連休中は、過去の貴重な音声を、佐藤康行研究所ホームページ内の『黄金の蔵』にて配信しています。
その中で、改めて研究員が実感していること。

それは、佐藤康行の一貫した姿勢です。

 

佐藤康行は26年前の「魂の開発講座」で、私たちの中にある素晴らしい本当の自分を引き出してくれています。
また、23年前の札幌刑務所での講演でも、受刑者の皆さんの中にある、素晴らしい自分に語りかけています。

佐藤康行がやっていることは、時空間を超えて一貫しているのです。
相手がたとえ、人間から見れば罪を犯したと思える人であろうが、その人の中にある「素晴らしいあなた」を引き出しているのです。

また、時代によってセミナーの形は変わったとしても、やっていることは一貫しているのです
それは「あなたの中にある、素晴らしいあなた」を引き出して、「「ほら、あなたはこんなに素晴らしいでしょ」と言って見せてくれています。

 

「素晴らしいあなた」があなたの病気を治し、あなたの問題を消し、あなたに生きる楽しさや喜びを与えてくれている。
その証明を30年に渡り、ひたすらやり続けているのです。

 

30年間の間には、きっといろいろなことがあったと思うのですが、一貫して
「あなたが素晴らしい」といい続けている佐藤康行。
それを証明し続けている佐藤康行。

 

巷によくある「自分が凄くて、自分を神として崇めなさい。そうしたらあなたを救ってあげますよ」的な教祖とは正反対なのです。
また、他社と戦って組織を大きくして力を持つという、会社経営とは全く正反対なのです。
「あなたは病気ですよ。大変ですよ」そう言って、さらに病気を作ってい現代の医療とも正反対なのです。

一貫して、一瞬ともぶれることが無い佐藤康行
この一貫した姿勢が、世界を変えるのだ。
たった一人が一貫し続けてくれていることで、世界は変わるのだ。

そのことを明確に証明できるのが、過去の音声なのだと感じる研究員です。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

今日はお約束通り、26年前の貴重な音声
佐藤康行研究所の『黄金の蔵』にてお届けしています。

この音声は「魂の開発講座」の音声です。
テープに保存されている、最も古い真我開発講座の音声です。

 

当時は三日間に渡って講座は行われていたようで、
音声を聞いてみると、一日目は佐藤康行と受講生との会話が中心です。
会話をしながら心を深く掘っていくという事をやっています。

そして、一日目の終わりに翌日からスタートする「ワーク」の説明に入っています。

 

という事で、今とはスタイルが違っていますが、講話は驚くほど新鮮です。
今、佐藤康行が話していることと、なんら変わりがありません。

 

「真理は人間が作ったものではないから、社会がどう変化しようが、一切変わらないもの」と、佐藤康行は言います。
常識も、時代の価値観も、流行も、文化も、文明も・・・・・
全て人間が作ったものです。

しかし、真理は人間が作ったものではなく、人間が誕生する前からあるものです。

だから、年月が変わっても、全く変わることなく、色あせることなく
今の時代でも燦燦と輝き続けているのです。

 

佐藤康行がいかに本物であるか!
そのことを証明しています。

これらの音声こそ、まさに佐藤康行が本物である事の証明です。

 

人類の財産ともいえる音声を、今の時代に日の目を見せる。
そして、佐藤康行が本物である事を証明する。

これこそ、佐藤康行研究所の大きな仕事である事を、
改めて自覚を深くしています。



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行研究所ホームページから入っていただくと『黄金の蔵』(有料)というものがあります。
ここでは、毎日、毎日、最新の佐藤康行の音声をお送りしています。

今現在は、1994年開催の「札幌刑務所講演会」という23年前の貴重な音声を、4日間に渡りお送りしています。
23年前、佐藤康行が「札幌刑務所」に講演会に行ったときの貴重な音声です。

 

