ここがポイント!ここが急所!

「真我を開発して、少し良くなってきたのだが、また戻ってしまった。
むしろ、前より悪くなったようにも見えるのですが・・・」
そのように佐藤先生へ質問される方がいらっしゃいます。

なぜそのように見えるのか?
今日はその仕組みについて、佐藤先生がどう解説されているかを紹介したいと思います。

あるひきこもりの方をテーマにご紹介しますが、からくりはすべて同じことです。

=================

家庭の中での夫婦関係が問題で、子供が引きこもりになった。

クリニックに来て良くなっても、環境がそのままだったら、さらにその問題点が見えるようになる可能性がある。

 

鬱になった原因が、何も変わっていない。
結果だけを求めると、それは対処療法になります。

 

根本治療をすることです!

根本治療とは、家庭を平和にし、夫婦仲よく円満にすることです。
夫と愛し合った結果できた子供だから、子供から観ると話が違うわけなんです。

「愛し合ってできたはずの私なのに、表では喧嘩ばかりしている」
そうすると、益々怖くなるのです。

 

自分の中にある、平和をみれば観るほど、戦争が余計に怖くなる。
これが、一見悪くなったように見えるのはそこなんです。

 

根本的な原因の根っこを消す。
そうすれば再発しなくなる。

 

ここでやっている療法も、根本が変わらなければ、対処療法になってしまう可能性があるのです。

むしろかえって問題がはっきり見えてくる可能性があるのです。

 

結論を言うと、子供に問題があるのではなくて、夫婦が仲良くなる、家庭が平和になる。
ここがポイントです。
ここが急所です。

 

ここでやっているのはそこをやっているのです。

子供を何とかしてやる事ではないのです。
自分たち夫婦が仲良くすることです。

「こんなに自分は幸せな家庭に生まれたのか。」と、子供が自慢できるようなそういう家庭にしましょう。

 

男と女は神様が創った仕組みだから、ここに戻ることです。

タイトルとURLをコピーしました