以前、こんな質問がありました。

「瞑想をしているとき、インスピレーションが降りてきます。
これは真我の言葉でしょうか?エゴの言葉でしょうか?」

佐藤康行は即在に答えました。
「来るものに対して、これが真我かな?カルマかな?なんて思う必要はありません。
これが結論だと思っても、さらにそこから、真我でやっていけばいいのです。」

「どこまでいっても、一過程」

 

どこまでいっても、真我の無限の世界は果てしない。
だからこそ、とてつもない魅力であり、喜びでもあります。

佐藤康行においても、無限です。

毎日、毎日、書いても書いても、足元にも及ばず、
ある意味、書けば書くほど、佐藤康行のことをわかっていない自分に気づかされます。

しかし、こんな楽しくてワクワクすることはありません。
どんなことをやっているより、楽しいことでもあります。

 

さて、今日の基礎編は「世界初瞑想講座」です。
佐藤康行が編み出した、世界にどこにもない瞑想が伝授されるのでしょうか?

今日も多くの方が、このとてつもない瞑想を伝授されることにより、感動の体験をされると思うと、ワクワクします。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1126:深い闇であればあるほど、光を求める気持ちは強い」
深い闇であればあるほど
光を求める気持ちが強い
そして
近寄ったら光に変わる

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨日、YSコンサルタント主催の佐藤康行の『覚醒』が開催されました。

たった2時間、佐藤康行に会うためだけに、全国から皆さんは集まっていらっしゃいました。
その求める気持ちに、佐藤康行は答えるべく、とてつもないエネルギーでした。

佐藤康行の不思議さ!
それは、受講の時間とは関係なく、そのエネルギーで、我々の意識はとてつもなく意識が上がっていくという事です。

2日間であっても、2時間であっても
このとてつもない意識の上がり方は、同じと言ってもいいくらいです。

瞬時なのです。
瞬時に、上がっているという感じでした。

 

佐藤康行の講話を聞いているだけで、どんどんと意識が変化してきます。
当初、「問題だ」と思っていたことが、みるみる変化して、自分の最高の長所のように感じられます。

明らかに脳が急激に変化するのです。
脳の中で、自分が勝手に作り上げた物語は、どれだけでも変化していきます。
消えては新たな認識が・・・・さらにまた消えて新たな認識が・・・・。
それは無限でした!

しかし、それは当たり前でした。
なぜなら、私たちの脳は、人間が創ったものではないからです。
脳そのものは神様が創ったものです。

だから、佐藤康行のエネルギーに焦点を合わせた途端、神様の流れにあわさざるを得なくなるのです。

 

2時間の急激な変化。
ある意味、短時間だったからこそ、自分の変化のスピードが実感できたのかもしれません。

前回とあわせて「覚醒」は2回開催されました。
この音声や、映像は、YSコンサルタントにて、皆様へ提供されているとお聞きしました。

2時間でどこまで変化出来るのか?!

ご興味ある方は、YSコンサルタントにお尋ねになってみられたらいかがでしょうか。

詳しいことがお知りになりたい方は ⇒ 03-5204-2041(YSコンサルタント)へ

 

また、本日は、昨日の音声のみですが、ナスペックにてお聞きいただけます。
是非、お聞きになってみてください!

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181204:覚醒①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

がんが、受講生の方のカウンセリングで小さくなった話をしています。

その後、どうなったのか?
昨日までの話の続きとなります。

 

2回目のカウンセリングが終了した、2週間ほどあと、がんがどんどん小さくなっていたその頃、彼女に突然、いきなり500万円ものお金が入ってきました!

そのお金は、がんだと診断される5日前、がんだとは知る由もなった彼女が入った、生命保険から出たお金です。

がんになったことで、その保険金がいきなり入ってきたのでした

実は、彼女はがんになる前は、少しお金に困っていた状況もあり、ある意味、がんになったおかげでお金が入ってきたのです。

 

この現象は、明らかに神の大きなメッセージだと、研究員は捉えます。
さらに、お金にまつわる不思議な出来事が続きます。

 

三度目のカウンセリングの、2.3日前に、彼女は交通事故に会い、車が大破しました。
しかし、不思議なことに、ご本人は軽症ですみました。
本人曰く「事故にあった瞬間、何か温かいものに抱きかかえられていた感覚がしていた」という事です。

そこでも、また、事故の保障のお金が入ってきたのです。

 

一体どうなっているのでしょう!!!!
なんと不思議な現象でしょう!!!!