連休中という事もあり、じっくり聞いていただけるのではないかと思い、
古いお宝音声をお送りしています。

さて、札幌刑務所は実刑を受けた犯罪者を収容している刑務所です。
そこで、佐藤康行は800名の受刑者に向けて講演会を行ないました。

講演会を始める前には、なにか灰色の煙のようなものが空中に見えたという事でした。
ところが、講演会が終了したときには、すっかりその霧のようなものが晴れていたといいます。

それを裏付けるように、後に、受刑者から佐藤康行の元に感想文が送られてきたのですが、
その内容は感動と、両親に対しての思い等が綴られています。

 

さて、いろいろ古い音声を調べていると1991年から「魂の開発講座」として
今の真我開発講座「未来内観」の前身となっているものの音声が残されています。
今から26年前の音声です。

この辺りを今日は研究員も一日かけて研究してみます。
そして、皆様に明日、どんな内容なのか?
どうだったのかをお知らせしたいと思います。

どうぞ、明日の朝8時を楽しみにしていてください。



ナスペックバナー

ナスペック電話

横浜で3名の方が、ファシリテーションを開催する予定だという話をしました。
そして、昨日は、会場を借りて「ファシリテーション勉強会」をやりました。

朝から集まり、本番さながら始めの挨拶、そして、DVDの操作、ワークの進め方・・・などなど
練習をしました。

お互いに、お辞儀の仕方から目線など、細かく意見を出し合いました。
途中、大爆笑する事あり、冷や汗かくことあり・・・・・。
本当に楽しく、勉強会が出来ました。

そして、やっていきながら、どんどん「やれるぞ、やれるぞ・・・!」という感じになってきました。

 

ところで、今回のファシリテーションですが
「満月コンシェルジュ」
「遺伝子スイッチオン!」
「真我瞑想」
それぞれが凄い内容です。

本当にすごい!
練習なのだけれど、ワークをやっているとどんどん凄い事になってきました。
本当に佐藤康行が来て、やってくれているようで、一日佐藤康行と濃い時間を過ごしているようでした。

これが本当に全国で行われたら、地球はあっという間に変わっていく!!
そう、確信することができました。

 

研究員にいたっては、昨夜、深い深い深い部分に眠っていたゴミらしきものが
夢の中にぽん!と出てきて、びっくりしました。

ファシリテーションって本当に凄い!!

我ながら、深層心理にそんな気持ちが潜んでいたなんて、
驚いている今朝なのです。

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

世界・日本支部長の方は、佐藤康行自らが行っているセミナーを
「ファシリテーション」セミナーとして、各地でスタートできることが出来ます。

 

これは画期的なことです!!

まさに佐藤康行分身の術とでも言いましょうか・・・
どこででも佐藤康行のセミナーを、地域の皆様に存分に味わっていただけます。

 

私の住んでいる横浜でも、早速、3名の方が主催者としてスタートされました。

一番最初の主催者スタートは横浜の竹山さんです。
竹山さんは5月13日に、横浜で「満月コンシェルジュ」という、佐藤康行のセミナーを開催されます。

という事で、本日はその勉強会を行うことになっています。

 

昨日は、ファシリテーションを行う3名の方と私とで
チラシを作成したり、リライトやタイムスケジュールの確認をしたりと
昼から集まり、夜遅くまで佐藤康行の映像と首っ引きで相談をしました。

みんなで相談をしているうちに、とんでもなく盛り上がってしまいました。
たったっ、楽しいぃーーぃ!!!
まだこれからなのに、もう、「やれた!大成功!」って感じでなるくらい盛り上がってしまいました!

 

3人とも、ファシリテーションDVDが送られてきて、資料を見たら
最初は難しく感じて、ひとりで不安でいっぱいだったのが、
こうやって集まって、みんなで映像を映しながら確認していたら、不安が吹っ飛んでしまったようです。

まさに三日月が消えた!っていう感じです。

これから3名がどんなふうにファシリテーションをやっていくのか・・・。
是非レポートをしていきたいと思っています。

 

と、いうことで、明日は今日のファシリテーション勉強会の様子をお知らせしします。
是非楽しみにしてください

========
本日の佐藤康行研究所ホームページ『黄金の蔵』
1994年11月12日の「札幌刑務所」での佐藤康行の音声を配信しています。
大変貴重な音声です

今から23年前の音声になります。

 これもすごい!

