昨日は、世界8箇所を結んでの「スカイプ講演会」でした。
テーマは「真我とお金」

お金は世界共通のテーマです。
皆さんから次々と佐藤康行に質問が出ます。

 

毎回そうなのですが、スカイプセミナーでの佐藤康行はまたいつもとはちょっと違っているように見えます。
迫力が違うというか、エネルギーが凄いうというか・・・・。

日本でのセミナーで、一瞬に出る佐藤康行の爆破的な強烈なエネルギーが、ずっと持続している感じなのです。
圧倒されまくりです!!

 

明らかに地球の裏まで届いている。
佐藤康行の側で画面越しに世界の皆さんを見ていると、自分が世界へ飛び立っているような錯覚に囚われます。

明らかに佐藤康行のエネルギーが届いている。
そして、皆さんの意識が、佐藤康行の前に座っているかのごとく、近くに集まっている。

そんな錯覚に囚われてしまいます。

 

その証明のような、驚くべき出来事が起きました。
タイへ行っているNさんに、画面ごしに佐藤康行は言いました。
「はい!手を出して握手しよう」

そう言って、佐藤康行が画面に向かって手を出した途端、画面の向こうで瞬間に咳き込み始めたNさん。
日本で何度も観たあの光景です。

佐藤康行は、こうなることがわかっていたかのごとく、ニッコリして「ね?」というように私たちの方を見ました。

日本で観ていたスタッフは、全員驚愕!!!
目がテンになって、みじろぎもせずに、その光景を観ていました。

あぁ、「やっぱり!!」だった。
佐藤康行のエネルギーは時間も空間も関係ない。
瞬時なのだ。
神自在なのだ。

 

さて、余談ですが、このスカイプセミナーにおいては、佐藤康行のあまりのエネルギーに、今までも何度も、信じられないような機械の不具合が出ました。

昨日も佐藤康行のエネルギーの凄さに、研究員のボイスレコーダーの音声が忽然と消えてしまっていました。

「そんなバカな・・・!!」
確かにスイッチを押して確認した時には、ボイスレコーダーは正常に録音の動きをしていたはずなのに。
なぜか消えている・・・・!

あぁぁぁ・・・・。

しかしまぁ、あのエネルギーの前においては、いたし方が無いことなのだと研究員は観念しています。
早速、他で音声を撮っていたスタッフから、音声を送ってもらいました。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1006:「自分」という邪魔者がいらなくなった」

私は魂の臨死体験をした
全て意識がぶっ飛んでしまった
ゆえに
「自分」という邪魔者がいらなくなった

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行はいつも自分自身の「神の無限」を感じているように見えます。
そして、その「神の無限」を毎日のように、「進化」という形で私たちにもみせてくれています。

だから、佐藤康行は自身の事をこのように表現します。

「私はなぜか、自分の中にとてつもない無限を感じるのです」
「まだまだ1割も力が出せていない感じです」
「私の力はこんなものではない」

 

今や、一瞬、一瞬進化し続けている佐藤康行はさらにはこんな言葉を言った事もあります。
「進化すればするほど、相対的に観れば、さらにこんなものではないと思える」

 

それほど、神の無限とは、果てのない宇宙そのものであり、想像を超えたものなのだ。
そう感じる事ができるのも、佐藤康行の「進化」と「言葉」のおかげだ。

 

この佐藤康行の姿勢こそ、最も謙虚な姿勢であると、佐藤康行の言魂を観て、改めて実感しています。

宇宙を見上げて
「宇宙はこんなもんだ」と・・・・
自分の知っていることを宇宙にしたら
それは本当の宇宙ではなくなる

「まだまだそんなもんじゃないということがわかってきました」

そのように
謙虚な姿勢であることだ

 

本当の謙虚さとは、「いやいや、わたしなんて・・・」とやる事ではなく、
自分の無限を認め、まだまだこんなもんじゃないとやる事なのだと改めて実感。

 

ちなみに、佐藤康行は、洋服などを褒められると、このように答えている事を耳にします。
「佐藤学長、素敵なお洋服ですね。」
「そうお?似合ってる?ありがとう」

決して「いやいや・・・」とやらないところが、チャーミングだと常々研究員は思っているのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1005:私の場合は、焦点を合わす相手がいない」

皆さんは私に焦点を合わせればいい
でも私には
そういう人物がいない

北斗星がない海を、航海をする船のようなものなのだ

しかし
これが私の才能なのかもしれない

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

「今、世の中でこんなものが売れています」と、佐藤康行に言うと、間髪入れずに瞬時にその何倍ものものが出てきます。

「こんなものがあったら、本当に助かるのですが・・・・」と、佐藤康行に言うと、間髪入れずに瞬時に欲しかったもののその何倍ものものが出てきます。

昨日も、佐藤康行とスタッフとで、そんな話で大盛り上がりをしていました。

 

