今、地球上では、佐藤康行のエネルギーに引き出されているがごとく、いろいろな出来事が浮き上がってきています。

その中でも、もともとひとつの国が争っているという、そんなニュースが毎日のようにテレビで流れているのが目に入ります。

 

北朝鮮が、もともとひとつの民族である韓国に対して、アメリカとの合同演習に対してミサイル発射をしてること。

そして
もともとひとつであったインドとパキスタンが、「原爆を使わないとも限らない」と、お互いをけん制しあっているという話。

さらには、同じ国のはずである香港が中国へ対して、国を挙げてのデモ。
香港のデモに対して、中国は軍事介入する準備もしているとの事。

 

韓国と北朝鮮は、国の運営の仕方についての考え方の違いだし、インドとパキスタンは、宗教の問題です。
インドはヒンズー教。パキスタンはイスラム教です。
中国と香港も共産圏と民主主義の考え方の違いです。

人類を幸せにするために、人類が叡智を傾けて作り上げたはずの国の考え方や宗教が、もともとひとつのものを分ける壁になって、人類を幸せから遠ざけています。

今、その事が、はっきりと浮き上がってきています。

佐藤康行のエネルギーが、明らかに世界中の人類に、影響を及ぼしていることは、一目瞭然です。

 

佐藤康行は「真我の実践会」実施のとき、お金の壁、距離の壁、そして宗教の壁を取り外しました。

そうしたら、驚くようなことが、会員になった方々から、次々と驚くほどの数の報告が殺到して来ています。

 

これはいったいどういう事なのでしょう!

明らかに、世界を平和にできるのは、佐藤康行の真我しか無いという証明です。

 

いよいよここからが、佐藤康行の独断場になることでしょう。

研究員には、地球が、人類が、今、佐藤康行の手のひらの中にあるように見えています。

 

 

 


佐藤康行真我の実践会

佐藤康行真我の実践会