「この世の全てがわかったった」という瞬間があったと佐藤康行は言う。
全知なのだ。