今朝、ある受講生の方から、今回のセミナーに参加できなかったことについて、残念だったというラインを頂きました。
13日のセミナーに来られなった方のために、代表で質問をしてくださっていると、研究員はそのように捉えました。

そこから見ると、なんと!
驚くことに、すでに、佐藤康行先生は、来られなかった皆さんのための言葉をセミナーの中でおっしゃっていたのです。

それは、研究員が佐藤先生に
「佐藤先生が『絶対来る!』と考えられたように、スタッフをはじめ参加者全員が、佐藤先生と同じように考えた方が良かったのか?」という質問について、佐藤先生はこのようにお答えくださいました。

 

私のワークをやっても、それぞれ書いていることが全員違います。
他の人から見たら、どうしてそんな事悩んでるんだと思うことも、いっぱいあると思うんです。

全員違うのです。
その全員違うのを、尊重しているでしょ?

これが私のやり方なんです。

 

私のこの考えに従いなさいというのは無いのです。
全部ご自身の判断なのです。

ご自身の人生
ご自身の生命なんだから。

誰かがこのようにやりなさいと言って、その人は責任を取ってくれません。

あくまでもそれぞれのペースがあっていいのです。
カメの歩みの人、ウサギの歩みの人。
いろんな歩みがあって、それはそれでいいのです。

 

今回の台風で異常なほどの恐怖心を持った方もいるかもしれません。
こんなもの、きっと何とかなるだろうと、思って来る人もいるかもしれません。

それはそれでいいのです。
全然問題は無いのです。

 

でも私はどうするのかというと、
私は一人でもやる!

そういう主義なのです。
それを貫いただけなのです。
決めた以上はやると・・・。

これだけ賛同してくれているのです。
もし、来ないかもしれないと思って私が来なくて、皆さんがばーーと来たら、どんな言い訳できるのか?
そうでしょ?

 

そのままを突き進んだ時に、新たな道が出来てくるのです。
それを貫いたとき、新たな道が出来るのです。
全く思いもよらないことがバンバン来る可能性があるのです。

 

改めて、今回のセミナーの奥深さを実感中です。
参加できる、できないを超えた、その佐藤先生のセミナーのあり方。

どこに打ってもホールインワン
100%正しい判断ができる

まさにそのものでした。