佐藤康行「究極のマジックミラー」速報!

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

佐藤康行は、やはりただ者ではありません!

昨日は、名古屋においてIGA主催、佐藤康行による「究極のマジックミラー」1DAYセミナーが行われました。
まずは、その第一報をお知らせいたします。

冒頭に書いたように、これかけ毎日佐藤康行について書いていますが、ほとんど、毎回驚くことばかりです!
昨日の「究極のマジックミラーの法則」セミナーも3回目になりますが、さらなる進化はすさまじく、最新「マジックミラーの法則」となっていました。
そして、最新の図、最新のワークも次々と出てきました。

佐藤のセミナーの特徴は、題名は同じでも中身は全く違っています。
その時の佐藤康行の最新ですから、常に、最新の講座が、世界初、世界の究極なのです。

昨日の「究極のマジックミラーの法則」セミナーにおいては、
最新で強烈な神成瞑想の図
そして、最新のワーク「黄金の蔵」
が出ました!

最新、強烈な 「神成瞑想」は、マジックミラーの図と、神成瞑想の図を併せ持った図です。

これは観るだけでも、佐藤の言わんとすることが理解しやすい図です。
この図を見るだけで、「ギギギーーーと、黄金の蔵の錆びた扉を開けたら、ウワァーと驚く黄金がそこにある」と、佐藤が語る、その話の意味がよく解ります。

扉とはなにか?
黄金とは何なのか?
この、「神成瞑想図」+マジックミラーの図はとても分かりやすく、さらに、この図を見ながら瞑想をすると、また、新たなものが観えてくるのも不思議です。

「黄金の蔵」のワークは、その場で佐藤康行に降りてきたワークのようで、スッタフの皆さんが、急ぎ、作っていただいたワークシートを使ってのワークでした。
それだけに、私にとっては強烈でした。

黄金の蔵の中を見たら、まぁ、すごい量の黄金が入っていて、使えど使えど減らないどころか増える一方の黄金に、笑いが止まりませんでした。
どれだけの黄金をもらっているのか、体感できたワークでした。

まだまだ、たくさんの出来事がありましたので、この続報は来週ゆっくりお知らせいたします。
今日は、引き続き名古屋において「黄金の雨が降るセミナー」か開催されます。

今日は聞くところによると、70名近い人が参加とのこと(驚)・・・・。
会場きっしりの人になることでしょう。



ナスペックバナー

ナスペック電話