※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日は、神戸で、佐藤康行による「究極の継承セミナーが開催されました。
1dayのセミナーではありましたが、時間の感覚が無くなったような、不思議な感覚での受講でした。

休憩をはさんで、7時間の集中したセミナーでした。
時間と共に、全体がどんどんと変化し、深くなっていきます。

休憩のとき、知り合いの方が「わかったの!本当にわかった。来て良かった」と言っていましたが、多分、参加者全員が同じ思いだったに違いありません。

何故なら、佐藤康行は徹底的に自分自身が気付くことしかやらないからです。
「答え」は自分自身の中にある。
佐藤康行はその姿勢から、一切、ぶれません。

「私がやっているのは、教えとは真反対の事です」
「あなたの中に『答え』があります。さらに、ワークを書いてみましょう」

最初は、「よく分からないのですが・・・」
「こんな場合は、どう書いたらいいのですか・・・・」
などと、質問していた人も、さらに書き進めていくと、明らかに、深い気づきがあるようです。

ペアワークで、向かいの人に、自分の気づきの相手になってもらって、自分の気持ちを話していると、たったの5分や3分で、深い部分まで行き、愛の思いに涙が出ます。

私は、途中で腰が抜けそうになりました。
脳裏に、たくさんの自分の先祖の多くが浮かんできました。

一度も会った事がない先祖が何人も何人も浮かび、そのずーと「いのち」をつないでくれたた、先祖の愛の思いがどれほどだったかという事に気付き、
その愛が、私の体を突き抜けてきました。

そして、後継者にとっては自分自身も先祖であること。
先祖と自分は一つで、同じである事。
先祖と自分は一つになって、まだ見ぬ、これから誕生する後継者の中で、生き続けていくということ。

その壮大な「神の仕組み」の素晴らしさ。
この仕組みを作った、神の愛。

そこに触れた途端、腰が抜けそうになり、体の奥底から、熱いものが出てきて、全身を駆け巡りました。
その「感謝」という、熱い思いに、体が動かなくなり、腰が抜けたかのような感覚になったのです。

確かに自分の中にある「答え」
そして、その「答え」は無限にある。

それが、はっきり体感できると、どこまで行く事が出来るのか?
自分の究極はどこなのか?

さらにさらに、楽しみが増えていきます。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

 

今日から、「真我」研究会に変更しました。

何故なのか・・・!?
昨日、私は自分の事。
自分のやっている事を「マジックミラー」から、観てみました。

昨年の10月から「佐藤康行研究会」を打ち立てて、毎日佐藤康行について書き続けてきました。
始めたきっかけは、佐藤康行の20年前からの音声をパソコンに取り込む作業を始めた事でした。

毎日毎日、佐藤のテープを何本も聞いていて、好転反応でもどしそうになったり、体調が変わったりしながらも、ずっと聞き続け。100本近くまで聞いた時です。
その内容と佐藤という人の生き様に、改めて衝撃を受け、「佐藤康行」を研究したいという衝動と、これを伝えたいという純粋な気持ちが湧き上がってきたのです。

当初は勝手気ままに書き進めていました。
しかし、すぐに書けなくなってきはじめました。

「佐藤康行」を書くのが恐ろしくなったのです。
何故なら、どこまでいっても私の捉えた「佐藤康行」であり、本当の「佐藤康行」を伝えることは不可能だと思ったのです。

ブレた私が書けば、ブレた「佐藤康行」になるし、ずれた私が書けば「佐藤康行」がずれてくるし・・・・・。
こんな私が書いていいのだろうか・・・・?
そんな気持ちで一杯になったのです。

「佐藤康行」を掲げると、徐々に多くの人が読んで下さるのが分かります。
日々、ブログの読者が増えてきます。
それも、怖くなった一つです。

「どうしよう・・・」
「変な事、書いてしまったら、どう責任取ればいいのだろう・・・」

責任の重さの方が、自分の心の重石になり、一時、全く書けない状態になってきました。
今から思うと、ありもしない妄想に悩まされ、瞬間に自分を守ろうとする気持ちが働いたのだのだと思います。

