昨夜は、八重洲研修室において「真我真理研究会&満月ミリオン」が開催されました。

 

昨日は「週刊女性」の人間ドキュメンタリーに、佐藤康行が6ページに渡り掲載されていたので、「週刊女性」を手に参加された方も多くいらっしゃいました。
幼少期の写真や、家族との写真。
東京へ出てきた時の学生服を着た写真。
皿洗いをしていた頃の写真。営業マン時代に社内旅行に行った時の写真。
ステーキハウスを経営していた頃の写真など、なかなか目にすることが出来ない、佐藤康行の写真も満載で、購入した方は興味深そうにご覧になっていらっしぃました。

そんな中、佐藤康行の登壇。
そして、セミナーが開催されました。

 

「特に私の中で、たくさんいろいろあるんですけど、大きく分けて三つに分けると、一つは心の三層構造です。」
という話を皮切りに、どこにもない佐藤康行の元でしか聞く事が出来ない話が続きます。

そして、満月と三日月の話
黄金の谷の法則の法則の話、ニーズ・シーズ・神シーズと、佐藤康行の講話は熱気を帯び、魂の深く間で染みこんできます。

真我テレパシー
壁とレンズの話

 

ここ最近の佐藤康行の言っている事の全体像が明確にわかりやすく説明されていきます。
脳が、きちんと整理されていきます。

 

人間の意識のテレパシーの世界はすごいです。
自在に操れるようになったらすごいですよ。

皆さん、そういう能力を持ち合わせてるんです!

まず、自分にはそういう能力がもともと備わってるんだってことを認めることから出発です。
それを信じられない人はそこでブロックができて、そういう能力が開発されなくなります。

そういう能力は持ち合わせてるんだと。

あなたの運命をいくらでも素晴らしくできる能力を持ち合わせてるんだということを今日、認めてください!
そしたら、本当にその通りになってきます。」

そう言う佐藤康行の力強い言葉に、感動で胸がいっぱいになります。

ナスペックの方は、最新講話から是非お聞き下さい。

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「818 :真我の無限」

真我が無限であることを知ることだ
無限という
本当の深さを知ることによって
無限に自分が深まる

続きはNASPCのバナーからご覧下さい

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「真我真理研究会&満月ミリオン①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

なんと!!!!
本日発売の『週間女性』に、佐藤康行が登場しています!

 

今回、佐藤康行が取材を受けた「人間ドキュメント」のコーナーは、記事の中でも異色のページです。

これまで俳優の松平健さん、司会者である小倉智昭さん、 作家の伊集院静さん、パティシエの鎧塚俊彦さん、 世界の旅の兼高かおるさん、元サッカー女子日本代表の澤穂希さんなど、たくさんの著名人が
出ているページなのです。

 

佐藤康行の波乱万丈な人生、そして多くの人々の魂を救ってきた生き様が、 大々的に記事として掲載されるのです!

そういった週刊誌の伝統的なコーナーに佐藤学長が登場するということは、佐藤学長に時代が追いついてきたと言えるかも知れません。

なぜなら、「人」を深く掘り下げていけばいくほど佐藤学長の出番になってくるからです!

 

佐藤学長の取材記事が載った週刊女性は、1/30(火)、全国の書店、コンビニエンスストア等で購入することができます。

定価は430円(税込)です。

今回の取材で、佐藤康行が何を語ったのか!
我々の目でいの一番に見てみましょう!!!