 

この方は、このふたつの保険で入ったお金で、即効、佐藤康行の会うため東京へ上京し、佐藤康行の女性限定のセミナーを受講し、がんの原因となった部分を根っこから消されたようです。

さらに、12月1日の「がんと心の関係」講演会にも参加されています。

 

さて、10月5日、病院でのペット検査では、彼女の子宮頸がんは完全に消えていました。
そして、現在は良性の腫瘍が一部残っているのみで、経過視察になっています。

 

この不思議な出来事。
カウンセリングをしたTさんは、常日頃から、徹底的に佐藤康行に焦点を合わせ続けていることで起きた現象だといいます。
Tさんは、佐藤康行が明らかにやってくれた出来事だと、断言しています。

それほど、カウンセリングのたびに、佐藤康行の強烈なエネルギーを感じたという事を、何度も研究員に話してくださいました。

 

この出来事
まさに、今、たくさんの学ぶべきものが多いと、そのように研究員は考えますが、皆さんはいかがでしょうか?

 



ナスペックバナー
ナスペック電話

一昨日のブログ「がんが治った!とてつもない体験①」(←クリック)の続きです。

ステージ4の子宮頸がんで、すでにリンパまで飛んでいた方に、Tさんがカウンセリングを一時間しただけで、たちまちがんの大きさが、6.5cmから3cmにまで縮小した話までしました。

 

 

実は、カウンセリングの前に、事前に満月の法則の書籍をお渡しし、読んでいただくよう、お願いしてありました。

それも効果があったのか、初めてのカウンセリングが終了するころには、会った時に、とてもむくんでいた足のむくみが、驚くほどとれていました。

その後の検査で、6.5cmあった癌が、3cmになっていました。

 

その後、2回ほど(始めからあわせると計3回)Tさんのカウンセリングは続きました。

3回目のカウンセリングのとき、Tさんは佐藤康行の書籍「ダイヤモンドセルフ」「満月理論」小冊子を手渡しました。
そして、「満月理論」小冊子を声に出して音読されることをすすめました。

カウンセリング終了後、その方は毎日、熱心に「満月理論」の音読をされ、また、満月理論を自身のお母さんにも読み聞かせました。
すると、聞いていたお母さんの真我が開き、お母さんは涙を流し、感動されたという事だったのです。

そのときの様子を、ご本人からのメールでご紹介いたします。

=========

昨夜、ダイヤモンド・セルフを明日から読む事に決めて、頭を整理して23:45寝る準備で御手洗に入りました。

はっきりと真っ直ぐ真上に上がって行く煙り(エネルギー?)を見ました。
ものすごく鮮明に見え続けました。
今までのモヤモヤモクモクとは別物でした。

そして、、
早朝キッチンでの出来事。

母を隣の席に座らせて
満月倫理読み聴かせました。

すると…
母が泪を流しながら聴き入って読み終わった後に感謝の言葉を言ってくれました。
私も泪を流しながら読み進めました。

凄くステキな小冊子を下さって本当に 有難うございます。

 

その後も母へカウンセリングを受けたこと。
また、真我を学びたい気持ちを打ち明けました。

母は『貴方らしい仕事になるんじゃないの。似合っているよ』って言ってくれました
凄く嬉しくて・・・!
Tさんに思わずご報告せずにはいられませんでした

===========

その後、この方の身の上にどんなことが起きたのか?!
それからがんはどうなったのか?!

この続きは、明日になります。
明日も是非、皆さんとお目にかかるのを楽しいにしています。

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181201:がんと心の関係講演会②」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨日の講演会「がんと心の関係」は大成功!

会場が一杯だったこと。
そして、講演会も大盛況だったこと。

佐藤康行と帯津良一医師がこれから手を携えてやっていくという事

全てが大成功でした!

 

さらに、見落としてはならないことがあります。

佐藤康行は冒頭こういいました。
「今日は皆さんに、この限られた時間を真剣勝負で、この中にすでに癌の芽がある方も、ここで消すぐらいの気持ちで、ガチンコでやろうと思っています。」

そして、その言葉通り、佐藤康行が会場の中の全員の、がんの根っこを消しているというエネルギーが、がんがん伝わってきました。

研究員は講演会なのに、まるでセミナーを受講しているかのような感覚になりました。
そして、涙が溢れてきました。

 

まさに、佐藤康行のエネルギーのビッグバン!
今、ここから、未来の医療界が変わっていくという事が明確に見えてきます。

 

今、二人にひとりががんになるという時代。
それは昨日の会場の参加の半分の人が、将来、がんになるという事です。
今現在、がんの根っこを持っているという事です。

しかし、昨日、参加した全ての人のがんの根っこが、佐藤康行によって瞬時に消えていたとしたら・・・!
これはとんでもない奇跡です。

残念ながら、それは目には見えないし、五感では認識できないので、「ほら」とお見せ出来ないのの残念ですが、
しかし、研究員は確実に会場内のがんの根っこが瞬間に消えた!というのが観えた瞬間がありました。

佐藤康行のエネルギーで会場内のがんの根っこが消えた!
そう、研究員は確信しているのです!

