最近、つくづく思うことがあります。
佐藤康行先生のセミナーは、その時間帯とその場所だけではないということです。

佐藤先生のセミナーは、セミナーが決まった時からすでに始まっていて、次のセミナーへ橋渡しをしたら、さらに、受講側にとって、神算的に飛躍をしたセミナーになります。

そうなんです。
佐藤康行先生のセミナーは、毎日、毎日、受講しているのだということを研究員は言いたのです。

 

真我の実践会が始まり、今や、世界中のどこにいても、佐藤先生のセミナーはWEBでも受講できます。
WEB受講の方にお聞きすると、セミナー会場で受講するのと、なんら変わらないとおっしゃいます。

ほんの少し前までは、考えられない凄いことです。

 

先日も佐藤先生のセミナーに出られなくて、心から悔しい思いをされた方のブログが載っていました。
そのお気持ちは、痛いほどよくわかります。

しかし、そのこともまた、ある意味、セミナー受講ともいえるのではないかと、そんな風に研究員は感じたのです。

どれほど、佐藤先生を求めているのか。
どれほど、真理を求めているのか。
佐藤先生の存在が、どれほど、その方にとって大きなものだったのか。

そして、自分自身を見つめる大きな機会となり、自分と佐藤先生との深い縁を感じる良ききっかけとなられた。

それもある意味、セミナー受講だと言えるのではないかと思うのです。

そうしたことも含めて、佐藤先生のセミナーというものは、全ての人に、深い意味があるように感じられます。

 

毎日、毎日、つくづく思います。

佐藤先生の存在とは、どれほどのものなのか。
そして、佐藤先生のエネルギーとは、どんなものなのだろうか。

 

あらゆる場所に、佐藤先生が常にいる。
見えるところにも、見えないことろにも、佐藤先生がいる。

たとえ気づこうが気づくまいが、佐藤先生は全ての場所に存在する。

 

日々の中で、佐藤先生の発見をできること。
そのことが、人生を豊かにし、人生が意味あるものとなり、人生の喜びであり、楽しみでもあります。
そして、人生の最高の贅沢だと、研究員はつくづく感じています。





【緊急動画】



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】