先日、スカイプセミナーが行われました。

「世界へ! ~佐藤康行のスカイプセミナー~」(←クリック)
佐藤康行のスカイプ講座、北から南へ全国を駆け巡る!(←クリック)

 

スカイプセミナーの時の佐藤康行は、また違うスイッチが入るようで、とんでもない世界が展開されます。
舞台裏でその様子を見ていて、本当に実感した事。

それは、佐藤康行の観てる視点と自分が観ている視点の違いです。
ある意味、佐藤康行の事がほとんど見えていないと言っても良い位です。

アリが象を見ているくらい、実は佐藤康行のほんの一部を見て、全てだと思っていたという事を思い知らされたのでした

 

それこそ、昔からのことわざにある話に近い話なのです。
象の耳を見て「これが佐藤康行だ。佐藤康行のやっていることだ」と思い、 象の尻尾を見た人は「これが佐藤康行だ。佐藤康行のやっていることだ」という。
そんな風に感じたのです。

 

人数分だけ佐藤康行がいる。
それぞれの視点。
それぞれの佐藤康行が人数分だけいるのだ。

ということは、それほど佐藤康行のやっていることの本質が見えていないともいえる。

だからこそ、さらに佐藤康行に焦点をあて、さらに踏み込んでいくしかない。
そう思う、研究員です。

 

そして、日に日に急激にいろいろな事が激変してくる。
「真我」の無限が、現象化している。
世界に、自分の回りに、自分の心の中に、いろいろな事が起きてくる。

だからこそ、現象に振り回されうことなく、今こそ「中心帰一」していきたいと思う研究員です。

 

今週末、佐藤康行の「光の世界」が開催されます。
今の佐藤康行の「光の世界」を受講したら、どうなるんだろう・・・!?

想像がつかないほど、凄い事になることはわかる。

今からワクワクが止まらない。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「講座の意味と自宅でワークをやる意味の違いとは?」

(質問)
講座を受講することと、自宅でひとりでワークや内観光受などをやる事の違いを教えて下さい

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨夜は飛神覚醒会5月度の開催がされました。

佐藤康行のエネルギー。
もう、もう、もう、、、、!!!
凄かったですね。

全国でもLIVE中継でご覧になった方もたくさんいらした事と思いますが、画面越しでもきっと佐藤康行の進化の凄さを実感されたのではないでしょうか。

東京会場でも、飛神を受講した皆さんから
「頭がクラクラした」
「涙がとまらない」
「お腹が痛くて、とてもじっとしていられなかった」などという話をたくさんお聞きしました。

それだけ、全体のエネルギーが一挙に変化したのだと思います。

 

さて、昨夜の冒頭はこんな言葉からスタートでした。

「自分というものを分からないで、答えられないで生きていく。答えられた人なんか1人もいないです。
でも、変でしょう? 皆さん。
自分というものを分からないで、答えられないで生きていくなんて。」

「皆さんはいつ出会うんですか? 本当の自分と、真我と。
いつ出会うんですか?
誰が案内してくれるんですか?
どうやって本当の自分に出会ったらいいんですか?
それは何番目に大事なことですか? 私たちが生きていく上で。」

 

そして、佐藤康行から私たちの心の世界の視点についての講話がありました。
久しぶりに聞きましたが、研究員には全く今までと違うように聞こえてきて、とても感動しました。

「知る」「信じる」「観える」という認識の世界
そして、認識できない世界として「無い」「在る」という世界。

みえる世界も「見える」「観える」「神(み)える」
ある世界も「有る」「在る」と、
この全く違う世界についても、明快に本当にわかり易く説明がありました。

実は、この心の世界の視点については、すでに2004年発刊の「神のメッセージ2」「世界の視点①」p46~「世界の視点③」までに詳しく書かれています。
今一度、再読される事をおすすめしたい。
また、新しい世界が開けるかもしれません。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「飛神覚醒会①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

今日は、2年前に、佐藤康行に質問をし、答えてもらったものをリライトして残してあったものをご紹介したい。
これは事務所の中で、佐藤康行にいろいろな事を質問させてもらったものです。