佐藤康行からは、瞬時にとてつもないのが出てきます。
我々の想像のはるかに越えた何倍ものものが、瞬時に出てきます。

それは、人間が思う「アイデアが出てきた」とか「インスピレーションが降りてきた」というものとは、ちょっと種類の違うもののような感じがします。

佐藤康行から出てくるものは、もっと、現実的で形のあるものとして出てきます。

まるで空中からスッツ!と、物が出てくるような感じです。
そして、それはすぐにも役立つものです。

量子力学的に言えば、この世にある物質はある種のエネルギーの集合体なのでしょうが、佐藤康行から生み出されるものは、すべてが真我の愛のエネルギー体です。

 

まさに神の技
神の領域
神自在の世界

 

願わくば、この佐藤康行が空中からスッとだしてきたものを、現実世界で即効に形に出来る人がいて、さらには、佐藤康行から出てくる真我の愛のエネルギーを研究し、それを明確に誰にでもわかるように知らしめる人がいたら、人類の発展はいかほどのものだろうかと、研究員は切実に思っています。

 

佐藤康行という人が人間として生きているこの千載一遇のチャンスの時、この時にしかできないことがあります。

それは、佐藤康行から碎啄同時に出てくるものを形にし、研究し、誰でもが出来るように標準化する。

これこそ、佐藤康行と出会い縁を持たせてもらった人類の一番大切な仕事であろうと、そのように切実に思う研究員でもあります。



ナスペックバナー

ナスペック電話

今日は研究員にとって、ひとつの新しい世界が開けたような気がした一日でした。

佐藤康行の「神自在の世界」
まだまだまだまだ・・・・
まだまだこんなものではない。

とてつもない佐藤康行の「神自在の世界」の無限を垣間見た気がしました。

 

佐藤康行は「自分の力を1%くらいしか、まだ出せていない」といいます。
そして、日々新しい進化と佐藤康行自身の無限を楽しんでいるように見えます。

 

人間知ではどうにも出来ないもの。
真我でしか解決できないもの。

そして、過去の人類がずっと成したくても成しえなかった事
それを、30年以上に渡り、真我一本で証明し続けている佐藤康行。

 

昨日は、佐藤康行と研究員の息子との面談
そして「光の橋渡し」セミナー
そして「飛神」

これらを通して、明らかに時間と空間を遥かに超えたスピードの中で、佐藤康行が日々を過ごしているのだという事を垣間見た様な気がしました。

 

人知を超えたものが人間なのだ。
佐藤康行を見ていると、そう思えてくる。

 

宇宙人である私たちに、佐藤康行はその証明のために来てくれたのか・・・!?
遥かなどこかから、時間空間全てを超えて、来てくれたのか・・・・!?

まだまだまだまだ・・・
わからないことだらけだ。

 

しかし、佐藤康行とこうして生きていく事で、みえてくる世界がある。

この世界の不思議さ。
まだ観ぬまだ誰も知らない世界を観る喜び。

これに勝るものはない。

昨日はづくづくそれを感じる一日でした。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180807光の空間橋渡し①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行には、不思議な深い魅力があります。
それは、人間的でもあり、人間を遥かに超えたものでもあり、優しさと強さが同居しています。
その不思議な魅力には、老若男女どんな人も、一瞬で虜になってしまいます。

特に、統合失調症などの方は、家族にもわかってもらえないと苦しんでいればいるほど
「佐藤学長だけは、わかってくれる」
「佐藤学長しかわかってもらえないだろう」
そう思われる場面を何度も見ます。

 

さて、そんな佐藤康行の「仏の顔」と「仁王の顔」を観ることがあります。
そのどちらにも愛を感じるのですが、さらに強烈に愛を感じるのは「仁王の顔」の時です。

スタッフなどは、仕事上で佐藤康行に厳しく言われると「きついな・・・」と思うと同時に「愛されている・・・・」と感じる人も多いようです。
佐藤康行から厳しい指摘を受けると「厳しい・・」といいながら、とてつもなく嬉しそうな顔をしています。

 

佐藤康行が仁王の顔になるときはどんな時なのか!?

以前、佐藤康行はこんな表現をしました。
「自分が崖から落ちそうになっていのに、目の前のコーヒーが服こぼれたことをやっている」

今、崖から落ちそうになっていたら、目の前のコーヒーで服が汚れたどころの騒ぎじゃないのに、崖から落ちそうになっている事に気付かないでいると、コーヒーがこぼれて服が汚れた事に大騒ぎをしている。

佐藤康行は「崖に落ちるよ、危ないよ」と言っているのに、コーヒーで汚れた服の事ばかり気にしている人は、話が噛み合わないのだ。

そんな時、佐藤康行はパッと力強く手を引いたり、パシッとほほをぶったりして目覚めさせてくれたりします。
それが「仁王の顔」の言葉の時です。

 

そのことが、どれ程有難い事なのか!
どれ程有難かった事なのか!

