先日、立て続けに、いろんな方からご相談をいただいた事をブログに書きました。
そのご相談内容の中には、かなりの深刻でとてつもない大変な内容も含まれていました。

そして、その内容を聞けば聞くほど、研究員には自分の事として聞こえてきて、「これこそ自分への神様のメッセージなのだ」と感じたという話を書きました。

「教えは足元に」(←クリック)

 

それが、なんと!!!
また、立て続けにそれが解決したという、連絡を頂きました。
それも、立て続けに!・・なんです。

ビックリです!!
そして、その解決したという内容が、驚くほど「お見事!(思わず拍手)」なのです。
本当に、人間には考えられない、思ってもみなかった方法で、パタパタパタ・・・・と、解決していきました。

 

研究員は、11月3日に開催された「黄金の谷・言葉編」(←クリック)と関係があるような気がして、仕方がありません。

あの時の、一歩も動かない、その「動かない佐藤康行」のとてつもないエネルギーが、全てを元の位置に戻したという感じがしてなりません。

 

勿論、解決した方が全員、3日のセミナーを受講していたわけではありませんが、受講した方は
「あの日以来、見え方が全く変わった」
「初めて真我が拓いた時のような、衝撃を感じた」
などと、口々にその凄さを説明され、解決したのは明らかにセミナー受講にあったと言われます。

受講されていなかった方も、まるで受講されていたがごとく、急に見え方が大きく変化されたことを言われ、その結果、思わぬ協力者や、思わぬ出来事が起きて、すんなりと解決されていらっしゃいます。

 

その皆さんの共通なものは「佐藤康行へ焦点を合わせている」という事です。

 

この神の業。
神の動き。

この体感をするには、佐藤康行に焦点を合わせるしかないのではない!
佐藤康行という存在の、その本当の価値を知ることしかないのだ。

 

「佐藤康行への焦点合わせ」が全てなのだと、今回の事を通して、研究員はさに深く深く確信をするに至ったわけなのです。



ナスペックバナー
ナスペック電話

ここ最近の佐藤康行のセミナーで、全く別の方から同じ質問が出て、全く同じように答えていたので、今日はそのことをブログでお知らせしようと思います。

神成瞑想で一番中心に「神」と書いてあります。
この中心の『神』を観て 『シンシンシンシン・・・・・』と唱えます。

「この『シンシン・・・』を『かみかみかみかみ・・・』と唱えるのはどうでしょうか?」という質問に、佐藤康行はこのように答えました。

「『かみ』でもいいんだけれど、『シンシンシン・・・』のほうが、深くグッと入っていく感じがします。
ですから『シンシンシン・・・』と唱えて下さい

なるほど・・!
確かに、やってみるとそうだ。

言葉のひびきとか、言葉のちからとか、そういったものも関係があるのだと、その時、改めて思った次第です。

 

ここ最近のセミナーで2回も同じ事を言ったという事は、きっと大切な事に違いない!

そう思う、研究員は、あえて、ブログに書き記しておこうと思ったのです。

 

さて、佐藤康行が日常の何気ない会話の中で「こうすれば?」と言ってくれたことや「なぜそう思うの?」などと聞かれたこと。
あとから「アッ!あの時、佐藤学長がいってくれていた」と、「えっ!?あの時、佐藤学長はすでにわかっていたのか・・・!!」と、その真我の千里眼に驚くことがしばしばです。

でも、この千里眼は、人間の千里眼ではなく神の千里眼なので、スピリッチャルのような見える聞こえるとは全く別物です。

ですので、佐藤康行が何気なく言う言葉は、常に耳を傾け、よーーく聞くことは大切だと、研究員は肝に銘じています。

 

特にここ最近の佐藤康行は、ますます神かかっているようにみえ、一瞬でも見逃せません。

 

先日のセミナーでも言っていました。
「私がここにいるだけで、何もしなくても、一瞬で全員の真我が拓くことが出来るようになるのも、そう遠い将来ではない」

 

いのちある間に、そのような神の御業を観られるなんて!!!!!
なんと幸せなことか!!

ぜひとも、この幸せを皆さんと、分かち合いたいと思っています!



