昨夜は、佐藤康行の真我真理研究会が開催されました。
全国で200名以上の方がご覧頂いているとの事。
このブログをお読みの皆様も、きっと昨夜の佐藤康行を覧頂いたことでしょう。

昨夜の「癌」とフイルムとスクリーンの図は、癌がいかに心の密接に関係しているのかが、一目で良くわかる図でしたよね。
あの図を観ていると、まさに癌とうつは本当に関係があることがわかります。

今、まさに癌は二人にひとりがかかる病です。そして、その三人に一人が亡くなっていると言われています。

また、うつの患者数も、厚生労働省の発表によると、世界で3億人以上はいるといわれ、うつから自殺する人は年間80万人いて、国際的な問題になっていると発表されています。

 

しかし、あの佐藤康行の昨夜の図を観れば、たった一つ。
「本当の素晴らしい自分に出会う」ことで、うつも癌も同時に消えるという意味の原理が良くわかります。

まさに、その真実を多くの苦しんでいる方にお伝えし、人類がその苦しみから脱却する。
そのきっかけの日が、12月1日の講演会の日です。

 

佐藤康行は昨夜も言いました。
「私は、本当は真我を拡げようとか、そんなことを考えているのではないのです。
ただ、神様の言う通りにやっているのです」

「ずーーと、ただひとつ
真我、そのひとつをやっているのです

真我だけで、病も治り、人間関係も、仕事も、お金も・・・・
あらゆることが解決していく。

一切ぶれる事のない佐藤康行の言葉に触れていると、自分の意識も一点に集中し、行くべき道が見えてきます。
そして、魂の奥からジーーンと暖かいものが溢れでてきます。

 

余談になりますが、昨夜、佐藤康行が言ってましたが、佐藤康行のセミナーの最中に、ブログのアクセス数が急に上がるという話。
この研究所日記もそれにもれる事なく、なぜか、佐藤康行のセミナーの時のブログのアクセス数が、毎回、急激にビュンと伸びています。

毎回、不思議だとは思っていましたが、ブログを書く多くの方も同じ体験をしているとのこと。
こうした目に見えない何かが、大きく動いているのだと、実感します。

この目に見えない大いなるものが、佐藤康行と出会わせてくれた必然に、昨夜も感動しきりでした。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20181030:真我真理研究会①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行は「人間には、右脳でもなく左脳でもない、まだ開発されていない『真我脳』がある」といいます。
その真我脳を開発していく事で、全く違う捉え方が出来ます。

 

真我脳で物事を捉える
その究極のひとつに「「ピッとしたらパッとなる」という、佐藤康行が私たちに見せてくれているものがあります。

 

先日、そのことについて、佐藤康行はこのように説明してくれました。

「例えば、宝石があるとするでしょ。
その宝石は、誰も価値がわからなければ、ただの石ころです。

価値がわからなければ、捨ててしまうこともあります。

でも、誰よりも宝石に見利きのある人が、その石ころを見て『これはとても凄く良い宝石です。100万円はします。』
といえば、その場から100万円の価値の宝石になるでしょ。」

 

「ピカソの絵があるでしょ。
あの絵は、ある意味、ただの落書きの絵だと、そう観る人もいるでしょ。

でも、あの絵に何億という価値をつけたら、あの絵は誰が見ても何億の絵になるでしょ」

 

佐藤康行のたとえでは凄い!
絶対、意味がわからないと思っていたことが、おぼろげながら観えてくる

ピッと真実である真我を観た時に、そこに真我が本来の姿の真我が顕れる、という事なのだろうと、研究員は解釈しました。

だから
佐藤康行が数字を観ていると、その数字の愛を観ているからグングン数字が上がっていく。
佐藤康行が癌を見れば、その癌の奥の本質である、真我の愛が顕れてくるから、結果癌が消えていく。

本当の目利きの人が観たら、そのようになる。

 

凄いなぁーーー!!!
これって、とてつもない凄い!!!!

まさに神の御業!!

神は人類を創り、世界を創ったなどと、聖書や神話などにも書かれていますが、まさに、この事だったんだ!!

