真我の実践会で、売れるはずの無い、実家の家が売れたという、驚きの話を昨日しました。

 

実家の家を片付けていると、亡くなった母の10代の頃の写真から、父の生まれる前の先祖の写真。
両親の結婚式の写真。

私たちの赤ちゃんの頃の写真から私たちの成長の写真。
いろいろなものが出てきます。

家族が生活していた家は、まさに、家族の思い出そのものです。

今回、そのほとんどの物を捨てる事になります。

 

兄弟全員が集まったので、みんなで先祖のお墓参りも済ませることができました。

 

両親に
そして、先祖に

何よりも、先祖を代表して、佐藤康行に心からの感謝でいっぱいになります。

 

目に見えるもの
目に見えないもの含めて、全てが佐藤康行のおかげさまです。

振り返ってみると、全て、佐藤康行に出会うために、佐藤康行の真我に出会うための人生だったと、つくづく思いました。

全ての出来事が必然だったことを、今一度、確認することができました。

 

新しい人生。
ここから新たなスタートです!