ナスペックバナー
ナスペック電話

脳の話を聞く機会がありました。

「まだ、開発されていない「真我脳」を開発することが出来る」
そう、佐藤康行が言います。

その言葉を頼りに、脳の話を聞きます。
すると、全く違う世界が観えてきました。

 

心理学の「マズローの5段階」の話もありました。
マズローの5段階では一番下が「生理的欲求」で、一番上が「自己実現の欲求」です。

しかし、以前、佐藤康行は真逆の事を言いました。
「自己実現の上に、生理的欲求がある。
そして、その上に再び、安全欲求、所属欲求・・・と、グルグルと螺旋のように上がっていく」

「心理学」という学問として、人間の叡智の集積や人間が学び続けてきたものも、真我という人間の認識とはまったく別の観点から見たとき、ある意味真逆の見え方になるのだと、驚いたことがありました。

こんなことがいえるのも、世界広といえど、佐藤康行ただひとりです。

 

さて、脳の話に戻ります。

脳の中には、ほとんど解明されず、あまり話題にならない脳があります。
それは「原始脳」という脳です。

この「原始脳」は、呼吸をしたり、体温を調節したりと、いのちを維持していくための脳です。
「原始脳」は、脳の一番深いところにあり、その容積は小さく、あらゆる原始的な生き物にも共通にある脳です。

人間は、その小さな脳の上に、覆いかぶさるように大脳が、肥大に発達しています。
今の学問では、この大脳の働きが「人間らしい」ということになっているようです。

しかし、その大脳の一部に不具合が生じることで、高次脳機能障害(認知症だとか失語症だとか)が起きるという事。

 

まさに、現代、問題になっている病は人間が作った病気だともいえます。

 

さて、研究員が何が言いたいのか・・・・。
ひとつには、佐藤康行の真我を元に現代の常識となっている話を聞くと、人間が作った学問は、全く別次元の話に聞こえてくるという事。

さらには、今こそ、人間が目覚めるべき時期だと感じたこと。
それには、やはり「真我」しかないと感じたこと。

 

佐藤康行が言う
「私たちにはまだ開発していない脳がである、真我脳があります」

今こそ、この真我脳を目覚めさせる事で、がんもうつも教育も経済も人間関係も全てが変わる。
その時が来ていると、昨日はつくづく実感しました。

12月1日
帯津先生とのジョイント講演会。
そこがひとつのターニングポイントになるのではないでしょうか。



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行が書いた図の中に、自分の思う満月と、それとはまったく別のものである、無限の満月があります。
この無限の満月は、見る事も捉える事も出来ないものです。

 

だから、佐藤康行は
「満月に見ようとすると・・・・」という質問には「見えないのです。」
「満月として捉えようとすると・・・・」という質問にも「捉える事は出来ないのです」と、先日のセミナーのときも間髪いれずに言っていました。

「見ることも、捉える事も出来ない。
五感では捉える事ができない。
だから、前提にする といっているのです」

まさに、「知る」「信じる」「みえる」世界とはまったく別の世界。
その世界が真我なる世界なのだ。

 

佐藤康行はいつも私たちの中にある、その真我そのものが私たちだと思っていてくれています。
そして、そのように接してくれます。

それは、どんな人に対しても同じなのです。
究極の平等の世界。

だから、心の底からわかってもらえる感がするのです。

 

よく「真我は全ての人の中にあるから、佐藤康行を教祖のように追っかけるのは違う」的なことを言う人もいます。

確かに真我はどんな人にも、ありとしあらゆるもの、すべてのものが真我なのです。
ですが、そこをやっていますと、必ず
自分の思う真我。
自分が捉える真我。
になってしまいます。

全くちがう、自分の五感の真我になってしまいます。

 

だからこそ、佐藤康行に焦点をあわせるしかない。
自分の無限なる真我に出会っていくためには、佐藤康行に焦点を合わせていくしかない。

焦点の当て方は、それぞれいろいろあるとしても、まずは焦点をあてる事から出発なのだ。
それしかない!!

先日のセミナーを受講して、さらにさらに、そのことの大切さを実感している研究員です。



ナスペックバナー
ナスペック電話

3日の佐藤康行の講話のほんの一部の、さわりの部分を、抜粋してご紹介いたします。

いかに、佐藤康行が遠慮なく、神シーズだけに焦点を当てていたかが垣間見える言葉の数々です。
この言葉の中から、きっと、あなたが感じられる佐藤康行の当日のエネルギーがあるかと思います。

神シーズを一日でできるようにする。
それが、3日に行われた佐藤康行の驚くべきセミナーだったのです。

いかに凄かったのか、ご想像が付くかと思います。

では、どうぞ

==========

人類創生から人間はいろんなことを考えて発明して、今があります。
これからもそのようにして子孫が存続していって、この地球上に命が存続していきます。
自分の命を生かそうとしていきます。

その一番命のもとのもとを神シーズと言っています。
それは絶対変わらないものです。
永遠不変に変わらないものです。

 