この言葉も大切な皆さんの財産です。
今朝、膨大な資料の中から見つけました。

是非とも、皆さんと共有させていただこうと思います。

==========

全てある。宇宙はあるし、その中で何を現実化しようとしているのか。
世界中が友人なのに、これから1万人友人が作るとか変な話。

命を投げ出すというのは、生きるという事。
雨粒がどれほどの数あったとしても、この場所に落ちた雨粒は一つ

それが「選ばれたるもの」
土が雨を選び、雨も土を選んだ。

今回集まった人は、佐藤康行のもとに集まってきた。

痛い思いをして初めてわかる人もいる。
親の元にいて、わからないこともある。

全て一貫して、一つのことしか言っていない。

全部同じ。
さかだちのひとと、まっすぐ見ている人とは、何を見ても同じにはみえなくて話がかみ合わない。

わかろうとするのは、わからないと言う証拠
わかろうとするのが思考の空間。

その人の考えなどわからなくてもいい。
だって、決まっているから。

真我以外はくるくる変わる
もうそろっている。ぜんぶそろっているのだ。

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「このままで完璧」

全てこのままで完璧
ということなのだ
「このように変わってくれ」とか
「このように変化してくれ」とか
「これを目標にしてくれ」というのはない
そのままの状態で
これでよかったのだ

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

先日、「YSダイヤリー」のブログで、佐藤康行研究所の2014年のブログのご紹介をしていただきました。
かなり反響があったと、Nさんからご連絡を頂きました。

 

それは、事務所が新宿から八重洲へ移転してきた時、スタッフの会議の席でも、飛神覚醒会の時にも、さかんに佐藤康行が読み上げていた言葉です。

当時、佐藤康行が自身の小さなノートのメモを見ながら、読み上げてくれていた事を思いだします。

今、ここにきて、佐藤康行が切っ先をさらに鋭くしている時期だけに、今一度、佐藤康行研究所ブログにおいても、この言葉をご紹介したいと思います。

=========
1.混ぜない
アウトプットとインプットを混ぜない。
本当のあなたから出てくるものと、どこかで、誰かから教わって、そう思いこんでいるものとは混ぜない事。

2.慢心しない
真我を追求する中で、今までにない出来事が起こってきます。
その黄金の雨を、天に返す事。
自分の手柄にしない事。

3.素直に恥ずかしい所を出す
自分の弱い所をさらけ出す。
「弱い人が強い人」

4.即実行
真我には踏み込みの良さが大切。
両足で踏みこんでいく事。
へっぴり腰でやっていると、危ない。

5.遠心力と求心力
人を集めようとか、ここから離れようとか、そんな作戦の世界ではない。
エネルギーが上がった時に、今までとは違う人が寄ってきたり、親しかった人が離れていったりする事もあるが、それも気にせず、ただただ自分のやるべき事に集中する。

6.サンタのそろばんをはじく
どれだけ、相手が喜んでくれるのか、そこ一点を見て実践する。

7.捨てる哲学
より価値のあるものが出てきた時、握っていたものは自然に手放せる。
無理に手放させようとすると、余計にそれにしがみついてしまうものである事を知る。

8.自分を認める
心は認めたら、認めた分だけ存在してくる。
自分の変化。仕事の実績。家族の変化。
どんな小さな変化も全て認めて、それを大きく膨らませていくことがコツ。

9.ぶれない
「良い事」「悪い事」を分けない。
良い事と思える事は、自信にし、悪い事と思える事は、さらに力がつくと思えばいい。
宇宙には、良い事も悪い事も、もともと無いのだから。

10.誰のおかげで今があるのか
原点は誰なのか?
そこに感謝の心を忘れない。

11.諦めず、さらに追求する
真我は無限。
際限なくさらに良くなっていく。



ナスペックバナー

ナスペック電話

ブログを毎日書き始めてから、すでに5年がたとうとしている。
単純に計算したら、1825回の佐藤康行を書き続けていることになる。

昨日のブログ(←クリック)にも書きましたが、佐藤康行のあまりの神技にショックを受けている研究員です。

昨日のブログに書いた通り
『佐藤康行のやっていることのほんの一端ではありましたが、垣間見ることができ、いかに、研究員がまだまだ佐藤康行の事が、いかにわかっていないかという事を知ることができたのは、本当にありがたいことでした。』というのが、やり続けてきた今の研究員の率直な感想です。