ナスペックバナー
ナスペック電話

この体験は、すでにお聞きの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、あまりに壮絶な体験で、かつこれは人間知ではどうする事も出来ないほどの壮絶な体験です。

もし、彼女が真我に出会うことがなかったら、、、、、。
今頃もう、この世にはいなかったかもしれません。

この体験は、佐藤康行を研究する上でも大切な体験談です。
是非、皆様にも一読いただきたく思います。

==========

私は17歳のときに、強姦に遭いました。
相手は暴力団関係の人達です。

泣き叫んで力尽きたあと、逃げることも諦め、言いなりになってしまいました。
大きな騒ぎにも何度も巻き込まれ、楽しいことも悲しいことも感じられなくなってしまいました。

私に用がなくなると、彼らは私を温泉に売り飛ばしました。
私は日に6人のお客を相手にするのがノルマでしたが、あるきっかけで、その世界から逃れることができました。

私は声も出なくなりまともに人と話すことが出来なくなってしまっていましたが、しばらくすると、だんだん感情が戻ってきて、辛くなり毎日泣いて過ごしていました。
しかし、ある時、「ずっと泣いていても仕方がない。前向きに生きよう」と思い、頑張り始めました。

少しづつ社会にも慣れてきました。
結婚もし、仕事も独立し、お客も売り上げも上がり、だんだん昔のことを忘れる時間が長くなってきました。
一生懸命真面目に取り組みました。でも、だんだんもっと苦しくなっていくのです。

そんな中、あるきっかけで、忘れていた自分の過去がいっぺんに押し寄せてきました。

「私はこの過去がある限り絶対に幸せになれないんだ!」と、17歳の落込みの時よりも、もっとすごい落込みになってしまいました。
「13年間、私は両親にも隠し、誰にも相談をせずに頑張ってここまでやってきたのに!」

「ここまで乗り越えてやってきたのに、もう大丈夫だと思っていたのに、、、、。
なのに、こんなひどい落込みを今頃するなんて」
「私はもう、生きていけないんじゃないか。このままでは、本当に生きていけない」

============
この続きは31日にお送りいたします。

本日は
佐藤康行の真我真理研究会「満月ミリオン黄金の法則セミナー」(参加希望の方はクリック)
が開催されます。

明日はその様子を皆様にはいち早くお伝えしたいと思っています。
どうか、楽しみにしてください!!

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「817:神がわかったときに世界は変わる」

何かをするということではない
何かをして、世の中を変えようとすることではない
そんなことで変えられることはあり得ない
神がわかったときに、世界は変わるのだ
だから、神を見ようとするその姿勢だけでいいのだ

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

毎日、ブログを書いていると、熱心な受講生の方から、いろいろなご質問を頂きます。
その質問にハッ!とさせられたり、教えられたり、感動したりします。

例えば、こんな質問がありました。
「佐藤先生が30年前『あなたの言うとおりにします』と言われて、ひとりで合掌されたという事ですが、
その『あなたの言う通り』という、あなたはなにをどういわれたのでしょうか?
人類を救えといわれたのでしょうか?
それとも真我を伝えるようにいわれたのでしょうか?」

改めて質問をされると、「うーーーん。確かに・・・・」そう思いました。

 

また、こんな質問を受けました。
「真我のテレパシーは普通のテレパシーより原始的と佐藤先生の言葉にありましたが、普通のテレパシーより原始的ってどういうことですか?」

「なるほど。どういうことか?って思うよな」
研究員はそう思いました。

 

それ以外にも、たくさんのご質問を頂いています。

いかに熱心に皆さんが真我を追究されているか、、、!
その姿勢を教えられているようで、感動です。

 

佐藤康行は受けから入るという事で、質問をいつも大切にしてくれます。
私たちがいったい何がわからないのかをいつも知ろうとしてくれます。

この佐藤康行の姿勢が、私たちに「自分事」として、さらに追究する力を与えてくれている事を感じます。

研究員は永遠の師である佐藤康行から教えられるのみでなく、多くの周りにいる人々からもたくさんの事を教えられているという事を改めて感じ、感謝の思いのる今日です。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「神対応について、教えて下さい」

神対応っていうのは言動であり、行動であり、相手が分かるように対応していくという事ですよね。
相手の立場になって、相手求めていることを対応して、それ以上のことをやってあげたら、まさに相手は感動してくれるわけ

