究極の結末

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

YS心のクリニックでは、欝だった人が寛解するときに不思議と同じ事をいう
「欝になってよかった」
「欝のおかげで・・・・・」

普通なら「欝のせいで大変な目にあった」というだろう
しかし、そうは言わないのです。

今度、YS心のクリニックでは「終末医療」を扱うことはすでにご紹介したと思います。
佐藤康行の意識がそちらに向けたとたん
いろいろな出来事が起き始めている。

昨日もある癌のかたが
佐藤康行の面談から回りが大きく変化し
癌が消えてしまったという話が入ってきた。

終末医療で、勿論、癌が消えてしまうということが続出する予感がする
しかし、仮にたとえ消えなかったとしても
「癌になってよかった」
「癌になったおかげで・・・」
そんな最後を迎えられるとしたら、どうだろう。

真我だったらそうなるのだ
佐藤康行だったらそうできるのだ



ナスペックバナー

ナスペック電話