人間知では、どうにもならないトラウマ

最近、佐藤康行は二つの衝撃的な体験談をよく読みます。

 

ひとつは幼少時に実の父親に睡眠中に刃物で刺されたYさんの体験談です。
現実に当時、幼い妹は同じく父親の刃の元、亡くなっています。
彼は、命をとりとめたのですが、それが心の奥深く闇になっているのを
10年以上前に、佐藤康行が完全な満月で捉えて彼に話した、その時の体験談です。
(ご本人の許可を得て、書かせてもらっています)

 

また、もうひとつは、15年以上前になると思いますが
ある女性の体験談です。

この方は高校生のときに、暴力団に拉致され、大変なトラウマを抱えた方です。

お二人とも、宗教に行こうが、病院でカウンセリングを受けようが
ありとあらゆるところで、このトラウマを取ろうとしたのですが
全く取れず
むしろひどくなってしまって、佐藤康行の元にやってきたのです

そして、本当の自分に出会う事により、
被害者、加害者のカベを超えて、被害者と加害者が一つになるというところまで行かれたのです。

そして、ご自身の心の闇に光を与え、
過去を変え、未来を変えられたのです。

 

佐藤康行はいったい何をやっているのか・・・!?

絶対人間知ではどうにもならないことを
佐藤康行は30年に渡り
15万人以上の人の人生の過去を変え、未来を変え
実証し続けてきているのです

クリニックをつくり、そこでは心の病を寛解させ、末期癌で余命宣告されてきた人の癌を消し
ビジネスにおいては、売り上げという数値でわかることは数値で証明し、
夫婦関係や男女というものも、憎しみを愛に変え
親子の問題も感謝に変え・・・・・・・

ありとあらゆる問題を、真我という一つのもので消してきたのです。

 

この事実を見てきた者は、声を大にして、多くの皆さんにお伝えしなければならない
それがその事実を見たものの役割であるのだと、そのように研究員は受け止めているのです。



ナスペックバナー

ナスペック電話