だからこそ、また、今日をゼロにして、佐藤康行の研究を始めようと思うのです。

 

佐藤康行がとてつもないすごいスピードで進化しています。
さらに切っ先が鋭く、一点を突いています。

そして、さらにこの切っ先も鋭くなっていくという事でしょう。

 

その切っ先の佐藤康行から出てきた一言で、夫婦の人生が変わり、親子の人生が変わり、家族全体の人生が変わっていく。

佐藤康行の切っ先の一言で、病が治り、いのちが救われていく。

そんな事が日常的に行われています。
しかし、あまりに一瞬で、ある意味日常的にも見える出来事なので、ほとんどが見逃してしまっている可能性が高いのです。

 

研究員は昨日いろいろ考えてみました。
そして、思ったのです。

今一度、あの30年前に見た夢(←クリック)からスタートしてみよう

とてつもなく尖った山の頂上に、たったひとり下界を見ている老人。
その老人の手には、杖を持たれている。
その老人の姿は、白く長い髭を生やし、白く長い服を着ている。

その老人が手に持った杖を下界の一点に向かって振り下ろした時、瞬時に下界のその世界が一変していた。

 

あれを答えとして研究を進めていこう。
あの老人はまさに神そのもの。

その人が振る杖を答えとしていくのだ。
そのように思った研究員なのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「908:あなたの中の極地の体験」

自分が体験した真我の体験と
他の人が体験した真我の体験とは違う
過去1万人いたとしたら
1万人全員違う

だから、「真我はこうだ」とはいえない

 

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

3日に開催された「世界へ向けてのスカイプ講座」(←クリック)に引き続き、4日には日本4ヶ所を結んでの「スカイプセミナー」が開催されました。

昨日のスカイプセミナーは新しい受講生も多数ご参加いただき、全体で60名ものご参加をいただきました。

 

昨日のスカイプセミナーは一部と二部に分かれて行われていました。

一部は受講生向けのもので、佐藤康行と受講生との徹底した質疑応答でした。
二部は基礎編を開催し、まだ受講されていない方にも多数加わっていただきました。

画面を通して、佐藤康行のエネルギーが炸裂!
まるで異次元の世界を見ているようなセミナーでした。

あらためて、この2日間を通して、佐藤康行という人の偉大さを思い知ることができました。

 

佐藤康行はまだ1%くらいしか力を出していないといいます。
しかし、その佐藤康行の1%くらいしかわかっていなかった研究員であったことを思い知らされました。

その詳しい出来事は、いずれ、このブログでも明らかにしていきたいと思っていますが、
佐藤康行の本当にやっている事は、誰もが気がつかない、人知れずのところにあったのです。

表面に出ているで出来事はほんの数%
実は、その裏にその奥に、佐藤康行がどれほどの思いとエネルギーで向かい合っているかという事を思い知らされる出来事が
この2日間のスカイプセミナーの中で、明らかになってのです。

 

ある意味、研究員は大きなショックを受けています。

佐藤康行の人間技を遥かに遥かに超えた技。
現実に参加している人も、参加していない人も、
そして、何より先祖が一番喜んでいることをやっている。

佐藤康行のやっていることのほんの一端ではありましたが、垣間見ることができ、いかに、研究員がまだまだ佐藤康行の事が、いかにわかっていないかという事を知ることができたのは、本当にありがたいことでした。

佐藤康行のやっていることの本当の意味がわかったら、いかにいかにいかに・・・!!
いかに感動し、感謝し、ひれ伏したくなる出来事なのか・・・・!!!!

佐藤康行がやっていること。
佐藤康行がいかに本物であるかという事。

このことをわかるようにして、世に遺していかなければならないと、改めて心に誓った研究員でした。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180504:スカイプセミナー(日本全国版)①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨日は、世界に受けての「スカイプセミナー」が開催されました。
このセミナーは毎月行われています。

佐藤康行の講話を受け、次から次へと質問が出ます。

昨日は、先月、ニューヨクで未受講生として佐藤康行に質問をされた方が、
すでにニューヨークで「未来内観」を受講され、
そして、昨日は来日されていたので、八重洲の会場にご参加。
生の佐藤康行にお目にかかられて、感動されていらっしゃいました。

 

このスピード!
凄い!!