 

佐藤康行のやっていること。
それは、とてつもないことなのです。

それは五感を超えた、認識をはるかに超えた世界です。

ゆえにそれをしっかりと受け止めていく新しい脳。
その脳を開発していくしかない世界なのだと、そのように研究員は昨日もさらにその思いを深めました。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181201:がんと心の関係①」
リライトもお付けしています。
今一度、じっくりとご覧になってください

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

今日は「がんと心の関係」と題して、心の専門家である佐藤康行と、日本におけるがんの第一人者である帯津良一氏による講演会が開催されます。

会場は満席。
立ち見が出ると予測されています。

この世紀の二大巨頭の講演会は、歴史を変える大きな出来事になると思われます。

 

さて、今日は講演会でも多くの方が体験談を語られるとお聞きしています。
と同時に、一昨日、研究員の耳に入ってきた、ある方の癌の体験談をお話したいと思います。
(注:ご本人の許可を得て、体験談をご紹介しています)

これは佐藤康行の開発した、YSメソッドの「真我プロカウンせリング」をした、受講生からの体験談です。

=============
Tさんは、今年の5月にある方からの紹介で、子宮頸がんステージ4の女性のカウンセリングを依頼されました。
すでにリンパにまで転移しているとの事。
大変危険な状態です。

Tさんは常日頃から学んでいる、佐藤康行の「真我プロカウンセリング」を、1時間行いました。
そして、別れ際に、手元にたまたま持っていた、「満月の法則」書籍を渡しました。

すると、早速、ご本人から驚く報告が来たのです。

それまで、6.5cmまで大きくなっていた癌が、3cmまでになったという報告です。

 

Tさんは驚きました!
何に驚いたかといえば、勿論、癌が小さくなったという事に驚いたのですが、それ以上に驚いたのは、佐藤康行のエネルギーです。

Tさんが面談している間、隣に明らかに佐藤康行の存在を感じていたのです。

本当に不思議な感覚でした。
Tさん自身が消えて、佐藤康行そのものがその方と対峙している。
そして、佐藤康行のエネルギーがその方とひとつになっていく。

そんな不思議な感覚に襲われたのです。
その感覚にTさんの魂は深い喜びで満ち溢れ、自分自身も真我が開いた状態になったというのです。

============
さて、この後も、さらにさらに不思議なことが続きます。
それは、いかに佐藤康行のエネルギーが凄いかという事!
そして、そのエネルギーが、どれほど瞬間に物理的な距離も空間も越えるて、届いているかということ。
そのあたりのお話を、Nさんの体験を通してお伝えしたいと思います。

明日は、今日の講演会の報告と、体験談の続きとなります。
では、明日!!



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨夜開催された「神通力研究会」は、従来の飛神覚醒会と真我真理研究会がひとつになって、新しく今月から開催される研究会です。

 

ちなみに「神通力」という名前。
思い出すのは、宇宙無限力体得コースの名称は、当初「神通力開発講座」でした。

神から出発
神が通じる力

宇宙無限力開発講座はそういう意味で開催された講座でした。

ちなみに、余談ですが「未来内観」」の当初の名前は「魂の開発講座」という命名でした。
その昔、佐藤康行が「魂の開発講座」をやるという事で、ある会場を借りて開催しようとして、会場の申し込みをしていました。
そうしたら会場にいったら「多摩市の開発セミナー」という名前で会場案内がされていたという、笑い話があります。

まぁ、それはそうとして・・・・。

 

何が言いたいのかといいますと、この「神通力」という言葉。
それにはそれの深い意味があるという事が言いたいのです。

飛神、神に飛ぶ。
この言葉も佐藤康行が造語として創った言葉です。

また、真我という言葉は、いろいろなところで使われていますが、佐藤康行のいう真我は、他の方が使われている真我とは、全く別のものであるという事を、しっかり認識しておく必要があると研究員は考えています。

 

長々と前置きをいたしましたが、早速ですが昨日の「神通力研究会」の話をしたいと思います。

始まる前や後に、顔見知りの人と挨拶しながら、いろんな話をしていると、皆さん、口をそろえて言われることがあります。
それは、最近の佐藤康行のすごさです。

どの方も驚嘆していらっしゃいます。

凄いエネルギーを感じるという人。
佐藤康行の前に出ると、頭が真っ白になるという人。

そして、終わった後にも、佐藤康行の回りは人で一杯です。

 

しかし、でも、
研究員は、佐藤康行はまだまだまだ・・・・!
こんなものではないと感じています。

昨夜の佐藤康行の様子は、さらにさらに力の要らない世界に入っていると感じました。

しかし、研究員は言いたいのです!
まだまだまだまだまだ・・・・
佐藤康行はこんなものではない!!

 

いよいよこれからが佐藤康行の本当に面白い世界がスタートすると思うのです。
これからが、本番なのです!