NASPCのバナーからご覧下さい

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「817:神がわかったときに世界は変わる」

ただひたすら自分を見ていればいいのだ
何かをするということではない
何かをして、世の中を変えようとすることではない
そんなことで変えられることはあり得ない
神がわかったときに、世界は変わるのだ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

今日はわけがあって、ブログの発信が1時間遅れます。
よろしくお願いいたします。



ナスペックバナー
ナスペック電話

昨日はYSコンサルタントの「魂の継承セミナー」に、佐藤康行が突然登壇しました!
このサプライズに、受講していた皆さんは大喜びでした。

一時間くらいの登壇ではありましたが、グーーーンと会場のエネルギーがUPしました。

この「魂の継承セミナー」そのものは、佐藤康行自らがやっていたセミナーでしたが、今やYSコンサルタント講師に魂の継承をされているセミナーです。
ですので、佐藤康行も久しぶりの魂の継承というテーマでの講話でした。

久しぶりに聞く佐藤康行の魂の継承の講話は、新鮮でなおかつさらにバージョンアップ!!
まさに、会社を経営している人だけでなく、どんな方にでもお聞きいただきたい人間にとって大切な内容でした。

 

それでは早速その講話の一部をご紹介いたします。

仏教で「因縁」という言葉があります。
因縁ってのは、「親の因果が子に移り」と。そして、またその子が親になって子に移る。
ずうっとたどっていくと、同じパターンをずっと繰り返してる。

借金まみれで苦しんでる人は、またその借金まみれを子供に残すから、また子供も借金まみれからスタートするし。また、借金まみれをすることでしか、頭に発想が浮かばない。
同じパターンを繰り返していく。
そのやり方まで継承しちゃう。
親のまねをしちゃう。そして、またずうっと苦しみの人生が待ってます。

だから、誰かの代で、その借金まみれとか苦しみの人生をどっかでクリアして、スタートラインを変えなきゃいけない

それだけならまだしも、表面上の財産を子供たちが奪い合って、戦って、グジャグジャにして。
何のための人生か、何のための運命か。

人間の目に見えるものを残していくという部分。
目に見えない一番大事な人間の魂を継承していくということです。

魂を継承させれば、会社は永遠に生き残ることも可能だということです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「815:定位置」

本質を捉えるには、動かないことだ
動かない方が動いているものを捉えられるのだ
それが定位置ということだ

病気も治っていくのは、定位置だからだ
もともと治していく力があるのだ

続きはNASPCのバナーからご覧下さい

===========

目覚めの言葉
「神シーズとは真我なのか?」

神シーズとは真我でいいんでしょうか。
それは本能なのでしょうか?

続きはNASPCのバナーからご覧下さい

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「魂の継承セミナー①」

NASPCのバナーからお聞き下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

佐藤康行は常に進化し続けていますが、ここ最近の佐藤康行からはとてつもないパワーを感じるのです。
そのパワーをセミナーに出ると、そのまま体感をすることが出来ます。

「生命のプログラム」「男と女の神様の物語」と、この二つのセミナーの佐藤康行は、スタートが違っているように研究員には感じられます。
明らかにフェイズが変わったというか、そもそものスタートの次元が違うというか、、、、、。
アプローチが新たなアプローチになってきている感じがするのです。

 

研究員の推測で、あれこれ言うのもはばかれますが、しかし、ここ最近の受講したときの体感の深さ。
受講中に見えた景色の広さ。
受講後の意識の変化。
これまでとは明らかに、圧倒的に違う自分を感じることが出来ます。

 

先日、佐藤康行はこのように言いました。

「今までは『内観光受』を後ろにもってきていた」
「『内観光受』を前に持ってきたほうがダイナミックになると想定しています」

「あくまでも推測ですが、『内観光受』が柱になるのではないかと思っています」
「『内観光受』は、すでに満月。
放っておいても、何もしゃべらなくても家庭も、日本も地球も自動的に変わっていく。」

 

