「わっ!?光の柱が・・!!」~練馬講演会~

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

驚きました!
とんでもないものが、写真に映っていました!


昨日の佐藤康行「練馬講演会」
本当に素晴らしい講演会となりました。

講演会が終了し、お二人の方から見せられた写真に驚愕!!

一枚は、舞台そでからとられた写真です。
佐藤康行を撮った写真なのですが、佐藤康行が完全に発光体となっている写真です。
佐藤康行が光源そのものとなって、光り輝いている写真・・・・・!
佐藤康行そのものが、フラッシュのように光りを発光している。
そんな驚く写真でした。

もうお一人の方が撮られた写真は
何枚も撮られていたのですが、どれも佐藤康行の姿だけが、真っ白な光のようなものになって佐藤康行の姿は映っていません。

体験談や、カウンセリング風景などが、何枚も撮られていたその画面には、他の人は映っているのですが、佐藤康行だけが全く映っていなかったのです。
ただ、白い光となってそこには佐藤康行がいました。

過去、佐藤康行には不思議な写真や、あり得ない出来事の話は数限りいなくあります。
何かの時には、何かが起きるのです。

昨日の練馬講演会は、まさに「何かが起きた」講演会だったのです

そして、講演会が終わり懇親会の時、佐藤康行はこう言いました。
「私が主役ではない」
深い意味のある言葉だと思っています。

いずれにしろ、昨日の「練馬講演会」は、私が五感で捉えたもの以上の深い意味があった講演会だったとつくづく思った次第です。
たぶん、これから、その答えがみえてくるのではないでしょうか・・・・!



ナスペックバナー

ナスペック電話