リアル「佐藤康行研究会」

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

昨日、新しい試みとして7名ほどで、リアル「佐藤康行研究会」を行いました。
ブログ上でも佐藤康行を研究し続けていますが、実際に皆さんの生の声を伺ってみたくて、実験的にやってみました。

現在、リアルに動き始めている「佐藤康行研究会」は、先日、愛媛でミニ講演会をさせて頂き、来週は名古屋でもミニ講演会をさせて頂きますが、ミニ講演会方式のものと、昨日のように、少人数での座談会形式というか、フリートーク形式での「佐藤康行研究会」も同時に行っていきたいと思っています。

・・・・と、ブログを書いていたら、昨日ご参加の方から、早速メールが入ってきました。
昨日の参加者の方で、宗教をやっている(やっていた?)方からです。

ご質問と新しいご提案を頂きました。
本当に嬉しい限りです。

昨日は、いわゆるぶっちゃけトークで、参加者の皆さんには、言いたい事、聞きたい事、本当にたくさんのお話が出るわ、出るわ…という感じでした。

参加者の皆さんが、自然に熱が入ってきた話題は「真我と宗教との違い」「何故、ブレてしまうのか?」「知らない間に、何故か混ぜてしまっている」というような話題でした。
その中で、身近で実際に起きているリアルな話も、当然出てきます。
それをどう捉えたらいいのか?
その時、自分はどう行動したらいいのか・・・・?

そんな事も話題になります。
しかし、どんな疑問も、その答えは必ずご自身の中に持っていらっしゃる。
やはり、真我の体感は、いかに大きいかという事も、昨日はっきり解りました。

ここで、昨日の参加者の皆さんから頂いた、生の声(メール)を一部ご紹介致します。

今日は有難うございました。
自分が大きくブレてしまっている事に気付いてしまい、途中で苦しくなってしまいました。
このタイミングで参加出来て、本当に良かったです。
有難うございました。

今日は有難うございました。
自分が何故、佐藤学長とのご縁を頂いたのか、少しづつ分かった気がします。
今後とも、よろしくお願いします。

(前略)
母は宗教をやっているので、話をしてもわかってもらえないのがたまらなくて、苦しくて仕方がなかったのですが、自分がずれていたことに気付きました。
母に対して、言葉が足らなかった事に気付きました。
今日から自分で決めた事、実践していきます。

(前略)
私の体験した宗教と真我の違いをさらにはっきりさせたいと思います。
そこで、さらに踏み込んだ質問です。
(いくつかの質問。これは、いずれどこかでブログでご紹介したいと思います)
そこで、皆さんも質問がるかもしれませんので、広く呼び掛けて、質問をたくさん頂き、それを整理してブログにあげて頂くというのはいかがでしょう・・・(後略)

 

昨日のリアル「佐藤康行研究会」で、「佐藤康行」を中心に、それぞれの捉えている佐藤康行、という話からスタートし、そこからぶらさないでフリートークを重ねていくと、知らない間に自然にぶれが修正され、自然にご自身で気付いていかれ、そして全体が一つになっていくという事が解りました。

もし、リアル「佐藤康行研究会」にご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非、フリートークの会参加されませんか?
一緒にやってみられませんか?

メールでも、コメントでも、私を見かけたら声掛けして頂くなど、何でも大丈夫です。
ご一緒にやりましょう!



ナスペックバナー
ナスペック電話