研究員はその凄さに、仰天しているのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1086:人類全体のこと」
真我を開発する

真我に目覚める
これは
単なる個人的な問題を解決するだけじゃない
人類全体のことなのだ

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

一昨日の佐藤康行のセミナーの中で、こんな話が出ました。

それほど遠くない将来、佐藤康行が何もしなくて、ただそこにいるだけで、勝手に真我が拓いていく時代が来るのではないか?
そんな話です。

佐藤康行は「そんなに遠くない将来、そうなると、私はみています」と、そう言いました。

「そうなったら、もう人数は関係なくなるね。何人でも、東京ドームいっぱいの人でも、一斉に一瞬に真我を拓ことが、出来るね」

 

佐藤康行の一昨日のセミナーを受講していると、すでにそんな日を感じる事が出来ます。
あの引き出しのエネルギーの強烈さ。
そして、佐藤康行の前にいるだけで、深い奥から引き出さされるあの感覚。

あの人知を超えた、あのエネルギーは、ただ事ではなかったからです。

 

一昨日のセミナーを思い出すと、確かに、開始早々、Ⅰ時間もかからなくても、すでに意識がぐーーと上がっていました。
佐藤康行と同じ空間にいるだけで、そうなっていました。

以前、佐藤康行は「いあずれ、私とすれ違うだけで真我が拓く時代がやってくる」とそう言いました。

本当にそんな日がもう目の前です。

 

佐藤康行のセミナーの時間がどんどん短くなってきています。

30年前は、3日だったセミナーが、2日に。
そして、2日が1日に。

一昨日の佐藤康行を見ていると、もう、3時間くらいでも十分ではないかと、本当にそう思えました。

 

人類始まっていらいの、人類が一番望んでいたいたことが、歴史上なかったことが起きる。

もう目の前だ。

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1085:あなたの変化が全世界を変える」
あなたは
自分の問題で
自分の人生を懸けて
私の前にきた

あなたの変化が
全世界を救

つづきはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行の1dayセミナー「男と女、仕事も自分経営で決まる」は本当に凄かった!!

 

午前中の新しい瞑想で、一気に意識が急上昇!!
それだけですでにフラフラでした。

そして、午後から新しいやり方での引き出し。

その前に、意識をグングン上げていくワークのオンパレード!!

 

佐藤康行は「真我は無限です」という言葉の通り、今だ見たことのないところまで上がっていきました。

本当に無限でした!!!

 

この新しいやり方での引き出しは、とてつもなかったです。

佐藤康行の前に行くと、いきなり、わからないほどの深い部分から「ひぃーーーぃーーぃ!」と引き出されます。
泣きながら、自分に今、何が起きているのか、わけがわからなくなりました。

 

もう、凄かった!本当に凄かった!!としか、表現の仕様もなく、きちんとした説明が不可能状態です。

でも、今の佐藤康行がいかほどのものであるのか、ご想像はつくことだと思います。

 

本当にどこまで行くのだろう・・・・。
どこまでいけるのだろう・・・・・。

すでに、想像を遥かに遥かに超えているように感じました。

 

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1084:あなたが私に向かう姿勢」

あなたが私に向かう姿勢が大切です
あなたが、自ら向かってこなければ
私は手を触ることもできない

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

今日は、待ちに待った佐藤康行のセミナー「男と女、仕事も自分経営で決まる」が開催されます。

タイトルも凄い!
「自分経営」
ひきつけられます!

また、今日は新しい瞑想も発表されるとか・・・!!
まさにワクワクのるつぼです。

 

さて、ある意味、佐藤康行が一番、何度も話す話とは、何だと思われますか?
それは「橋渡しの意味」だと研究員は思っています。

橋渡しの重要性は、何度も何度も佐藤康行から聞きます。
橋渡しはセミナーで、グーーンと上がった意識を、次に継続してつなげていく命綱です。

 

ちなみに、今回ほど、橋渡しの威力を実感したことはありませんでした。

橋渡しは、橋渡したその時からすでにセミナーが始まっているといいますが、まさに、その通りでした。

前回の佐藤康行のセミナーから、今日に至るまで、まさにセミナーで大きく意識を上げるためのようなことが次から次へ起きてきました。

自分にも!
家族にも!
そして、回りの友人にも!