そう思うと、研究員の魂も熱く熱く震えるような思いになってきます。
なぜなら、研究員が生きている意味は、まさに、ここにあるからです。

いよいよ、ここからが楽しみです!

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181129神通力研究会」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

先日、行われました「女性限定のセミナー」でも、何度も『真我の実践』を唱えました。『真我の実践』を、たった3分だけ唱えるだけで、自分の意識が驚くほど上がっていきました。

真我の実践による意識の変化は、もう、すでにブログをお読みいただいている皆様も体験済みのこととは思います。

 

佐藤康行は、この『真我の実践』について、「私の世紀の発明の中のひとつ」と、そう言います。

 

ここ最近、佐藤康行がよく使う佐藤康行の大発明のなかには
内観光受、神成瞑想、真我瞑想、真我の実践などがあります。

これらの本当の威力については、たぶんまだ、私たちはその一片もわかっていないのではないか?
それほどの、恐ろしいほどのとてつもない威力があると推測されます。

ある意味、この一つだけでも、世界の意識を変えてしまうほどの威力があるのではないかと、研究員は推測をしています。

 

『真我の実践』という言葉の持つ力
言葉の持つエネルギー

宇宙のエネルギーがギュッーーー!と、とてつもない質量でこの言葉の中に詰め込まれているのではないかと、そのように推測しています。

 

また、内観光受神成瞑想(真我瞑想も含め)は、言葉ではなく、意識を一気に神へと飛ばせるという、とてつもないツールです。

さらに、佐藤康行の世紀の大発明を組み合わせることによって、さらにメガトン級の威力の発揮をするように感じます。

 

長い歴史の中で、凝り固まった人類の記憶や認識は、そうそう簡単には壊れません。

その岩盤のような脳が、一瞬でが吹き飛ばされて、全く想像もできないようなとてつもない世界へ飛んでいける!
これこそ、佐藤康行だからこそ出来ることです。

そのような、この世紀の大大大発明!
これを、日々、私たちは自由に使うことができます。

これをフルに使わない手はないと、そう研究員は思うのです。

============

本日は、先日YSコンサルタントで開催されました「覚醒」というセミナーでの音声をお送りしています。
このセミナーは2時間という短い時間でしたが、とてつもなく凄いセミナーでした。

ほとんどを質疑応答で、佐藤康行が一歩も引かない答えで、参加者の脳は次々と壊れていったようです。

12月4日にも再度、開催されます。
お問い合わせはYSコンサルタント:03-5204-2041へ!

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181124覚醒①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

とてつもない昨日のセミナー「愛を確実に手に入れる神技」の話をしたいと思います。

 

まず会場内を想像してください。
会場内は全員、女性です。

それも、心の奥の深い部分で男性に対する怒りや、恐怖や、トラウマなど、普通ではいかんともしがたいものを抱えた女性ばかりです。
下手したら、そのまま人生を終わってしまうであろう、女性たちです。

その女性が30歳台から90歳まで、ズラーーーーと並んでいるのです。

そこへたった一人、佐藤康行だけが男性としています。

 

それが、なんと!!
セミナーが終わる3時間後には、全員が満足で満ち足りて、女性としてキラキラと輝いていました。

年齢関係なく、全員です!
心の悩みの種類に関係なく、全員が!!ですよ!

凄いと思いませんか!?

 

一体、男に対して何かを持っている女性たちに対して、佐藤康行は男一人で何をやったのか?

 

冒頭、「皆さんに合わせません」
神様の創ったままの女に合わせます。あなたの考えには合わせるのではありません」そう言い切った佐藤康行。

その佐藤康行の前には、こらえきれず泣き崩れる人。
ぼーーとして我を失うかの人
喜びが溢れる人

セミナーが終わる頃には、それぞれの女性性がきらめく宝石のように輝いていらっしゃいました。

 

佐藤康行はずっと前から「男は強くなければならない」そう思っていたといいます。
男の強さを追い求めていたった結果、真我に行き着いたといいます。

男の中の男である佐藤康行
「人類の男性を代表して」と、男として女性が一番望んだ男の本当の強さで、参加の女性とのやり取りをしてくれました。

その佐藤康行の前には、年齢も性格も過去の出来事も関係なく、女性の中の女性になれたのです。

 

とてつもなかった昨日のセミナー。
これこそ、佐藤康行ならではの、世紀の大発明のセミナーといえると思った研究員です。

 

このセミナーの詳しい内容などをお聞きになりたい方
主催のメンタルパワーズ(03-5204-2351)へ、お電話してみてください。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「佐藤康行からずれないとは?」
(質問)
佐藤先生は「佐藤康行からぶれない、ずらさない」と言われますが、それはどういう意味でおっしゃっているのでしょうか。

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話