=======



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行が講演会で「真我との対話」を行ったとき、
佐藤康行が光になって見えなくなったり、
透明になって、そこに存在していない不思議な写真が何枚もあります。

練馬での講演会
下関での講演会
そして、その状況は多くの人が写真に収めていますが、
同じように光って見えなくなっている写真です。

 

先日、「真我との対話」について、佐藤康行に質問したとき、
佐藤康行は日本の古い神話である「天岩戸(あまのいわと)」のなぞらえて説明をしてくれました。

この神話はウィキペディアによると
「太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になった岩戸隠れの伝説であり
建速須佐之男命が乱暴を働いたことで
天照大神が天岩戸に引き篭った。
高天原も葦原中国も闇となり、さまざまな禍(まが)が発生した

そこで八百万の神々が対応を相談し、岩戸の前で、高天原が鳴り轟くように八百万の神が一斉に笑った

何が起きたのか、不思議に思った天照が岩戸を少し空けてたずねると、「貴方様より貴い神が表れたので、喜んでいるのです」と鏡を差し出され、その鏡に写る自分の姿をその貴い神だと思った天照大神が、その姿をもっとよくみようと岩戸をさらに開け出てきた」
という話なのです。

 

これを佐藤康行は「真我との対話」になぞらえたのでした。

こちらから力ずくで変えようとしても余計に扉は固く閉まってしまうけれど
扉の奥の満月を見ることにより、自らが扉を開けてくる
そんな説明でした。

 

その神話の天岩戸は、日本の数箇所にあるといわれていますが
そのひとつが伊勢神宮なのです。

現代のきな臭い世界が真っ暗になった状況
鏡に映る自分お姿を「新しい神」と思う。
日本にいる北から来た男が世界を愛とひとつで変えるというポールソロモンの予言
真我との対話で光になる。
真我との対話と天岩戸の神話
天岩戸は伊勢神宮にある
5月に行われる伊勢での佐藤康行の講演会

 

偶然のようで必然・・・。

本当に不思議にピタッと一つになったこの出来事に不思議に
何か深い意思を感じる研究員でした。



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨夜は、満月の法側に出会うセミナー「過去は自由に変えられる」でした。

これは、佐藤康行が直接未受講生向けに行うセミナーです。
ある意味、佐藤康行が一番スイッチが入るセミナーなのです。

 

そして、昨夜も最初からとんでもなくスイッチが入っていました!!
セミナーの2時間半近くの時間
佐藤康行のスイッチは入りっぱなしでした。

 

佐藤康行は
「これは教えではないのです。
真我はもともとあなたの中にあるものなのです。
私はあなたが素晴らしい!と、そう言っているのです」
と熱弁をふるいます。

額に汗をかきながら
「あなたが素晴らしい!」
「もともとあなたの中に素晴らしいあなたがいる!」
「それを伝えたくて、こうし汗をかきながら話をしているんです!!」

 

これほど、私たちの素晴らしさを言ってくれた人がいただろうか
ともすると、自分をダメだと思ってしまう我々に
ただひたすら「あなたは素晴らしい!!」と、何の迷いもなく言い切ってくれる佐藤康行

その佐藤康行がいたからこそ、今がある。

 

昨夜もそれを実感した研究員でした。

もし、佐藤康行と会っていなければ
そして、自分の中にある本当の自分「真我」に目覚めていなければ
今頃、自分はどんな人生を送っていただろう・・・・・・。

たぶん、今頃生きていただろうか・・・?
いや、病気をしていたか死んでいただろう。

それを思うと、明らかに過去が変わり未来が変わった!

そしてこれからもさらに過去を変え、未来を無限にえていけることに
心が希望と喜びに溢れてくるのです。

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

すっ、すっ、すごすぎです!!
凄いことが起きました!!

