長崎では、週末に実行委員の皆さんがたくさんの動きをされていました。

浦上教会の前に「ガロ」というお店があったといううことで、写真を送っていただきました。
「ガロ」と言えば、佐藤康行が生まれたのは北海道の美唄市「我路(ガロ)」です。
偶然と言えば偶然なのですが、このめぐり合わせは不思議です。

実行委員の皆さんも、この不思議に感動されています。

 

まるで長崎の街全体が、佐藤康行が来てくれる事を、今か今かと待っているようです。

 

また、長崎は、キリスト教が伝来し、たくさんの教会があり、悲しいキリシタン狩りの歴史があります。
踏み絵を踏まなかった多くの方が、十字架に掛けられて悲しい死を体験している街でもあります。

 

そして、長崎は、鎖国の江戸時代にも、海外との貿易があり、日本と外国をつなぐ街でもありました。

こうしてみると、いろいろな意味で、佐藤康行にゆかりのある街でもあります。

 

今回、佐藤康行が長崎で講演会を開催するという事は、長崎を知れば知るほど、大きな意味があることがわかってきます。

研究員には、昨日から不思議な映像が目に浮かんで仕方がありません。
それは地球が「地球はひとつだ」と言わんばかりに、地球そのものがピンク色になって、フワフワと宇宙に浮いている図です。

なぜそんな図が出てくるのかわかりませんが、何か、意味があるのでしょう。

地球がひとつになる「長崎講演会」
いける方は、是非ご一緒に参りましょう!!

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1200:全てが縁」

縁によって
自分自身が
自分の性格が
はっきり浮き彫りになる

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話