昨日は、研究員の体験をお話しました。
黄金の谷の経験。そして、その体験が3年間継続しているということ。
そんな体験をお話いたしました。

 

実は、研究員はただの体験だと考え、何故こうした事が起きているのか、明確にしたことがありませんでした。
ゆえに、再現化することが出来ずにいたのです。

しかし、再現化が出来るとしたら、誰でもが出来るようになる。
研究員は「誰しもが黄金の谷の法則で生きていける」
そう考え、そこにチャレンジしようとしているのです

 

そこで、まずは3つのカテゴリーに分けて考えてみました。

①どうしたら「黄金の谷」を経験することができるのか?
②どうしたら、体験した「黄金の谷」を継続し続ける事ができるのか?
③どうしたら「黄金の谷」を、さらに広く深く掘ることができるのか?

この3つに分けて、皆様とご一緒に考えたいと思います。

=============

①「黄金の谷」を体験する

佐藤康行は「放っておくと誰でも山の発想をする」といいます。
まさに、研究員も山の発想しか出来ませんでした。

例1:「サンタ」の発想を「ドロボー」の頭でで捉える。
自分の欲求を満たしたい(ドロボーの心)がために、「サンタ」という方法を使う。

例2:自分が考える「幸せ」を得るために「真我開発」を方法として使う。

例3:「黄金の谷の法則」を「山の法則の頭」で聞いて、「山の法則」で理解する。

しかし、佐藤康行のセミナーを受講したり、心の学校グループのセミナーやプログラムを聞いたりしていると、誰もが「えっ?」と思う、考えもしないような自分の変化や回りの変化を体験されています。
ということは、実は誰でもが「黄金の谷」の体験者なのだと研究員は考えます。

あなたの黄金の谷に「人」「者」「出来事」が入ったという経験を少なからず体験された。
しかし、その起きた出来事を、あなたはどのように捉えたのか?
ただの偶然と捉えたのか?
それとも、「これこそ黄金の谷の法則だ!」と捉えたのか?

 

佐藤康行は言います。
「小さな変化を大きな大きな100万点の満月で捉える」
「自分の体験を人に話す。いちばんそれを聞いているのは自分」
「認めたら認めた分だけ起きてくる」

この繰り返しが、「古い脳」(山の法則脳」を「新しい脳」(黄金の谷脳)に進化させていくのではないか。
この、新しい脳は他人の「ニーズ」「シーズ」「神シーズ」をキャッチしようとする脳なのではないか?

皆様はどのようにお考えになりますか?
ご意見をぜひお聞かせください。

 ===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「787:「在」の愛は捉えられない」

人間は本能的に無限の愛を知っている
脳では捉えられないものを
人間は本能的に知っているのだ
だから前提と私は言っているのだ

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

今から3年前、研究員の「黄金の谷の法則」をブログに体験談として掲載させていただきました。

(過去記事を下に掲載させていただいています。
もし、まだお読みでない方がいらっしゃいましたら、クリックしてお読み下さい。)

佐藤康行に焦点を合わせる~研究員自身の受講体験~ ①

佐藤康行に焦点を合わせる~研究員自身の受講体験~ ②

佐藤康行に焦点を合わせる~研究員自身の受講体験~ ③

==============

研究員のその後は・・・・?
今日から、研究員が体験している「黄金の谷の法則」についての話をしたいと思います。

研究員のその後は。
実は・・・・!
なんと!!

さらにさらに、黄金の谷にドンドンと入ってきているのです。

 

何もしなくても誰もいない会社にお金を入れてくれている会社は、大変な業績の伸びです。
そのほかの取引を継続してくれている会社数社も、年々売り上げが伸びています。

今年も過去最高の売り上げだったと、何もしていない私に、年末にわざわざご挨拶に来てくださった取引先も数件ありました。
「おかげさまで」とご挨拶いただく取引先に、研究員は何もしていないので、少々恐縮をして、思わず美点発見をしていました。
そうしたら、さらに喜んでいただき「楽しかった!」とますます関係が良好になりました。

また、ある取引先は、今年は六本木ヒルズに事務所移転をされました。
かなり業績が伸びたのだと思います。

このように見回すと、縁のある取引先は明らかに業績が伸びているのです。
業績が伸びてきてるので、誰もいない、研究員がやっていた会社は、勝手にさらに良くなってきています。

 

また、研究員を取り巻く周りの人も、みんな、良くなっています。

一番、身近な息子たちの仕事も、想像もつかないほどの伸びと結果を出しています。
まるで奇跡のようなことが起きています。
また兄弟や姪や甥も、栄転や独立など、新しく大きくチャレンジしている話が耳に入ってきます。