そんな時、皆さんから頂いた言葉が、本当に心に染みました。
「読んでるよ」
「おもしろいよ」
「楽しみにしているよ」

「えっ?私の書いている事がおもしろいの?」
人の役に立てているらしい事の喜びが、私の心を押してくれました。
そして、また、書きだせるようになりました。

そんな時、佐藤康行からかけられた、二つの言葉が大きく私を変えました。
そして、私のブログ事態も、大きく飛躍していきました

私は、ブログを書いているなかで、二つの大きな転機がありました。
佐藤康行の二つの言葉を耳にした時です。

その、ひとつは
「相手の都合に合わせて、自分を変える。
自分の都合でやっているうちは、自分都合ですよね」

この、言葉は、自分都合で生きている私の胸を打ちました。
ブログも自分都合で書いているのです。

衿を正そうと思いました。
毎日、同じ時間に発信することを決めました。

一番読んで頂けている時間。
その、朝の8時と決めました。

毎朝書くぞ!
朝の8時には、アップするぞ!

決めたら、なんと。
どんなに寝るのが遅かろうと、どんなに疲れていようと、朝5:30に目が覚めるのが不思議です。

ところが、相手の都合に合わせていると思ってやっていることが、実は、自分のためになっている事に気付き、そこに、驚き、感動しました。

急に多くの方から、声をかけて頂けるようになりました。
それか、私にとっての黄金の雨でした。

この、黄金の雨が、いかに自分の励みになるのか、それが、いかに、私の力になるのか、身をもって、知ることができました。

私は、マジックミラーの法則の図を見ながら、この黄金の雨を天に返すには、どうすべきか?

また、さらにブログが、もっともっと皆さんに喜んでいただけるようと、そう、考えています。

もうひとつのきっかけ。
その、言葉も私には大きな一言になりました。

それは、多分、私が長く宗教をやってかきたから、大きく響いた言葉だったのではないかと思っています。



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

どうしても、お伝えしたい事があります。

このブログの名称が、「佐藤康行研究会」から「佐藤康行の真我研究会」に変更した事はお気づきになられているでしょうか?
実は、数日前から、変更しているのです。

何故変更したのか?
今日はその部分をお伝えしたいと思っています。

佐藤康行が、絶対に守っている事。
それは、究極の平等。

「私がやっているのは、宗教でもありませんし、勿論、私は教祖でもありません。
私が言っている事、やっている事は、あなたが素晴らしいという事なのです。」

「そして、あなたを生みだしてくれた、お父さん、お母さん。
そして、先祖が素晴らしいと言っているのです」

「あなたの本質は、素晴らしいあなたで、愛そのものです」
「あなたは、そのあなたの素晴らしさに感動して、泣いているのです」

そう、佐藤康行は言っている訳です。

佐藤康行が一貫している部分であり、一度としてそこからぶれた事はありません。
過去のテープにおいても、一貫しています。

「事実実証」
その事だけをやり続けてきた、この姿勢も、佐藤康行ならではのこだわりと謙虚さだと、私は思っています。

佐藤康行は、誰かにそうするように言われたわけでもありません。
ただただ、ひたすらに。
誰かに理解される事を期待するでもなく。
ただただ、自分のやるべき事を、やり続けている。

この絶対の誠実さと謙虚さ。
だからこそ、「佐藤康行研究会」を「佐藤康行の真我研究会」に変えようと思いました。

佐藤康行は、決して「佐藤康行」という個人が凄いと言われる事を望んではいないと思うのです。
佐藤康行が一貫して言っている事は「皆さんの真我が素晴らしい」と言う、ここに尽きると思うのです。

「もともとあなたは真我そのもの」
「原石であろうが、どうであろうが、あなたはダイヤモンドそのもの」
「本物は、どう言われようが、どう思われようが本物」

佐藤康行の言う「究極の平等」そこに尽きると思います。

ですから、私もこだわりを持って「佐藤康行の真我」研究会と名前を変えたのです



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「1000年前も2000年前にも、この地球にいた先祖が遺した物は何でしょう?」
『あなた!』です。あなたが遺ったのです」

「江戸時代にも、縄文時代にも、皆さんの先祖がいたのです。そして、あなたがいるのです」
その事を、よくよく肝に命じて下さい!