佐藤康行の「仁王の顔」の愛は、時がたてばたつほど、その深さが身に染みてきます。
その愛の無限は永遠に胸に刻まれます。

 

佐藤康行にパシッと頬を打ってもらえるような「仁王の顔」の佐藤康行を経験されている時、その方は本当に幸せ者だと思う研究員です。

先日もあるセミナーで、そんな出来事がありましたが、研究員はその時の佐藤康行の深い深い「仁王の愛」に圧倒され、その強さに、今なお、魂動でしびれ続けています。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「自分の偽我を消滅させるための方法を教えて下さい」

(質問)
徹底真我で生きているつもりですが、朝目覚めた時にはいろんな考えが起こり、自分の心を占める偽我の大きさに圧倒されます。
一日中「真我の実践」を唱えたいと思っても、困難さを感じることもあります。
何とか徹底真我でいきたいと思っていますが、偽我をいつもなくし、偽我を消滅させるためのアドバイスをお願いいたします

 

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

ついに出ました!!
時間と次元を同時に管理するという、とてつもないノートです。

「今日は、佐藤康行の編み出した、時間と次元を同時に管理していくことをやろうと思います。

皆さんが両方管理してちゃんと的確に物事ができたら、恐ろしいぐらいうまくいきます。とんでもないことになります。その一番急所を、を、とことんやっていこうと思います。

この講義は今日が初めてですので、皆さん分からないことがあったらすぐメモをして、必ず私に質問してください。

まず、結論からお見せします。
時間次元管理ノートを配ってください。」

 

セミナー始まってすぐに全員に配っていただきました。
「時間・次元管理ノート」

ペラペラ・・・とページをめくってみると、何だか「凄そうだ・・・・」
そう思いました。

 

実際にそのノートを使ってのワークをやりました!
やっているだけで意識がどんどん上がっていきます。

意識をあげながら、何をやっていけばいいのか明確になりました。
後は実際に今日からやるだけ!!

 

これはとてつもない事になりそうです。

自分の人生という時間も
自分の意識という次元も
自分で意識的に管理できる!!

これはとてつもない大発明です!!!

 

これを使いこなせるようになったら、これだけで思ったとおり成果が出ます。

まさに黄金の谷を自分の意思で、広く深くすることが出来、そうすれば勝手にザァーーーーと入ってきます。
誰でも黄金の谷にザァーーーと入れることが出来るようになります。

また、今まで入ってきた人も、さらにもっともっとザーーーと入れることが出来ます。

 

研究員は、昨日の午前中は頭が真っ白!!
脳がフリーズ状態というか、グルグル回りすぎて脳に何が起きているのかわかりませんでした。

午後からは実際にワークをやりながら少しづつ「そうか。。。そうか。。。。」という感じ。

 

今朝になって、このノートの凄さに驚愕!!
これは凄い!!!!!

絶対にやる!
絶対に行動してやってみる!!!

このノートの通りにやったら、必ず自分の意志で黄金の谷がザァーーーだという事が明確に見えたからです。

 

追伸:
この「時間次元ノート」及び、昨日のセミナーについてのお問い合わせは、YSコンサルタントまでご連絡してください。

一日も早く、このノートの凄さを皆様に体験していただきたい!!

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180805黄金の谷の法則 行動編」

NASPCのバナーからお聞き下さい

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「1001:元に戻る意思」

私は何もしていない
何かをしようとしたら
いけないのだ
何もしない

ただそこに
意思を合わせればいいだけ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

今日はYSコンサルタント主催「佐藤康行の「黄金の谷の法則・行動編」が開催されます。
今までにない全く新しい佐藤康行に出会い、全く新しい自分との出会いが待っていると思うと、今朝からワクワク・・・!
本当に楽しみです。

 

さて、今日のナスペックの「最新講話の音声」の話をしたいと思います。
今から18年前、佐藤康行49歳の時の音声です。

佐藤康行が倒れる前の音声であり、初めて2日間の営業向けのセミナー「やり直しの営業」というセミナーを行った時の音声です。

(佐藤康行の「神のメッセージ」の表紙の流れ星の写真を撮られた方の、その後の状況なども出てきます。)

 

