心ある皆さんが、誰に命令されることなく、自主的にラインのグループを作って、瞑想や教育などなど、毎日やり取りをしていらっしゃいます。
素晴らしい動きだと、毎日、楽しみにしている研究員です。

宗教団体の動きでは絶対に生まれない、自主的な動き。
これは佐藤康行先生に、ピタッと焦点を合わせていらっしゃるからこそだと思います。

そんな中「ぶれない事。混ぜない事。」など
それぞれの個性を大切にしながらも、自分たちで決めたルールを大切に守りながらやっていらっしゃる姿に、学ぶべきことが多い毎日です。

さて、今日は、そんな皆様に、少しでも参考になれば・・・・。
そんな思いで、ある日の佐藤康行先生の言葉をシェアさせていただきます。

===============

10億円のダイヤモンドがあって、自分は今まで2~3万円のものしか見てこなかったら、いきなり10億円のダイヤを見てピンと来ないでしょ。
ましてや、それを説明する人がいなかったら、さらにわからない。
2~3万のダイヤの中に10億円のダイヤモンドが紛れ込んでしまって、10億円と2~3万のダイヤの違いがわからない人も出てくる。
「みんなダイヤモンドだよね。綺麗だよね」って。

だけど、誰かが「とにかく私も見る目が無いけど、これはとてつもないものだよ」
「過去あった宝石とどれとも比べられないんだよ」という事が必要なのです。

そうすると、だんだんだんだん見えてくるようになってくるわけ。
「これがそうか」と。

2~3万円ダイヤを基準にしたら、10億円のものはその中に紛れ込んじゃうわけです。

10億円のダイヤから見たときに、初めて2~3万のダイヤはくずだとわかるわけです。

私はこの20~30年の人生は何をやっていたかというと。
それを口で言わなかったわけです。
だって、口では何とでも言えるし、どんなすごい事でもいえるでしょ。
「あなたたちが見えないだけだけど、私はすごいんだよ」って言えるわけ。

言えたんだけど言わないで、私はただ事実をもって証明してきたのです。

ダイヤモンドを証明して、ちゃんと鑑定士に調べてもらったり、ルーペで見せたり、これを鉄やガラスで切って見せたり
いろんなことをやって「どうだ、違うだろ」って、そういう風にして見せたわけ。

これが本当の価値あるダイヤなんだよっていうことを、見せてきたんです。

================

佐藤康行先生は、10億円どころか、値段を付けることさえできないような、無限の価値の唯一のダイヤです。

人類は今まで、見たことの無いそのダイヤに、価格も付けられず、その本当の価値さえ分からずにいます。

だからこそ、その真実を、言い続け、語り続けていくことの大切なのだ!
もっともっと、声を大にして言い続けていくことが大切なのだ。

その事を、さらに肝に銘じていたいものです。

 

【毎週更新中!佐藤康行公式YouTube】