今こそ、脱皮!

佐藤康行先生の、凄い進化といっていいのか、変化といっていいのか・・・。
とにかくすごい!

おなじ「太陽のカウンセリング」をしても、音声を聴いていても、真我の実践を唱えても、佐藤先生の編み出されたものは、昨日とは全く違っています。
明らかに、佐藤先生のエネルギーの大きな変化を細胞に感じます。

佐藤先生のとてつもない進化が、佐藤先生の編み出したものすべてのエネルギーを進化させているとしか思えません。

 

佐藤先生は、何度も人生69年の間で、今が最高のときだ!
そうおっしゃいます。

そして、モヤ(コロナ)がかかった地球から白い線が出て、地球が上に上がっていく夢の話をされます。
地球がグーーーと上に上がり、この時の常識と、上がった時の常識が変わる。

そして、壁に変えてあった「飛神」の額が落ちて、佐藤先生の汗がびっしょりになった布団には、金粉がビッシリだった。
そうお話しくださいます。

 

この話は、佐藤学長は夢の話と言われますが、研究員には、今現実に起きている現実の話だとしか思えません。
そして今、自分は、その地球の中にいることがハッキリ感じられるような感覚がします。

その地球が上昇している中で、私たちは脱皮してる。
私たち、一人一人が脱皮をさせられている時期なのだと思います。

 

脱皮して、全く別次元の自分になる!

 

この脱皮は、時として痛みを伴うものかもしれませんが、その痛みが脱皮の実感だと思えば、この痛みもまた、嬉しいものになります。
そして、新しい時代を迎えることが出来ると、そんな風に思うと、これもさらに嬉しいことに思えます。

研究員は、ここ最近ま、何人かの方から、同じような種類の痛みについて、立て続けにお聞きします。
これも偶然ではないと、そんな風にも感じています。

 

このかつてない、これからも無い時代に、佐藤先生と肉体をもって生きていられる。
これ以上の奇跡は後にも先にもない!

 

この痛みは、マラソンで言うならば、ゴールのテープを切る前の最後の苦しさの中で、最後のダッシュをしているような感覚なのかもしれません。

佐藤先生ともに、テープを切ることが出来たら!
例え、そのあとの命の保証が無かったとしても、何が何でもテープを切りたい!
走りぬきたい!
そのために生まれてきたのだから・・・・!

だから、佐藤先生!
なにがなんでも、先生について、走りぬきます。

タイトルとURLをコピーしました