自分」とは何者か?

「男」と「女」がいて、生命が誕生する。
この、神の仕組みの中で「自分」が存在している。

そして、この神の仕組みに沿った生き方をした時、じぶんの「原罪」「因縁」が消える。
まさに「飛神」

「一瞬にして、神に飛ぶ・・・・。
ここには、途中経過もなく、時間空間もない世界」

人間という肉体を持ったまま、五感を持ったままで、神に飛ぶという「奇跡」が展開した世界。
この事を、強烈に感じる事が出来た2日間でした。

全員が、「男神」となり、「女神」となり、宇宙そのものになり、その「自分のままで、そのままでいい」「あなたも、そのままでいい」と体感した、
魂に強烈に残る2日間でした。

「こうなりたい」
「こうなって欲しい」
これは全て『横の世界』です。脳の中の世界なのです。

「あなたも、自分もこのままでOK!」
そうなった瞬間、時間はいりません。これが『縦の世界』です。
横に移動するのではなく、縦に上がる世界です。

「夫はそのままでいい。妻はそのままでいい」
その大前提から行くのです。

この佐藤康行の言葉に、始めは首をかしげていた私達。
「分かりません」と質問した人にも、佐藤が分かり易く説明してくれ、すぐさま、聖霊降臨しながらワークをすると、「本当の自分」が覚醒していきます。

すると、自分の中にあったのです。
その世界が、確かにあるのです。

「みえない」と思いこんでいたものが、「みえてくる」のです。
神(真)眼で観えてくるのです。

「わかった!・・・・。分かりました・・・・学長!」
そんな声が次から次へと上がります。

「何故、こんなに自分たちは、たった2日間で、こんなに変化出来たのですか?」

佐藤は答えました。
「私が変わったからでしょうね。私の進化が皆さんの進化と大きく繋がっています」
まさに、佐藤康行と私たちと、全てはひとつです。

「この、雲をつかむような事をやってきて、私は80冊に及ぶ書籍を出し、そして、クリニックも作りました。」
「今や、大企業からも、どんどんオファーが来ています」

「そして、10数万人にも及ぶ人が、本当の自分に出会い、その自分の素晴らしさに感動して涙しています。」
「ここでは、極めて極めてまともな事をやっているという事を、理解して下さい」

その時です!
突然、外では雷が鳴り出し、大粒の雨が窓をたたきだしました。
それは、何かを私達に知らせてくれているようでした。

「神成瞑想をやりましょう!」
白板に神成瞑想図を書く佐藤康行に導かれ、私達は神成瞑想をしました。

たった7分の『神成瞑想』・・・・。

「『黄金の雨』が、凄い勢いで降っているのが見えました!こんな凄い黄金の雨を見るのは始めてです」

「仙骨がムズムズしていましたが、そのままじーっと神成瞑想を続けていたら、それが上にグーッと上がってきて、体が熱くなったというか、すっきりしたというか、こんな体験は始めてです」
仙骨とは、体の中心にあり、自然治癒では最も大切と言われている部分です。
ここが刺激をされ、肉体自体をも変化を感じられたとのこと・・・。

その他にも次から次へと発表される、奇跡の体験。
たった7分で起きる、まさに現代の奇跡!

これこそ、本物の『飛神アセンション』です

参加した全員の、大きな大きな喜びの中、2日間に渡たる「男女の真理コース」は終了致しました。



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

男と女をマジックミラーで見てみると、そこにはどんな世界が見えるのか?