今日の音声の中で、佐藤康行は「打出の小槌人間になる」という話をしています。
振れば振るほど、宝が出てくるという話です。

と、同時に「真我が足を引っ張る」という話もしています。
それは、真我を拓き、本当の自分に出会ったのに、ドロボーのままの罪悪感を残したまま仕事をしていると、真我が足を引っ張るような出来事が起きるという話です。

今聞くと、当時はいかに佐藤康行が丁寧にわかり易く理解しやすく話しているのかが良くわかります。
この丁寧さ、わかりやすさ・・・・。

この丁寧さと通訳の中に、人類に対する深い愛を感じ、感動をしてしまいます。

 

真我を拓いたら、いかに「行動」をすることが大切なことなのか。
行動の大切さも力説しています。

 

18年前から全く一貫しています。

最新の佐藤康行に会うことと、過去の佐藤康行に会うこと。
これを同時に行う事でおのずと見えてくるもの。

それは佐藤康行の一貫性と進化。
佐藤康行の無限。

まさに、佐藤康行の価値の無限!

 

今日のセミナーである「黄金の谷の法則・行動編」
これを今受講することはきっと大きな大きな意味があると確信しています。

今日のセミナーの様子は、明日のブログで皆様にご報告させていただきたいと思っています。
何が起きるのか・・・!?

是非楽しみにしていて下さい。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20001212:やり直しの営業⑫」

NASPCのバナーからお聞き下さい

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「仕事にやる気を出す方法とは?」

(質問)
仕事のやる気を出す方法を教えてください。

佐藤康行の答えはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行は一貫して変わらない。
一瞬でもずれたことはない。

30年間のあらゆる音声。
そして、10年近く追っかけをしながら見てきたありとあらゆる事実。

もう疑いようもない。
ほんの一部も、疑うものは何一つない。

本当に存在しているのだ。
本当にこういう人が、人間として存在しているのだ。

 

だから、起きる出来事の全ては、受け取る側の捉え方だと研究員は思っています。

思ったとおりに行こうが行くまいが、
全てそれは、100%受け取る側の捉え方にあると思っています。

 

研究員が出来る事。
それは、ただただ、佐藤康行に焦点をあわせること。
焦点を合わせていたら、おのずと今の自分に気がつけるし、
焦点をあわせたら、本当の自分にも気付ける。

ずれたりぶれたりしているかどうかは、佐藤康行に焦点をあわせることで、おのずと明確になります。

佐藤康行に焦点を合わせる事で、あらゆることが浮き上がり消えていきます。
それは、個人にもおきますが、社会にも起きてきます。

 

佐藤康行という人がどのような人であるかという事。
佐藤康行という人と縁があるという事は、どういうことかという事。

この価値を知ることこそ、自分といういのちの価値を知ることだと、
今朝の研究員の頭のなかでは、そんな言葉が湧き上がり続けています。

 

そんな思いで、今朝、パソコンを開けたら、観た事もないページが出てきて、そして消えた。

「その通りだよ」と、そう答えを頂いた気がしています。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「999:元に戻ろうとする働き」

この宇宙は
全て自然法爾

人間の意図は
どこまでいっても空回り
それは

鏡のように自分に戻ってくる

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨夜は佐藤康行のセミナー「世界一発想法」が開催されました。

2時間の間でしたが、たっぷり佐藤康行のエネルギーを受け、この暑さもぶっ飛んでしまったような感覚になりました。

 

さて、この「世界一発想法」三度目の開催となります。

世界一発想法(5月26日開催)←クリック
世界地発想法(7月8日開催)←クリック

 

昨夜は、LIVEも含めると、本当に多くの方のご参加でした。
みなさんにとって、それほど興味あるものが「世界一の発想法」なのでしょう。

 

この発想法は
「世界一の発想」からスタートするという、世界のどこにもない驚きの発想法です。

その、どこにもない発想法を、佐藤康行は昨夜ひとつの図に示してくれました。

これは、教育も、政治も、ビシネスも、医療も・・・・・
そして、過去も今も未来も・・!
ありとあらゆるものが、この世界一発想法でとてつもないことが起きるのです。

 

かの松下幸之助が
「成功するのに何が一番大切か?」と聞かれ
「運です」といったという話がありますが、その「運」とは何なのか?

「運」という見えないエネルギーを意識的に起こせるという、神業なのです。

 

何人かの体験談が発表されましたが、とにかく皆さんとてつもないことを体験されています。
まさに、世界一のとてつもない事です。

この発想法を身につける事で、誰でもが意識的に出来るようになる、とてつもない夢のようなとてつもなく凄い、昨夜の佐藤康行のセミナーでした。

 

(昨夜、ご参加できなかった方も、ご安心下さい。
YSコンサルタントにご連絡されれば、お聞きになれる方法を教えてくれます。)

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20180802世界一発想法」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話