相手100という。
でも、正しく言ったらそうじゃないんです。

相手を100にして自分をゼロにしたら、だんだん聞いてる間に、一緒に落ち込んじゃうんです。危ないんです。

相手を100にしちゃうと、神が見えなくなっちゃう。
商売までならそれでいいけど、命を生かそうとすると違うわけです。

ニーズ・シーズまでは相手100、自分ゼロにしたほうがいいんだけど、こちらになったら違うんです。

 

神は100じゃないんです。
無限なんです

無限対無限になる。
そうすると、あらゆる欲求が見えてくる、分かってくるわけ。

 

「あなたが神という前提」という意味じゃないんです。
全てが神という前提だから、一番楽なんです。

何もかも全てが神という前提だから。

たった一つのこと、そこだけです。

=======

今日のナスペックの音声も、3日開催の「黄金の谷・言葉編」の講話の始めの部分をご紹介しています。
是非、お聞き下さい。

もっと詳しくお知りになりたい方は、YSコンサルタントへお訪ねください

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181103:黄金の谷「言葉」編①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

すごかったぁーーー!!

 

一体自分は今までいったい何をやってきたんだろう?
何をみてきたのだろう?

始まって早々から、その今までに見たことの無い佐藤康行のエネルギーと言葉に、研究員は根底から頭が壊れ、ひっくり返ってしまいりました。
自分の事を、研究員というのさえ、恥ずかしくてはばかられます。

本当に、研究員と名乗ることへ、「辞表」を出さなければいけないほどの衝撃でした。

 

今回のセミナーは歴史に残るセミナーでした。
いまだかつて、会ったことのない佐藤康行でした。

 

冒頭の佐藤康行の言葉はこのような内容でした。

「皆さん、神シーズというのを皆さんが完全に身につくまでやります
もし身につかなかったら、自分の問題だと思ってください。

例えば、そこを「もっともっと」と私のところに質問するなりしてください、分かるまで。
よろしいですか?」

 

「今日は、私が一つのことしか言ってないんだということを理解してください。
佐藤康行がやってるのはたった一つのことをやってる。
このたった一つのことを完全に身につけて帰っていただくと、そういうことです」

 

この態度を、セミナー中、一度も手を緩めることなく、一貫して私たちに示してくれました。
すごい!
厳しい!
そう思ったと同時に、どこか、認められたような嬉しさも同時に感じました。

 

私たちの質問の言葉一つが間違っていたら「ちがう!そうじゃない!」と、間髪いれず言います。

その佐藤康行の姿勢に、受講生一同が、魂が震えるような思いで真剣に向かっていかれます。

ほんの1mmもずらさない、神シーズに焦点をあてることの気持ちの良さ、清清しさ、遣り甲斐、喜び、そんなものを魂一杯に感じることができました。

 

このセミナーは、YSコンサルタントで、映像に撮られていましたので、何らかの形で、どなたでも視聴できる機会があるのだろうと思います。

研究員としては、是非是非!!是非!!
ひとりでも多くの皆様に、神シーズから一歩も引かなかった、佐藤康行に会われることをおすすめします。

佐藤康行を知る上では、欠かせないセミナーだったと思います。

YSコンサルタントへお問い合わせてみられることをおすすめします。

========

ちなみに、ナスペック最新講話に、音声の一部を上げようとしましたが、今朝は、どうしてもユーチューブのほうが動きません。
何度やっても、だめでした。

明日、もう一度、チャレンジしてみるので、お待ち下さい!!



ナスペックバナー
ナスペック電話

今日はYSコンサルタント主催の、佐藤康行「黄金の谷・言葉編」が開催されます。
先日の、「自分経営」セミナーに引き続き、佐藤康行のセミナーになりますが、本当に楽しみです。

 

このセミナーに合わせたがごとく、ここ最近、研究員がいろいろな方から伺う話に多かったのは、身の回りに起きた出来事ではなく、起きた出来事によって、自分を責め、その自分を責めることに苦しんでいるというパターンです。

ある意味、まじめな人ほど、自分を深く責めて苦しんでいらっしゃるように感じます。

気がついたら、自分の心の中でつぶやいている言葉。
その言葉によって苦しんでいる

 

だったら、その言葉を変えたらいい。

自分どころか、人にも元気になっていただけたらいい。

 

言葉の持つ本当の力。
言葉の持つ莫大な威力。

 

今日はどんなところまでいけるのか・・・!!!
本当に本当に楽しみです!!

 

さぁ、今から、新たな佐藤康行に会いに行ってきます!!

