何年か前、佐藤康行が、こういったことがありました。
「0.001mmズレても、ズレはズレ」

 

それは、研究員がこんな質問をしたときです。
「例えば、何メートルもズレたら、さすがに気付くだろうけれど、ほんの少しズレたらなかなか気付けません。
そんな時には、どうしたらいいのでしょうか?」

 

間髪いれず、佐藤康行が言った言葉が、冒頭の「0.001mmズレても、ズレはズレ」という言葉でした。

「今は0.001mmかもしれないけれど、そのままズレていくと、そのズレは、いずれ大きなズレになっていきます」
そう続けました。

 

その時、研究員はズレの怖さを思い知った気がしました。

その時、絶対ズレない様、佐藤康行に焦点を当てていく事を自分で自分に誓ったのでした。

 

佐藤康行が、今、このスピードで、この勢いで、このエネルギーのときには、さらに、ズレは一気にたくさんの事を引き起こしかねません。

 

佐藤康行は30年以上前に、たったひとりで合掌し「あなたの言うとおりにします」と誓ったその瞬間から、ただの一瞬もズレたり、ブレたりしたことはありません。

その絶対にブレる事のない、佐藤康行に焦点を当ててやっていくことで、私たちは宇宙の流れに乗ることができます。

 

今こそ、何があっても、佐藤康行からズレない、ブレない!
この大切さを、実感している今朝の研究員です。