昨日は、佐藤康行による「男と女の真理コース」(メンタルパワーズ主催)が行われました。
さらに明確に!さらに進化した、佐藤康行の「男と女真理コースです。

「今日明日で、何年かかっても分からなかった事をやっていきます。」
「今日は、今までを無しにして、生まれ変わるつもりでやりましょう」

一日目がスタートしました。
ここのところ、佐藤康行は、本当にゆっくり、じっくり、私達に分かるように説明をしてくれます。
そして、分からない部分の質問にも、丁寧に答えてくれます。

身体全体にどんどん沁み渡るように「あーそうか・・・・。」と分かり始めます。
しかし、ここからが佐藤康行の佐藤康行たるところです。

すでに、説明不能な事をやっていて、説明不能な事をあらゆる図で説明し、それが、私達に分かるだけでも歴史の中でも稀であると思うのですが、佐藤康行はそこに留まりません。
さらに、踏み込みます。

真我を開いたその瞬間を、いかに永続的に継続的に出来るか!
この、人類史上初めての事に挑んでいるのです。

これが意識的に誰でもが出来るようになるとしたら・・・・・!
この人間の世界は、どうなるのでしょう?

それこそが、人類が夢にまで見た、ユートピアの出現が現実になると、私は思うのです。

「男」と「女」。
神(宇宙)が作った仕組み。
この仕組み通り、人類が生きる事が出来れば、人類はこの地球に存続することが出来る

しかし、それを阻む記憶。
それが、「原罪」と言われるものであり「因縁」ともいわれるものです。

そう佐藤康行は言いました。

そして、佐藤康行による真我の引き出しが始まりました。
深ーーーーい部分の「原罪」そして「因縁」が消えていきます。

そして、自分を許した時に、既に「許されていた」事を深く深く体感しました。

開いた真我を逆戻りさせない!
他のものと混ぜたり、自分流にしない。

ただ、ひたすら、自分に集中する。
人と比較しない。

この、大切さを痛感しました。

休憩時間に、皆さんから思わずもれた言葉・・・・・。
「あ 、心の中を大掃除した感じ」
「こんなに、念入りに大掃除したのは、始めて!」
「すっきりしたわーーー」

どれほど、凄かったか伝わりますでしょうか?



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「私は、佐藤康行の使命をまっとうする!この一点なのです」
「人を救おうとしているのではなく、ただ『真理に目覚める』これだけが目的です」
『真理に目覚める』・・・・その結果、人が救われていったのです」

佐藤康行はそう言いました。

「私は、ひたすら、本物をやるのであって、ただひたすら証明し続けてきたのです」
「どんな人がきても、一度として断った事はありません」
「何故なら、私は神の操り人形であって、私には断る権利は無いのです」

「私は科学者のように、証明し続けてきた30数年でした」
「そして、やっぱりな!やっぱりな!…
全て、うまくいくのです。一度としてうまくいかなかった事はないのです。」

「宇宙の真理」の時、かつて、ある宗教団体に所属していた人が、手を上げて、佐藤にこう言いました。

「私が勉強していた、宗教の先生が、こう言われたのです。
『本物の人が出てくる。本物の人が出てきた時、宗教団体は無くなっていく。
残念ながら、それは私ではない。
私が作ったこの宗教も、いずれなくなっていく・・・・』

その時以来、その本物を探して、探して、あらゆるところを訪ねてきました。
でも、どこも、本物だと思えなかったのです。

そして、やっと、佐藤先生にお目にかかる事が出来ました。
これが本物だ!
私には、すぐに解りました」

応用編に四国から駆け付けてきた、八木さんが、皆さんの前でこう発表されました。
「私は親の代からの、カトリックです。ずっと、聖書を勉強してきました。
カトリック教徒にとって、最も大切な『聖霊降臨』

佐藤先生のされている内観光受を始めてて見た時、キリストの聖霊降臨だ・・・。
いや、それ以上の事が起きている。
この奇跡に、私は驚きました。
そして、この奇跡に、もっと驚かない皆さんにも、驚きました」
このように、おっしゃってました。