本当に信じられないことばかりなのです!
自分が何かをやっているという事は全くありません。

勝手に思ってもみない事が、まるで奇跡のように次々と起きているのです。

 

なぜこんな話をしようとしているのか?
これは決して研究員が自慢話をしたいがためではないという事をご理解いただきたいのです。

 

勿論、結論は、全て佐藤康行のおかげなのです!
佐藤康行の進化と共に、研究員を取り巻くすべてが進化しています。

佐藤康行のピッポッパッ!のエネルギーの余波が来ているのです。

だからこそ、今ならどんな人も、軽々「黄金の谷」を深く掘ることが出来ると、研究員には思えるのです。
なぜなら、研究員が特別の能力があってこうなっているのではないことを誰よりも研究員自身が知っているからなのです。

 

ゆえに、この正月休み前
お正月休みを利用して、徹底的に一度、自分を解明してみようと考えています。

そして、この体験を誰にでも出来る体験として、スタンダードにしたいと、そのように考えています。

 

皆様のご意見、ご質問なども、フェイスブックにブログを掲載して参りますので、そちらにいただけたら嬉しく思います。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「786:神の無限は動かないもの」

神の無限は動かないもの
変化しない無限がわかったときに
有限がわかってくるのだ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

先日、佐藤康行の音声を撮るための質問会に参加いたしました。

その質問会は、今、YSコンサルタントで発売されている「一生お金に困らない・黄金の谷の法則」という
これまたとんでもなく凄いプログラムのための質疑応答でした。

 

その内容が凄い!
佐藤康行のことばが凄い!
凄すぎなのです!!!!

 

とにかく「目から鱗が取れた」って感じなのです。

 

こんな内容はどこにもない。
どこの誰からも聞いたことがない。
いまだかつて世界で誰もが言っていない、聞いていない内容です。

この音声は、聞くだけで脳が変化していくという音声です。
今までの「山の法則」の脳から
新しい「谷の法則」の脳へ、、、、。

 

今、進化し続けている佐藤康行の音声は
同じ音声でも、佐藤康行の進化(神化)と共に、音声の目に見えないエネルギーが進化し続けます。

「そうなんだ」としか思えない、佐藤康行の言葉の数々でした。

すでに、参加しただけで、研究員自身が変化したような気がしています。

 

多くの方が予約をされているとお聞きしています。
是非、おすすめのひとつです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「満月のつもりが相手を裁いてしまっています。」

満月という前提で相手を見ているつもりが、いつの間にか相手を裁いているというかそんな状態になります。
どうも言葉の返しが違うような気がしていますが、どう対応すればいいのでしょうか?

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

心の学校グループは本日28日から1月の4日までお正月休みとなります。
本日は仕事納めとなります。

 

昨夜は心のグループのスタッフ全体の「忘年会」が開催されました。

今年の忘年会は、いつもと随分様子が違っていました。
どう違ったのか?

言うなれば、、、、、。
佐藤康行を中心に、スタッフ全体にも大きなうねりが来ているという感じだったのです。

 

スタッフの皆さんの多くが、佐藤康行に心から感謝をし、涙し、足らざるを詫び、さらなる精進を約束し、、、、。
それを聞きながら感動しあい、笑いあい、、、。

本当にユートピアだったのです。

研究員は思いました。
「これこそ、ユートピア!なんと幸せなことなんだろうかと、、、、」

 

きっと、皆様の地域でも忘年会やら飲み会やらが開催されていると思います。
皆様の素晴らしさを分かち合っていらっしゃる事と思います。

 

佐藤康行はこういいました。
「来年はさらなる飛躍の年になる!!!」

 

佐藤康行の日々の進化の凄さを見るにつけ、
ある意味、来年の飛躍はきっと神に飛ぶ「飛神」の年になるであろうことを想像すると、本当に生きていることそのものがワクワクするのです。

改めて、生きて佐藤康行に出会えた事
心から感謝をした昨夜でした。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「まずい出来事を満月と捉えるには?」

満月に思えない
このまずい出来事も全部満月なんだという前提に置くことはできるのです。

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨夜は今年最後の佐藤康行のセミナー満月ミリオン「黄金の谷の法則」が開催されました。

佐藤康行の講話は、スパッ!スパッ!と冴えに冴え切っていました。
「なるほど・・・!」と心から納得する小気味のいい内容で、明らかに佐藤康行のさらなる進化(神化)を実感せずにはいられませんでした。