まるで、世界中が橋渡されていると思えるほど、たくさんのことがありました。

 

しかし、橋渡しをしておくと、そんな怒涛のような出来事の連続でも、大きくぶれずにいることが出来ます。

それはまるで、激流の川の中に、絶対に抜けない一本の杭につかまっているかのごとくです。

今さらながらですが、なぜ何度も何度も、長年にわたり佐藤康行が橋渡しの話をするのか、芯からわかってきた気がします。

今回ほど、「橋渡ししておいて良かった!!」と、思ったことはありませんでした。

 

さて、今日はどんなことになるのか・・・!
本当に楽しみな一日です。

今日の様子は、明日の朝には、皆様にご報告させていただきます。
では、明日!!!

 

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1083:最大の味方」
最悪を最大の味方にできれば
全てのものを
味方にできる

本当は
最大のあなたの味方でもある

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

もし、佐藤康行に出会っていなければ、絶対やっていなかったであろうこと。
その最も大きなものに、母を看取るということがあります。

数年前、数ヶ月ではありましたが、倒れて、動く事も食べる事も話すことも出来なくなった母を、自宅で24時間介護をするという経験をしました。

病院へ入れるという選択肢もありましたが、いつも「家で死にたい」と言っていた母の気持ちを一番に、母と自宅での二人の生活を体験しました。

息子が介護の仕事をしていた事もあり、入院中から母の様子をビデオに収めていました。
そして、そのビデオの最後は、母の臨終です。
母と私の会話が、ビデオの最後に収められています。

 

それから、7年ほどたちます。
今、そのビデオが少しづつですが、人の役に立っています。

介護を目指す人。
看護を目指す人。
そんな人に、息子が看取りの授業をする時、亡き母が、そうした皆さんの役にたっているようです。

まるで、亡き母が、息子を助けてくれているように感じます。
そして、死んでも死んでいない、母の永遠のいのちを感じます。

 

佐藤康行が15年前に倒れた時、こんなことを言ったと聞いたことがあります。
「私が肉体人生を終えても、私の本や音声や私のワーク、これがあれば世界は変わる」

 

しかし今や、佐藤康行は、肉体を持って、本当に世界を変えています。

今だかつて、人類が見たことの無い世界をみせてもらっている!!
世界を変える佐藤康行の姿を、リアルに観ることが出来る!!

私たちは、このとてつもない奇跡のときを、佐藤康行と共に、生きている!!

 

今、肉体を持った佐藤康行がやったこと全て全てが未来の人類に遺っていきます。
そして、我々人類の子々孫々が、永遠のいのちの佐藤康行に会う事が出来ます。

そんな事を考えていると、遥かなる無限の宇宙を感じます。
そして、佐藤康行と縁をもてた、我が身の強運に感謝でいっぱいになります。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「どうしたら人生を好転させることが出来るのでしょうか」
(質問)
私は現在、無職です。
現在、病気で、家族とは離婚しています。
私はどのようにして生きていけばいいのか、わからなくなりました。
人生を好転させられるようにするには、どうすればいいのでしょうか?

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1082:真我脳」
人間の脳には
左脳と右脳がある
さらには
神から授かった脳の
真我脳がある

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨夜、ある方からご相談のお電話をいただきました。
ここでは、その内容についてはお話は出来ませんが、かなり深刻な内容ではあります。

しかし、お聞きしていると、全く人事ではありません。

その方は、相手の事を思えば思うほど、一生懸命になり、ちょっとした一言が相手の心を閉ざさせてしまったようなのです。

 

相手にとって「良かれ」が裏目に出たのです。

これも自分自身にとっての「アラーム」だと、、ご相談頂いた方には感謝です。

 

佐藤康行は、ニューヨークのセミナーの時、ある方の質問にたいして、とても印象深い言葉を言っていました。

満月前提というのは、三日月のままをそのまま受け入れるという事ではありません。

三日月を受け入れて、それを許すという意味ではありません。」

 

ともすると、満月前提にすることと、三日月をそのまま受け入れようとすることを混同してしまうことがあります。

「ありのままを受け入れる」というのも、三日月をありのままとしているのか、満月をありのままにしているのかでは全く違ってきます。

 

一番顕著なのが、宗教です。

宗教は、三日月で苦しんでいる人に手を差し伸べて、三日月のままを受け入れて、神様から三日月だという事に許しを得ます。
その許す人が、教祖だったりするわけです。

佐藤康行のやっていることは、その真逆です。

だから、100発100中なのです。

 

佐藤康行の真我がとてつもないスピードで、急速に広がっている今だからこそ、佐藤康行のやっている事に焦点を絞る事の大切さを教えられた気がしています。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「スランプです。どう乗り切ったらいいでしょうか」

(質問)
仕事でスランプに落ち込んでいます。
こんなときはどのように乗り切ったらいいのでしょうか?

