、大きな滝のように、ザーーーと一気に入ってきます。

刻々と、次々と、さらに、さらにという感じで、思いがけない吉報が次々と入ってくるのです。
とても自分の脳ではついていきません。
勝手にむこうから舞い込んできます。

詳しい内容をお話したいのですが、プライバシーもあり、このブログではお話できないのが残念です!

 

 

この凄さが起きる要因を、研究員なりに考えてみました。

まず何と言っても、徹底的に佐藤康行に焦点を合わせ続ける
この一言に尽きます。

自分の考えを入れれば入れるほど、スピードが遅れます。

その時に一番邪魔になるのは、自分の成功体験かも知れません。
自分の思い込み、自分の価値観。
そうしたものが、スピードを遅らせ、動きを遅らせてきます。

自分を透明なレンズにして、ただただ佐藤康行のエネルギーをそのまま通していく。
そうすると、さらにスピードが増し、さらに次元が上がっていくのがわかります。

 

もう一つは、真我の実践会に意識を合わせるという事です
研究員は家族会員です。
家族は勿論のこと、会う人、目の前の人、テレビで見る人
全部家族だとそう思えるよう、常に意識をしています。

また、息子は法人会員です。
明らかに、会員になってから、会社の内容がガラッと変わっていっているようです。

 

あとは、ただ動く。
思いつくことはどんどんやってみる。

自分の壁を作らず、自分の考えに振り回されず、どんどんやってみる。
そうすると、本当に思いがけないことが、短期間でザーーと入ってきます。

 

そうしたら、その出来事に驚いても、それに振り回されること無く、さらに踏み込んでいく。

 

まだその途中過程ですが、研究員なりの今、体験していることのまとめです。

この黄金の谷の経験は、体験している今、どなたにでも出来る、誰にでも経験できることのように思えてなりません。
ですので、全員に是非体験してもらいたいものです!