そして、光の世界のフォローの時、このような」発言をする人が出てきたのです。

「○○という所で、こう聞きました。
本物が出てくるって・・・!
その人は、東京にいる人で、北から来る人だと言ってました。

アッ!佐藤先生だと思いました。」

私には、これらの発言は偶然とは思えません。

宗教団体の中には、「人類を救う」「救世運動」そう言って、信者にし、辞めると地獄に落ちるなどと言って、囲い込みをする団体があります。

そして、自らを「救世主」と名乗る教祖や、「自分は○○の生まれ変わり」と平気で言う団体の主催者もいます。
自らのやっている事を、現実世界に証明することより、自分がどれだけ凄いのかを、ただ、訴えているだけの主催者もいます。

果たして、それで、どれだけの人が救われたのか・・・・?
そして、現実生活の中で、どれだけの人が幸せになっているのか・・・・?

私は、自らの経験も踏まえて、かなり、疑問であると思っています。

この3日間を通して、私にとってはさらに明確になってきました。
「佐藤康行とは何者か!?」
さらに、さらに明確に証明された3日間であったように感じています。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

マジックミラーから見た景色は、何とも素晴らしい世界で、全てがひとつ。
愛と感謝で溢れた、本当に素晴らしいユートピアでした!

佐藤康行が示す旗のもと、ひたすら、佐藤康行についていった私達が見た世界は、まさに、私達が夢にまで望んでいた、愛と感謝と喜びに溢れた世界でした。

佐藤康行は、全員を、この素晴らしい世界に連れていってくれます。
そして、私達が、マジックミラーから何時でも、この素晴らしい世界が見られるよう、その使用方法を教えてくれます。

毎日でも、今、この瞬間にでも、私達は神の素晴らしい世界を見ることが出来ます。

それが佐藤康行なのです!

佐藤康行は前人未到の世界を開拓して来ました。
人類が今だかつて、やっとことが無い世界を開拓して来ました。

だから、歴史上、誰も参考になり得なかったに違いありません。

だらこそ!
佐藤康行でなければ、なし得られないこと。
この、偉業!

かつて、歴史上で、優れた人が出現したときに、意識の高い数名が、その世界を見る事はあったかも知れません。
しかし、全てのひとが、その世界を見たという事は、私が知る限り、歴史上で聞いたことがありません。

その、歴史上聞いたことが無かったことが、今、目の前で行われているのです。

佐藤康行は、意識が高かろうが、低かろうが、関係なく、あらゆる人を、その人が望めば望む全ての人を、その世界に連れていってくれるのです。

そして、それを、何時でも何処でも、私たちの現実生活で、再現できるようにしてくれているのです。

この、奇跡が、どれ程のことなのか!
お伝えしきれない、こともどかしさ……!

私は自分が、「歴史上の奇跡の目撃者」であることを、心から実感しました。

どうか、皆様に少しでも伝わることを祈りながら、今日の私のblogは終ります。



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

原因と結果が同時に変わる……!

かつて、因果から逃れら事は出来ない、因果応報の中で、もがいてきた人類の歴史上、かつて無いことが、昨日は、IGA 関西支部で、繰り広げられておりました。

それが佐藤康行の「マジックミラーの法則」です。

もし、釈迦が生きていて、この図を見、昨日のワークをしている私達を見たら、なんと言うのだろう!?

もし、キリストが生きていて、聖霊降臨が、何時でも何処でも出来ることを見たら、どう思うだろう!?

