佐藤康行「神成瞑想秘話」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行の口から、改めて、「神成瞑想」が生まれた経緯を聞くと、その話は、人間知では理解不能な、とても不思議な話でもあります。
そして、やはり、相当な迫力があります

佐藤の話は始まりました。
ある時、「新しい瞑想を編み出すよ」と、私は言いました。
アセンションセミナーに向けてでしたが、アセンションセミナーの2カ月前にそう言いました。

勿論、その時は影も形もありませんでした。
セミナー前日もなかったです。

セミナー当日の朝方、一つの図が丸い円になって、顕れました。
私は枕元のノートと鉛筆で書きました。

出来たてのホヤホヤを白板に書いて、どのようにやるかも決めていませんでした。
そこから瞑想が、始まりました。

そうして、受けている人が、ものすごい体験をする。
瞬時に使命や、やるべき事が見える人がいる。

何回もやっているうちに、突然、雷が鳴り出し、大雨が降りだしました。
窓のカーテンを開けたら、空は晴れているのに、雨がザーザー降っている。

その瞬間、私は神成瞑想(かみなりめいそう)と、名前を付けました。
雷は止まらず、電気は消え、新聞にも大きく乗りました。

「神成瞑想」は、全国どこでやっても、みんな同じ体験をする。
瞬時に使命が見えるとは、普通ではない。

宇宙全体が、完全に手のひらにのって、そこに溶け出していく。
「仏教書」の万巻の書物が、たった一枚の中にある。

宇宙の全て。
宇宙の未来。

私達の中に、私達の解らない過去の記憶が自分の中に刻み込まれているが、一瞬に顕れてくる。

たった7分。たった白板一枚に書ける。
宇宙の全ての大真理がそこに顕わされている。
私達はどう生きていけばいいか。そこに顕わされている。

この、佐藤の話が、私には「お経」のように聞こえ、その荘厳さと深さと迫力に、感動しながら、
一言ももらすまいと、あわててメモをとりました。

何とも、何とも、なんと表現していいのか解らない位、私は今、感動しています。

 



ナスペックバナー

ナスペック電話