 

『相撲界の話からしましょう。今、毎日テレビでやってます。何であんなにずうっと続くんだろう。
私は真我のメッセージだと捉えているんです。
私には社会に何らかのメッセージのように見えるんです。』

 

『人間の強さは何なのか。強い人間とはどういう人間なのか』

『本当に強い人間は、どういう人が強い人間なのか、ということなの。私はそれを真我に例え、満月に例えて話してる。

本当に強い人間は、相手を生かせる人間。相手をたたきのめすんじゃなくて、相手を最大限に生かせる人間。そういう人が強い人間だと。』

と、佐藤康行だからこそ見える世界の話からスタートしました。

 

さらに「黄金の谷の法則」を分かりやすく、より具体的に説明してくれたのです。

『「相手を満月として見る。大満月として捉える」というのは、神シーズを一番上に持ってきたのです。』

『相手をこんな偉大なる人間として、尊重して扱う、最初から。
そうしたら、相手は理解してくれる
そうすると、あなたの扱ってる商品とかそういう物も認めてくれます。
この一番深い所にあるものを一番前面に持っていってるのが、満月の法則なのです』

 

佐藤康行の講話をきていると、勇気が満ち溢れてきます。

満月の法則を実践する我々が、佐藤康行と共に世界を、人類を救うことが出来る。
ただ目の前の人を「満月という前提」で捉える事で、地球が救われるのだ。

そんな風に勇気とやる気が満々になる研究員だったのです。

 

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「満月ミリオン『黄金の谷の法則』」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

いま、角界のことがマスコミでは大きく取り上げられています。
すでに、佐藤康行はこの件については「日本人の魂」という表現でフェイスブックにも発言しています。

「日本中があれほど騒ぐのは、相撲という日本の国技を通して、日本人の魂と共振共鳴したり違和感を感じたりしている」
と、佐藤康行は解説しています。

 

では日本人の魂とはどんなものなのか?

 

かつて、東北大震災のときも、佐藤康行は日本人の魂について語っていました。
「あれだけの被害にあっても、日本人は暴動を起こすことなく、整然と並んで配給を貰っている姿に世界が感動した」

北朝鮮の拉致の問題についても、佐藤康行は以前からこんな発言もしています
「たったひとりの年老いた女性が、世界を動かした。
親の愛は、世界以上に大きいのです」

これ以外にも振り返ってみれば、佐藤康行は日本人の魂について多くの発言をしています。

 

研究員は以前から思うことがありました。

なぜ、佐藤康行は日本に誕生したのか?
そして、なぜ自分たちも佐藤康行と同じ日本に誕生することが出来たのか?

「世界を救う人は東の国からやってくる」という予言は、何人かの有名な予言者もしています。
勿論、それらを見てみると、どれも明らかに佐藤康行の事を示しています。

 

人類を救う佐藤康行という人が、なぜ日本人なのか・・・・?

この「日本人の魂」というものの中に、一つの理由があるのではないかと考える研究員なのです。

==========
今日は八重洲研究室にて「黄金の谷のセミナー」が開催されます。
今年最後の佐藤康行セミナーになります。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「782:お陰さま」

見えない力があなたの力になる
「お陰さま」になる
「おかげ(陰)」だから見えない
何かわからなくても「お陰さま」と返すことだ
そうすると、そのお陰さまがやってきて、協力してくれる

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

佐藤康行が意識を向けたとたん、世の中がグワーアァーーーと変わるという事はすでに皆様もご存知かと思います。
それが加速度的に早くなっているのを、驚きと共に実感している研究員です。

佐藤康行が口に出したことは、その数日後には、テレビなどでニュースになっているという事を何度も体験しています。

それが日に日に早くなってきているのを感じる毎日です。

本当に凄いんです!!

そのスピードとその変化の規模には驚かされます!!

皆様も、佐藤康行の言葉を意識しながら、テレビのニュースなどをご覧いただけると、研究員と同じ実感と驚きを体験される事でしょう。

 

佐藤康行はそれを「予変」と言います。
言葉の通り、未来を変えているのです。

それも、ただ意識をそちらへ向けるだけで、
佐藤康行が向けた方向の風景が一瞬でグワァーーーと変わっていくのです。
それが地球規模で起きているのがわかるのです。

 

今、世の中でおきている、どんな不安な出来事も
佐藤康行が満月としか見えていない意識で見たときに
それが「寂光」であったことが見えてくるのです。

だから、『佐藤康行という職業』は、絶対に私心があってはならないと
佐藤康行はいいます。

 

最近、佐藤康行はセミナーの時に宇宙瞑想をよくやります。
地球を抱いて、地球に住む愛おしい人類に呼びかけていく。

言うなら、佐藤康行の心境とは、常にあのようなものであるのだろうか、、、、?