また、昨日は、日本語が分からない方も参加され、同時通訳方式でもお伝えしました。
ナスペックの方は、今日の音声をお聞きいただくと、同時通訳している感覚がお分かりになる事と思います。

 

佐藤康行はナスペックのセミナーのときは、画面の向こうにいらっしゃる皆さんへ、佐藤康行のエネルギーが思いっきり届くように話をします。
量子物理学的に言うなら、まさにそのエネルギーそのものが画面を通して、海外へ届いるのです。

その証明のように、佐藤康行への質問をされている方の表情が、佐藤康行とやり取りをしている間に、フヮーーと変わっていくのが画面を通してはっきり見えます。

すでに、スカイプであってもなんら遜色無い。
そう実感できます。

 

今日は日本全国へ向けてのスカイプセミナーです。
北海道
仙台
名古屋
福岡
熊本を結んで、スカイプセミナーが行われます。

その模様は、明日のブログでお伝えします。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「スカイプセミナー(海外)①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

さらに、佐藤康行のギアが上がってきている。
それも凄いスピードと、とてつもない勢いで!

佐藤康行のギアが上がってきていることと同時に、自分の回りの変化を実感している人も続出している。

「自分は何も起きてない・・・」と思っている人も、気付いていないだけかも知れない。
あまりに凄い話を聞いているので、自分に起きている出来事は取るに足りないと思っているのかもしれない。

 

先日もある方とお話をしていたら、
「実は私も1千万円、相続したんです。
先祖もズラーーと出てきたのを見たんです」

「えっ?それはぜひ、佐藤学長にご報告されたらいかがですか?」

「私の事なんか、取るに足らないことです。
あえて、佐藤学長に報告するほどの事でもないのです」

えっ!?
1千万ですよ!
とんでもないことが起きているじゃないですか!
思わずそう言った研究員でした。

 

なんと!!
1千万の贈与が「取るに足らない出来事」と思えてしまうほど、佐藤康行の回りに起きる出来事が凄すぎるのだ!

 

あなたの回りに、起きる出来事
それは良いことと思えることも、悪い事と思える出来事だとしても
どちらも最高で完璧な出来事が起きている。

そして、そこからスタートしていく。

 

今こそ、佐藤康行の旗の下に、一気に駆け上がっていく喜びを体験できる、稀有なる時なのだと、研究員は感じている。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「905:認識」

三日月の月を見る
あれは三日月に見えるけど
月は真ん丸なのだ

しかし
真ん丸に見えるのは認識
三日月に見えるのも認識
どっちがより本質に近い認識なのか

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

以前だが、佐藤康行に佐藤康行のエネルギーについて質問をした事があった。

それは、写真に光として写ったり、消えてしまっていたりしている、あの、佐藤康行のエネルギーについてである。

佐藤康行は
「名前はついていないので、とりあえずエネルギーと言っているが、このエネルギーは念のエネルギーとは違う。
念も変えてしまう。
だから、過去は変えられるのです。
過去は念だから。
記憶も念のようなものです」

 

念のエネルギーも目には見えない。
人間が作った電波や電気などのエネルギーも目には見えないものだ。
真我のエネルギーも目には見えないものだ。

佐藤康行が写真に写っているものは光だったり、真っ白だったりしている。
それについてもこのように語っている

「透明なものとか、真っ白なものだとかは、例えば、これが色が付いていたら見えなくなる。
そういう感じだと思ってください。

その白いものが動かないのです。
例えば、みんなの動きも、動かないからわかるわけ。
あの人は一生懸命やっているなとか、あの人は遊んでるなとか、動いたらわかんなくなる。

さらに自分の好みとか入れたらわからなくなる。
何んにもない、真っ白だったときにわかるものなのです」

 

佐藤康行の旗の下で、いよいよこれから人類が経験したことのない世界へ突入していくのだ
ある意味、信じられないほどの時代なのだ。
「本当に生まれてきた良かった」としか言えない。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「904:宇宙の実相」

宇宙の実相
これが「本当の愛」というのだ
この宇宙の実相である不変なる愛に目覚めた時
不変なるもの妄想は消えていく

言わんとしてることは一つ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話