「私は『内観光受』しなくても、常にそのような対応をしているのです」
「私が30年前に出来た事を、それを皆さんが出来ないかというのが私のテーマなのです」

 

ここ最近の佐藤康行のセミナーに出ると、ヒシヒシと感じるものがあります。
もう、すぐそこに、今までに見たことのないものが見えてくると、、、、。
もう、目の前まで来ていると、、、、、。

これを思うと、知らず知らずに魂が深く奮え、本当に、佐藤康行と同じ時代に生まれてきたことの自分の強運を心から感謝せずにはいられません。

 

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「814:動かない」

動いたらそこだけになってしまう
どこにいても、すべてが宇宙だから
どこへも動かなくていい

むしろ、動かない方が
そこだけにならないからいいのだ

動かなければ、全宇宙になる

あくまでも全宇宙
宇宙の動きに合わせるということなのだ

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

とても1dayとは思えない、濃い濃い濃い内容でした。
人生が根幹から変わってしまった一日でした。

佐藤康行の講話も凄い!
ワークもじっくりと深い部分まで徹底的にやりました。

この圧倒的な愛の前には、抗えるものは何一つありませんでした。

 

受講した方の中には
「自分という歴史の中の男性が走馬灯のように出てきて、過去も未来も変わった」という経験をされたり、
「今までにこんな体感はなかった」という経験をされたり
今まで経験のしたことのないほど、深いところを経験された方が続出でした。

 

男と女
まさにこれは神様の物語でした。

男と女
なぜこれほどまでに深いのか。

 

佐藤康行だからこそ、男と女を神の領域まで深めさせてくれたのだ!
誰もやっていない深さまで、突入できたのだ!

 

明日からどんな毎日が待っているのか
どんな人生になっていくのか

本当に楽しみになってきました。

 

とにかく、とにかく
こんなことが自分の人生にあったとは・・・・!

研究員は驚きでいっぱいなのです。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「見ているだけで数字が上がるとはどういうことですか?」

佐藤先生が数字を見ているだけで、数字が上がっていくという事をお聞きしました。
それはどういうからくりなのでしょう?

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話

今日は八重洲研修室において「男と女の神様の物語」というセミナーが開催されます。

佐藤康行の膨大な量の古い音声を聞いた研究員ですが、「男女」の事だけをテーマにしたセミナーというものは、ここ8年ほど前からのものです。
それ以前は、ほとんどこのテーマでは、行われていませんでした。

なぜ、8年ほど前から「男女」をテーマにしたセミナーを頻繁に行うようになったのか、そのいきさつは定かではありませんが、 この「男女」というテーマのセミナーは、いつも思いがけない所から何かが出てくる、本当に自分を深めることができる楽しみなセミナーとなっています。

このセミナーの様子につきましては、明日のご報告いたしますので、楽しみにしていてください。

 

さて、2000年から2001年に渡って行われていた「真理研究会」
これは世界中の有名な本を取り寄せて、そこから佐藤康行に質問をぶっつけていくというものです。

今日からナスペックの「最新講話」において、その4回目の音声をお送りしています。
今日からはM・マクドナルド・ゲインという方の書籍の内容について、佐藤康行が明確に答えています。

最近、佐藤康行は当時のこの「真理研究会」について、このように言いました。
「多くの書籍の中で、私が納得した数少ない本の中に、Mマクドナルド・ベインという人の『心身の真髄』という本があります」

今日からそのM・マクドナルド・ベインについてのやり取りの音声です。
内容は「解脱」「悟り」など、マニアックな方にはたまらない内容となっています。

そうした一見誰もが過去の歴史の中で、わかるように明確に答えられた人がいませんでしたが、佐藤康行がM・マクドナルド・ベインの書籍を元に、明確に解説しています。

この回もシリーズでお送りいたします。
楽しみにしてください

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「812:操り人形」

脳細胞で捉え、五感で捉えている自分自身は、操り人形
操り人形を操っているのが
“神”であり、“真我”である

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話