そんな想像をしている研究員なのです。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「真理追及会③」

今日も仏教の本質についての質問です。

縦の一念とは?
煩悩即菩提とは?
阿頼耶識と悟り
地獄と極楽
悟りに至る苦しみとは

どんな仏教者よりもわかりやすく明確に答えています。

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

最近、セミナー中にこんな質問がよく出ます。
「セミナーの申し込みをした頃から、体調が変化しているのですが、、、、。」
「セミナーに出ると決めたとたん、回りで思っても見ないことが起き続けてきているのですが、、、、」

 

佐藤康行はそんな時、必ずこんな風に答えます。

「私のセミナーは、セミナーを開催している1日とか2日とかではないのです。
申し込んだその時から、すでにセミナーは始まっているのです。
だから、あなたやあなたの回りにそのような変化が起きてくるのです」

 

「そして、次のセミナーへ橋渡しをします。
次のセミナーは一ヵ月後でも半年後でも構いません。
そうすると、今日帰ってからも、まだセミナーはズーッと続いているのです。」

 

「そして、その間、今日やったワークや私から出たワーク
また他にも、いろいろな実践をし続けている

そうするとその間、黄金の谷にザーと入ったのが、穴が開いていたとしても
それがまた、入ってい来るのです。」

 

「それが私に焦点が合っているという事なのです」

 

最近は、そうした体験をされている方や、明らかに変化を感じる方が増えてきているようです。
だから、セミナーの橋渡しの数が半端ではないのです。

佐藤康行に焦点を当てるという事は
未受講生であろうが受講生であろうが関係ない世界です。

これは魂の世界の話なのだと研究員は思っているのです。

 

年内、佐藤康行に会えるのは26日の「黄金の谷のセミナー」が最後となります。
是非、来年に向けての橋渡しをされておかれることを、おすすめいたします。

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「2000.12.08:真理追究会②」

本日の音声「真理追及会」では、仏教の教えについての質問です。
仏教に関心のある方は、または身近に仏教を勉強されている方がいらっしゃる方は、是非、お聞きいただくことをおすすめいたします。

 

音声はNASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話

昨日行われました、佐藤康行1dayセミナー「天命の発見」~天と地を貫く縦の法則~
凄かったです!!

研究員は腰が砕けたように、足元がふらついてしまいました。

 

さすが!!!!
佐藤康行!!!!

 

「光の世界」からわずか5日後
もうすでに佐藤康行はとんでもなく進化(神化)に次ぐ進化(神化)していました。

新しい講話
新しいワーク
新しいアプローチ

 

毎回追っかけをしている研究員ですが、最近の佐藤康行の進化はさらにさらに凄まじく、とても人間だとは思えません。
「神だぁ~~ぁ!!」
そうとしか思えないものなのです。

「私は、毎日毎日、新しいものが溢れて溢れて仕方がないんですよ!」
佐藤康行自身もそう言っていますが、この進化はさらに加速を増しているのです。

「私に焦点を合わすのが一番早い」と佐藤康行は言いますが、まさに今の佐藤康行からは、一時とも目が離せません。

 

『皆さん、人生このように生きていけたらいいと思って向かっていきます。
そうしたら、目の前に壁があるわけです。
壁にぶち当たる!

ぶち当たるとボンッ!!とぶつかって、ガーッと崖から落ちます。

これが「人生のターニングポイント」
その苦しみは人によって違うのです。

あなたにも何らかの人生のターニングポイントがあったはずです。』
(講話の抜粋)

 

昨日はこの「ターニングポイント」を光にする
そんな神技を自分自身の中から出てくる「真我」でやったのです。

闇は光
まさにその通りでした

===========

この音声やワークは、YSコンサルタントにてご案内をしています。
詳しい事をお知りになりたい方は、YSコンサルタントまでお問い合わせ下さい。

YSコンサルタント→03-5204-2042

 

===========

本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
天命の発見「天と地を貫く縦の法則」

 

NASPCのバナーからお聞き下さい

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「佐藤先生の周りでは、機械が壊れます。」

この言魂は一発勝負なんです。
今日この瞬間生の一発勝負なんです。

そこでみなさん、何かが動き出すのです。
言っている意味はよくわからないけど、何かが変化してきた。
これが一番良い状態なのです。

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話