350万円騙された・・・!?という話

昨日、ある方と何気ない会話をしていたら、とんでもない話になっていきました。
その顛末を今日はお話したいと思います。

事は最近、研究員が通っているスポーツクラブの話からでした。
体脂肪の落とし方とか、健康的に痩せる食事の仕方など、日常のたわいない話からだったのです。

その方は「スポーツクラブに通ってもなかなか痩せられない」といいます。
「夜のアルコールを一時的にでもストップしなければ、なかなか痩せられないよね・・」なんて話していると、「私は絶対アルコールは止めれないんだ」といいます。

「この間もいろいろあってさ、飲まずにいられなくて暴飲暴食し続けたら、体重がすごく増えて、もうやばい状態だ」といいます。
「へぇーーー?それはやばいね」なんて聞いていました。

「それって心の問題もあるかもね」なんて何気なく言ったら、「そうなんだよ!私今、心がやばいんだ。私さ、どうも信頼していた人から騙されたみたいなんだ」といいます。

「えっ!?どうしたの?」と聞くと、どうも、親しく信頼している友人から、何かの事業に誘われて、お金を350万ほど預けたという話なのです。
しばらくは調子よく行っていたようなのですが、いきなりその友人と連絡が取れなくなったとの事。
電話をかけても出ない。
メールをしてもラインをしても、なしのつぶてだと言って、
悔しい!
むなしい!
腹立たしい!
不安!
いろいろな話をされます。

まぁ、信頼していた相手だけにかなりのショックで、夜になるといろいろな事が心に渦まき、飲まずにはいられないようです。

 

研究員も人生いろいろあったので、その方の気持ちは良~~くわかります。

「うん、うん、わかるわかる・・・」30分ほどうなずいて聞いてた研究員には、不思議とその方にとって、素晴らしいチャンスだと聞こえてくるのです。

真我を追求していく中で、すべてが良かったと思えている研究員には、その方が素晴らしい人生を歩んでいくための、大切な出来事が起きているようにしか聞こえてきません。

 

実はその方には以前「真我開発講座」の話をして、はっきり「そういうのには全く興味ない!」と断られたのです。
でも、きっとこの方にはいずれの時かチャンスが訪れるだろうと密かに思っていました。

 

しばらく言いたい事をあれこれ言っていたその方は、いきなり「あなたが言っていたセミナーを受けようかしら」といいます。
「あの時は全く興味が無かったけど、ちょっと本気で受けようかという気持ちになってきたわ」といいます。

「そのセミナー何時間くらいなの?受講料はいくら?」と聞いてきました。
そして「本気で考えてみたいから、いつあるのか、スケジュールを教えて欲しい」と言って帰っていかれました。

 

この出来事、なぜか「やっぱり!」という気がしました。

時間次元管理という言葉が、佐藤康行から出てきてから、何かが明らかに違うのです。
何もしなくても、スーーーと川が流れるように事が起きている感じがしていました。

だから「やっぱり!」だったのです。

 

社会の動き、地球の動き、そして自分の回りの動き・・・。
大きなことから身近なことまで、一連のつながった動きを感じます。

すべてが佐藤康行の進化とつながっている。
それを確信できた出来事でした。

===========

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「佐藤先生はすごい事をおっしゃっても忘れてしまわれるのはなぜですか?」
(質問)
佐藤先生は、すごいことを言ってもすぐに忘れられているようです。
ご自身では、どういう思いでそんな凄い事をおっしゃっているのでしょうか?

佐藤康行の驚きの答えはNASPCのバナーからご覧下さい

【毎週更新中!佐藤康行公式YouTube】