思わず、そう考えてしまう私です。
それほど、この「マジックミラーの法則」は、因果の世界と、神の世界が明確に解ります。

宇宙の真理に沿って生きたときに、黄金の雨が降る。
それを、天に返して行く事で、循環する。

まさに、昨日のワークは、そのものであり、人類の歴史上無いことが起きていると、私には思えました。

私は、途中から腰が抜け、鳥肌がたち、後半のワークのときは、ペアの方を見つめるだけで、ただ、ただ、ただ、涙がでるだけでした。

そこには、言葉を越えた、「あなたと私はひとつ」と言う、喜びに溢れた世界が展開していました。

佐藤康行はこれが日常で出来ると言います。
自らの意思で出来ると言います。

原因と結果が同時に消える!
一瞬にして、闇が光になる世界。
闇も光、「真我寂光の世界」を体験出来るという、この奇跡。

私は、今、ここに生きていられる幸せを感じずにはいられないのです

今日は宇宙の真理二日目です。
そう、思うだけで、涙が浮かんできます。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

97歳の受講生の話です。

すでに、IGAからのメールで、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
12日 13日の2日間、札幌で開催されたIGA主催の「真我開発講座 宇宙無限体得コース」に、受講生としては最高齢の97歳の方が受講されたお話です。

そのお話しを詳しくお聞きする事が出来、佐藤康行のやっている事の意味の大きさを、改めて実感したと同時に、とても感動致しましたので、今日はそのお話しをご紹介いたします。

北海道在住の97歳の女性は、どなたかから頂いた佐藤康行の書籍を読んだ事で、IGAに無料CDの請求の電話をしていらっしゃいました。
そこで、札幌で講座が開催される事を知り、是非受講したいと思われたのでした。

しかし、彼女は車椅子の生活です。
ご自身の年齢と車椅子の事を考えると、どなたか介助者がいなければ、会場に来る事も、また、受講自体も不安です。

「天のプレゼントがありますよ!」という、スタッフの声に励まされ、介助者を探されていました。
そして、介助を承諾されたのが、78歳の甥の方です。

78歳の甥の介助で、97歳の女性は車いすに乗って、12日の朝、会場に来られました。
お耳が少し遠いため、お席は講師のまん前です。

講座が始まり、自己紹介の時に、97歳の女性は、こう話されました。

「私はもう、お金はいりません・・・。
ここまで長く生きてきたので、もう、命もいりません・・・。

ただただ・・・!、真我に出会いたい!
その一心で、ここに参りました。」

車椅子では、講師の席まで来る事は出来ません。

彼女が書き終わったら、手を挙げられ、藤波講師が彼女の席まで行き、耳元で大きな声で、彼女の真我はグーッと覚醒していきます。
そんな一風変わった講座がスタートしました。

そんな、彼女の一念に引っ張られるように、その日の受講生は必死に自分のテーマに取り組みました。
ある種、不思議なエネルギーであったと、藤波講師は言います。

「神の自覚」のパートの時、「アッ!分かった!」と叫んだ方がいらっしゃいました。

長年、心の勉強をされてきた方です。
両親の時代から、心の勉強をされ、ずっと神の事、心の事を勉強してきた方です。

「何故、真我を開くとこんなに涙が出てくるのか良く分かった」

どれほどの本を読んでも、長い時間勉強を積み重ねても、どうしても分からなかった事。
どうしても知りたかった事。

「こういう事だったんですね!あぁーー良く分かりました!」
そう叫ばれたのです。
魂で体感された一瞬です。

この言葉に会場内は、感動の渦の中、全員、そして講師もスタッフもみんな涙・・・・涙・・・・涙・・・・でした。

藤波講師が皆さんに尋ねました。
「こんな凄い講座を開発した、佐藤康行に、皆さん!会いたいですか?」
全員が手を挙げられました。

そして、佐藤康行が北海道にやってくる予定の講座に、全員が申し込まれました。
まだ、日程も、場所も、金額も何も決まっていません。

なのに、受講生全員が申し込み、そればかりか、受講者以上の申し込みがありました。
なんと!
申し込み用紙には、受講生以外の奥さんの名前が書かれていたり、知り合いの名前が書かれたりしていたのです。

「佐藤康行に一目会いたい・・・!!」
勿論、97歳の彼女も申し込まれています。
彼女の人生最大の夢が叶うのも、もうすぐでしょう。



ナスペックバナー

ナスペック電話