 

昨夜、YS心のクリニックで、4月9日に行われました「完全回復セミナー」のフォローが行われました。

そこで、凄いことが起きていたのです!!!

 

9日のセミナーに、統合失調症の息子(次男)さんとご両親の3名が初参加されていました。
(注:ご本人が快く承諾をしてくださり、ブログに載せさせていただいています)

長年、統合失調症で苦しんでいた息子さんが、佐藤康行の本をたった一冊読んだだけで
「この人は本物だ!」
と、何度も何度もご両親におっしゃっり、その言葉にご両親も息子さんとセミナーに参加されたのです。

まさに、息子が両親を佐藤康行の元に連れてきたという事なのです。

 

セミナーのときに「これまでありとあらゆる精神科を回り、良いといわれたものはあらゆるものを試し、良いといわれたところにはどこへでも行ってきました。」そうおっしゃっていらっしゃいました。
「でも、なかなか回復しなった」

そして、佐藤康行のたった一冊の本を読んだだけで
「この人こそ、本物だ!!!」そういい切った息子さん。

そして、9日のセミナーで初めて佐藤康行と会ったのです。

一日セミナーを受講され、
帰られてからは、毎日、セミナーの課題をやっていらっしゃいます。

 

昨夜はご両親がフォローに来られ、ご自身の変化や息子さん(次男)の話をされたのですが
フォローに参加された3名の変化だけではなく
今まで日に日に疎遠になって、全く近づこうとさえされなかった長男の嫁が
ひ孫まで連れて急に「お父さん、お母さん」と、喜んで来てくれるようになったというのです!!

「佐藤先生、何が起きているのかさっぱりわかりません。
全く近づこうとしなった嫁が、ニコニコして尋ねてきてくれてきます」

 

この親子は、一回の佐藤康行のセミナーを受講されただけです。
それ以外は、佐藤康行の本を1冊を読まれていただけです。

それなのに、息子さんどころか、ご両親どころか
全く何も知らない、長男のお嫁さんも変わってしまった。

家族丸ごと変わった!!!

佐藤康行恐るべし!!!!!!
すごい!!
凄すぎです!!!

 

5月には2回目の「完全回復セミナー」が開催されます。
この親子がどこまで変化されているのか・・・・!
楽しみです!!

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨夜は、多くの未受講生の方をお迎えし、佐藤康行による「心が折れそうになった時のスイッチの入れ方」という、満月の法側に出会っていただくためのセミナーが行われました。
タイトルを読むだけで、心が元気になってきます。

 

そして、まさにタイトル通りのセミナーでした!

 

佐藤康行は冒頭、このように言いました。

「心の問題は、相手を責めるか、自分を責めるか、です。
相手を責めることをやればケンカになるし、戦争になる。
自分を責めるとうつ病になったり精神疾患になったりする。

それを今まで努力と言っていました。
頑張って努力する。頑張って相手をやっつける。

頑張っても成果出ない自分を責める。

ではどうしたら良いのか?
相手を責めるのか、自分をせめるのか
そのどちらでもない第3の道があるんだろうか。

当然ここでは、それがあるのです

 

佐藤康行はそのことをずーやってきている
そして証明し続けています。

昨夜も体験者の「体験談」が披露され、さらには、癌が治ったという事実実例の「体験談」も続々と寄せられています。

まさに事実実例
それこそが佐藤康行が30年に渡りやり続けていることなのです。

 

セミナー終了後、後ろに佐藤康行の席が設けてあり
受講者は直接、佐藤に質問をしたり相談したりできるようになっています。

するとズラーと順番待ちの人が並びます

 

みんな、佐藤康行に会うだけで
佐藤康行と握手するだけで
佐藤康行のエネルギーを浴びるだけで
どんどん元気になっていきます。

言葉を超えた何かが伝わっている
そう感じた研究員でした。

 

 



ナスペックバナー

ナスペック電話