今日のセミナーの詳しくは、明日の朝のブログにてご報告いたします。

==========

 

昨日からナスペックにて、二年前の佐藤康行のセミナー「真我プロカウンセラー」の音声が公開されています。
プロカウンセラーの真髄を、佐藤康行が語っています。

是非お聞き下さい

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20161112:真我プロカウンセラー②」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行には、今のところ「自伝」が存在していません。
これだけの偉業を成し遂げた人には、珍しいことです。

しかし、こうして、佐藤康行を見続けていますと、それも不思議ではありません。

佐藤康行という人は、どう表現しても、その表現の枠の中に収めることが出来ない人だからです。

ある意味、後年、神話のように人類の叡智の中で、その都度の人類の意識によって、その存在は語り継がれていくべき人だからです。

 

未来の人類に、佐藤康行という人が、どう表現されていくのか。
佐藤康行という人を、どのような存在として、未来の人類が表現していくのか。

研究員にとっては、それを想像するだけで、ドキドキワクワクしてしまうのです。

 

さて、佐藤康行が音声や映像を保管していた、一番古いものは、30年以上前のレストランの経営者時代のものでした。
この音声は、経営者として、当時の社員やフランチャイズの経営者の皆様との打ち合わせや会議などの音声でした。

当時の佐藤康行が、どれほど今の役割を意識していたのかは、研究員にはまったくもって不明ですが、しかし、聞いてみると、まさにその時からすでに、来るべき役割のために生きていたことがはっきりわかります。

その時から「あなたの言うとおり」に、佐藤康行は生かされていることが明確にわかります。

 

そもそも佐藤康行はそのように生まれ、そのように生きてきた。

そうとしか思えない。
その証拠のように、古い音声は存在していると、研究員は捉えています。

 

古い音声の中には、2泊3日で、自身の幼少時のこと。
営業時代のこと。
そして、経営者としてのこと。
全てを捨てて、真我一本で生きる決意をした、佐藤康行の人生の全ての軌跡を、2泊3日でじっくりと話している音声もあリました。

そして、そのどの出来事においても、それが些細な出来事だと思う出来事であったとしても、その全てが、今の佐藤康行としての仕事をしていく上で、重要な出来事であったことが本当によくわかります。

 

日々、進化し続ける佐藤康行。
そこから観ると、例えそれが幼少時のささいな出来事かのように見えることであったとしても、全く意味が違ってきているのです。

それは、佐藤康行の今日のために、必要なことであったと、そのように研究員には思えるのです。

 

いずれの時にか、佐藤康行の自伝が刊行されるときが来るやも知れません。
しかし、その自伝は、今、生きている人類の叡智を集約し、どんな仕事よりも未来の人に引き継ぐ、最も重要な重要な「最も重要な仕事」であろうことは、明白なことなのです。



ナスペックバナー
ナスペック電話

ここ数日、立て続けていろいろな方からご相談のお電話を頂きました。

「こんなことが起きて、自分は苦しい」とか、「仕事上でこんなトラブルが起きた」とか、「人間関係でこんな誤解を受けた」とか・・・。
内容は様々なのですが、よくよく聞いていると、全部、神様がその人を通して、研究員に何かを伝えようとしてくれているとしか思えない話ばかりでした。

 

佐藤康行は「教えは足元にある」といいます。

神様がいろいろな人の体験を通して、研究員に大切な事を伝えてくれていました。
目が覚める思いでした。
悩みやら、ご相談やらを頂いた方がたに、思わず、合掌したくなるほどの感謝でした。

 

ここ最近の私のテーマである
「良かれと思ってやっていたことが、実は相手にとって良かれでは無かった」
「三日月を認めようとするのではなく、あくまでも相手は、もともと満月そのものという前提なのだ」

この部分がわかっているようで、全くわかっていなかった研究員です。

 

このブログでも何度も書きましたが、研究員はかつてある新興宗教を熱心に信じていたことがありました。
そして、佐藤康行に出会っても、宗教での癖である「教えのとおり生きる」というところから抜け出せていませんでした。

そんな時、佐藤康行のことばである
「ここには教えはありません。教えがあるとしたら、それはあなたの足元に教えがあります」という言葉に、衝撃を覚えました。

「教え」は天なる神様の下にあるのではなく、自分の足元にある・・・!!
当時の研究員は、その言葉にビックリしました。

 

先日も、宗教をされていた、ある方からお話を伺っている時に、
「研究員さんは、佐藤先生と教祖との違いは何だと思っていらっしゃるのですか?」と、質問されました。

「真逆です」とお答えし、その説明をしていた時に、話しながら、自分自身気づいたことがたくさんありました。

 

「教えは足元に」と、そう言ってくれた佐藤康行に!
そして、何もわかっていない研究員に、神様からのプレゼントとして、縁ある人を通してたくさんの言葉を頂けたこと
感謝しかありません。



ナスペックバナー
ナスペック電話