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

相談などを受けた時の話をしているときのことです。

佐藤康行がこんな事を言いました。
「もうひとつ高い視点で返してみられたら?」

もうひとつ、高い視点・・・????

「相手とかみ合わせないのです。
噛み合わなくていいのです」

ますます??????

 

それから、この視点で佐藤康行の質疑応答を観ていると、「なるほど!」という事がたくさんありました。

 

例えばお金がないという悩みなら、どうしたらお金の儲かるかを回答するのが同じ視点の回答です。
来た問題に対して、正面から回答して行く。
「○○してみたら、お金が儲かるのではないですか?」

これは従来の方法です。

 

視点が高い回答とは、そもそもなぜお金が欲しいのか?
その人にとって、お金は人に認められた成果の代替かもしれない。
愛の変形なのかもしれない。

だとしたら、その一番欲しいものをあげる。

相手がもっと活躍できそうな仕事を気付いてもらうようにするとか
実は、認められていないと思っている思い込みを消して、いかに愛されているかに気付いてもらうとか・・・・。

そうした時に、お金の問題は消えているという感じです。

 

佐藤康行の質疑応答は、まさにこの高い視点がとてつもなく凄い!!!

だから、一見、会話が噛み合って無い様に見えても、質問者はわかってもらえた感でとても満たされるのです。
「佐藤学長にはわかってもらえる」と。

だって、自分の深いところで一番欲しいものを与えてくれる人。そんな人はいないからです。
その人は、実はお金を通して本当に欲しかったものを、充分、得られるからです。

 

ここ数年、毎日、佐藤康行の質疑応答を「目覚めの言葉」として、ナスペックの皆様向けにまとめさせていただいていますが、毎日あまりに凄すぎて、魂が一瞬で目覚める思いです。

佐藤康行が会話をするだけで、癌もうつもあらゆる悩みが消えていく。

それは最高に高い視点で(満月)で、佐藤康行が会話をしているからに他ならないと、研究員は毎日その凄さに、何年、やってきても「飽きる」ということが全く無いのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「壁にぶち当たりました」

(質問)
仕事でも、人間関係でも壁にぶち当たってしまいました。
今まで、忙しく、それなりに順調にやってきたのですが、なぜか、全てが壁にぶちあたって、どうにもなりません。
私はどうしたら良いのでしょうか

 

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

しばらく前の事です。

知らない間に、相手を三日月に見てしまうことに悩んでいた時のことです。
知らない間に、心の中で、人を責めてしまう我が心に悩んでいた時です。

 

佐藤康行が、そんなときにこういいました。

「どんな人も私だと思えばいい」
「誰を見ても佐藤康行だと思ったらどうですか?」

「私の事は認めてくれているんですよね」
「だったら、いかなる人も私、佐藤康行だと思われたらいかがでしょうか」

 

それから数年。
この佐藤康行の言葉が、耳にしっかり残っています。

 

全ての人を佐藤康行だと思う。

一番、尊敬し敬愛し
一番、恩があり、
一番、凄いと思い、
神そのものだと思っている

会う人全てを、その佐藤康行だとみる。
自分にとって、どうであろうが、いかなる人も佐藤康行だと心からそうみえるようになる。

少なくても、世界でただひとり、佐藤康行に関してはそう見えている。
だとしたら、そう観る能力が自分にはある。
それは確かなのだ。

世界中の人を、佐藤康行そのものだとみえる
そうみえたのなら、この世界は一変する。

 

いつもいつも、この佐藤康行の言葉が耳から離れたことはありません。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1079:受け取るほうの問題」

受け取る方が小さいと
「効果はなかった」とか
「みんながこんなに変わってるのに
私はこんだけしか変わらなかった」となる

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話