佐藤康行「究極のセールスマネージャー」研修(二日目)

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

世界初、佐藤康行の「究極のセールスマネージャー」研修は、世界一のセールスマネージャーになれるという確信のもと、二日目を終了しました。

昨日は「これこそ、佐藤康行!」という、佐藤康行の醍醐味を味わう事が出来ました。
佐藤康行は「私は寝ている時に一番仕事をします」といいます。
ウトウト・・・・・としている時にひらめくのだそうです。

昨日もちょっとした瞬間に、ウトウト・・・・・としたようで、目が覚めた瞬間「よし!これをやろう!」と佐藤康行の神技を見せてくれました。
それは佐藤康行の速射砲質疑応答です。

参加者全員が、スピードを上げて次々と佐藤康行に質問をします。
佐藤康行はそれに、間髪入れず答えていくのです。

「次!・・次!・・次!・・・・」と質問も短くどんどんスピードを上げていきます。
スピードが速くなればなるほど、佐藤康行の調子は上がってくるのです。

あらゆる質問が出ます。
佐藤康行は即座に答えます。
神業です!

佐藤康行は、考えて答えているというものではないのです。
質問が先なのか、答えが先なのかわからない状況です。

佐藤が間髪いれず答えてくれるその答えは、本当の意味で的を得ていて、質問者も一瞬「ん?・・・・?」と思った瞬間には、すでに次の人が質問をしていて、あれよあれよ・・という感じなのです。
しかし、そういうの時にもらった答の方が、後からズッシリと心にきます。
自分が本当はどうすればいいいのか、どう生きていけばいいのか、後から浮き上がって来るように明確になってきます。

どんな質問にも即座に答える佐藤康行。
その即座の答え。その短い言葉に秘められた奥の深さ。

その答えのどの一つをとっても、まさに一冊の本に出来るほどの内容の深味があります。
何故、佐藤康行はこんな事が出来るのか・・・・・!

質問した私達も興奮します。
そのやり取りのスピードに、エネルギーが渦を巻いて急スピードで上昇しているように感じます。
私は最後は頭がクラクラしてきました。

そして、懇親会の時、またもや凄い奇跡が起きました。

ご夫婦で長野から参加のH夫妻。
講座中、夫婦にとっても大切な感動的な出来事が起きました。
お腹の中の新しい生命にとっても、本当に嬉しいであろう出来事が起きましたが、その最後の懇親会の時に、命の奇跡が起きました。

奥さんがアンケートを書いている時、「ワァッ・・・・!」と、泣き崩れられました。
嗚咽が止まらなくて、深く深く感謝の涙を流していらっしゃいます。

いきなり彼女の先祖が現れて、彼女に「佐藤先生にどれほど感謝をしてもしきれない」
「あなたは私達の代表なのです。」そう、語りかけてきたと言うのです。

彼女はあまりの出来事と、喜びと、感動にずっと泣き崩れながら、佐藤康行に深い感謝をし続けていました。
その姿こそ、「いのちの究極のマネージャー」そのもの。
まさに、この奇跡の研修を締めくくるにふさわしい出来事でした。



ナスペックバナー
ナスペック電話