佐藤康行「男と女の真理」一日目

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

夢から覚めた・・・!
まさに、この一言に尽きました。

男と女の真理コース、第一日目は、佐藤康行から出た究極のワークで、まさに目が覚めたというそんな感覚でした。
今だかつて世の中では聞いたことも見たこともない、新しいワークを体験しました。

このワークを通して、佐藤康行がいう「男と女」とは、世の中で行われている、この手の類のものとは、全く違っている。
違うどころか、ある意味ま逆だという事の、その壮大さを、目が覚めるような思いで実感する事が出来た一日でした。

まさに、私にとっては「あぁーーー!ここまで、凄いのか・・・!」と、自身の体感を通して、これでもかというほどの実感させられました。

昨日のブログ記事が、飛んでしまった事故の理由も良くわかりました。
「あなたが書いている、そんなもんじゃないよ」そう予告されたようなものでした。

大宇宙から見る人間。
大宇宙そのものを似せているという男と女。

この究極を明確に語れるのは、世界の中でも佐藤康行しかいないと、私は確信をしています。
何故なら、テレビでも本でも宗教でも、いかなるものも、佐藤の語る「男と女」その一遍も、語られることも聞くことも、今だかつてなかったからです。

しいて言えば、聖書に「神は神を似せて人間を創られた」とありますが、しかし、それとはやはり比べようも無いほどの、深遠な根源の体感なのです。

それほど、人間がこの地球上で生きていく上での根源の物語。
佐藤康行の語る「男と女」というものは、生きとし生ける全てのものの「いのち」そのものの話だったのです。

それほど、根源的なことゆえ、男と女の悩みは深く果てしないところもあるのでしょう。
昨日も、男と女の悩みを抱えた男女。
そして、男と女が出会い、さらに二人で究極の愛を深めていこうとする夫婦。
また、男と女に関してのトラウマを持ち、宇宙の法則に乗り切れない男女・・・・などなどが、多く集まりました。

いまや、佐藤康行の講座は、真我を追求する多くの人が集まります。
今回も講座の開催間際になり、急に多くの申し込みがあり、急遽、席を広げてご準備頂いた主催者のメンタルパワーズさんも驚かれるほどの出来事だったようです。

満席の中での「男と女の真理コース」
一日目で、すでにかなりのところまで行けた感があります。

本日は二日目・・・・。
今の佐藤康行のスピードですと、二日間はかなりのところまでいけます。

今日はどこまで・・・・・!
今からわくわくしています。



ナスペックバナー
ナスペック電話