「わかってくれない」のではなくて「わからない」のです

私たちは「わかってくれない」と、そう思う事があります。

家族がなかなか「わかってくれない。」
愛を伝えようとしているのに、相手は「わかってくれないんです。」
そのように思う事があります。

なかなかわかってくれないと思うと、感情的にもなることがあります。

その事について、先日、佐藤先生はこのようにお話しくださいました。

================

相手は「わかってくれない」のではなく「わからない」のです。

「わかってくれない」のと「わからない」のでは違うのです。

 

あなたの相手も、あなたの回りも「わからない」のだ。
あなたも、相手が「わからないこと」が、わからないだけなのです。

わからない同士なのです。

わからないだけだから、感情的になる必要はないのです。

 

大切なことは、「真理」か「真理じゃないか。」
それだけなのです。

真理は誰でもわかるのです。
あとは表現の仕方です。

 

上から何かをわからすことでもないし、学ばせることでもない。

真理はすでにあるものです。

そこに「わかってくれない」とか感情が入ると、違う思いになります。

==============

事実、佐藤先生は、イブニングセミナーの時に、このようにされました。

 

当日、祖母に連れられて参加した高校生の方は、最初、やる気が無いように見えました。
ワークでも全く手を挙げられませんでした。

その時、佐藤先生は、こう思われたのだそうです。

 

彼女に私は「私には通用しないわよ。」
そういわれた気がしたのです。

彼女は、私の先生なのだ!
そう思ったのです。

私はスイッチが入りました。
彼女には、この言い方ではわからないのだ。

だったら、もっとわかる言葉で!
もっとわかるように!

終わりごろには、彼女は手も挙げたし、みんなと一緒にワークへも参加してくれました。

おかげで、セミナーも相当深くなりました。

 

佐藤先生は、ここまで謙虚なのです。
この姿から、我々が学ぶべきことは山のようにあると、そう思いました。

タイトルとURLをコピーしました