佐藤康行先生の存在そのものが、全てのエネルギーの源

今日は、兜町に移転してから、佐藤康行先生の「神通力研究会が初めて開催される予定です。
きっと、多くの受講生の皆さんが、楽しみにしていられるのではないかと思います。

研究員も朝からワクワクしています。

なぜか、兜町に移転してから、さらにワクワクが増しています。
きっとこれは、佐藤先生のエネルギーの変化に起因しているに違いありません。

 

昨日は、5年ぶりくらいにある受講生の方とお目にかかり、お茶をしました。
久しぶりにお目にかかっても、研究員の話題は、ほとんどが佐藤先生のことになってしまいます。

佐藤先生のことを話題にしていて、ある事に気が付きました。

 

それは、佐藤先生の話を話題にしているだけで、お互いの次元がぐんぐん上がっていくことです。
そして、不思議なことに、佐藤先生のことを話題にしているだけで、お互いの三日月が自然に消えてしまうことです。
そして、この上もなく幸せな気持ちになることです。

佐藤先生のことは、どこのどの部分をとっても、とてつもないストーリーです。

佐藤先生の幼少時のこと。
佐藤先生の皿洗いの時代。
佐藤先生の営業時代。
佐藤先生のレストラン経営の時代。

そして、佐藤先生が真我一本にされてから今日までの道程。

 

佐藤先生は、全てがとてつもないエネルギーです。
佐藤先生のことを口に出すだけで、エネルギーとパワーがみなぎります。

佐藤先生の存在そのものが、過去を含め、全てのエネルギーの源なのです。

 

不思議なことに、兜町に移転してからは、さらにその体感が大きくなっています。