このところ、佐藤康行のすごさを、これでもか!これでもか!と、見せつけられています。
でも、まだまだこんなものじゃないという事も良くわかります。

佐藤康行のすごさ!
それは、佐藤康行を知れば知るほど、とてつもない、佐藤康行の無限さにあります。

そして、いい意味で、常に研究員の期待を裏切って、期待の遥か遥かに超えていきます。

いまだかつて「予想通りだった」という事は、一度としてありません。
常に、予想を遥かに超え、その無限さを、これでもか!これでもか!と見せてくれています。

 

いかに自分が佐藤康行をわかっていないのか。
その価値の、とてつもなさがわかっていないのか。

昨日も、存分にその事を知る事となった一日でした。

 

佐藤康行はいいます。
私の言葉はエネルギーです。
頭で理解する話ではないのです。」

「苦しいときに聞くとき。
嬉しいときに聞くとき。

お金が無いときに聞くとき。
豊かなときに聞くとき。

病気のときに聞くとき
健康なときに聞くとき

全く違って聞こえるはずです」

 

佐藤康行の言葉はエネルギーであり、佐藤康行の存在そのものが真我のエネルギーそのものです。

世界はエネルギーで出来ています。
その最も究極なものが、真我のエネルギーです。

その真我そのものの佐藤康行と共に、存在できるという事がはいかなる事なのか!
そのほんの一端を、今、見せ付けられている研究員です。

これこそが、研究員にとっての大ボーナスです!!

 

いよいよここからです!
ここから、とてつもない世界を、佐藤康行と共にみていけるのです。

人間として、この地球に生まれ、その世界の中で、こんな楽しいことがあるでしょうか!!
これ以上のものは、あるはずもありません!